What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

叩いてダメなら引いてみる。鈑金職人が教えるちょっと高度な修理法【中編】

2015.06.25

前回のあらすじ

編集部木板を叩きました。

アイキャッチ前編

前回までのおさらい…鈑金とは

叩く【前編】
・引張る【中編】
・溶接する【後編】

3種類があり、今回は2つ目の「引張る」編です。

京南オートのみなさま
今回取材させていただいたのは関東最大級の自動車修理・鈑金工場である京南オートサービスの鈑金チームの方々。鈑金について詳しく丁寧に解説して頂きました。

公式サイト 京南オートサービス
住所 〒206-0024
東京都多摩市諏訪6-3-1
営業時間 9:00~19:00
※日曜日はフロントのみ10:00~17:00
電話番号 042-311-2600

引張る鈑金…とは!?

編集部木前回叩くは板の裏側に金属の塊を当てることが前提でした。
ということは、いつでも叩けるわけではないですよね?

高橋さんそうですね。
例えば、複雑な形をしている部分や、外せないパーツなどはハンマーでは無理です。

編集部木どうするんですか?

高橋さん引っ張ります。

編集部木引っ張る…?

引っ張る
Photo By Jamie McCaffrey

くっつけて、引張る

高橋さん引張る時はこの道具を使います。

引っ張る道具

編集部木ん?
これで引っ張れるんですか?

高橋さんはい、ひっぱりたい部分に先端部分を溶接してくっつけてから引っ張ります。

この焼けた跡は溶接した時のものです。

溶接跡

編集部木この跡は残らないんですか?

高橋さんある程度形を整えたらパテをうってから塗装をするので大丈夫ですよ。

パテをうつとは…?

編集部木パテをうつとはどういう作業なのでしょうか?

高橋さんパテをうつとは、粘土のようなものを塗り平らにすること、と思って頂いてかまいません。

パテ缶

【職人直伝】パテの塗り方

高橋さん最初にパテをパレットに出して練ります。
空気が入らないように素早く…
一緒に硬化剤も混ぜます。

パテを混ぜる

編集部木は…はやい!

高橋さん硬化剤を混ぜると、気温の高い夏は特にすぐ固まり始めます。
なので素早くまぜる必要があります。

編集部木なるほど。

高橋さんそして凹んでいる部分を覆うようにパテを塗ります。
固まったパテを使ってしまうと後で塗装が禿げる原因にもなってしまうのでここでも素早い作業が必要です。

編集部木ちなみに、パテは一人前になるまで何年くらいかかるんですか?

高橋さん10年かかりますね笑

編集部木そ、そんなに!?

高橋さん私は20年やっていますがまだまだです笑

編集部木(ストイックだ…。)

実際に塗ってみた

パテをうつ

編集部木む…難しいですね。

高橋さんコツは

1.人差し指と中指でおさえること
2.立てると少し、寝かせると多く塗れるので、角度を調整して塗る量をコントロールすること

の2つですね。まぁ頑張ってください。

引張る道具の使い方

高橋さん引っ張る時にはここの金属の塊を手前に引っ張ります。

動かし方

編集部木おぉ!
ハンマーでたたくような感じですね。

もっと広範囲だった場合

編集部木もし、もっと深かった広い範囲が凹んでいたらどうするんですか?

高橋さんもっと大きいものが登場します。

でかい方

編集部木むむむ!
では、逆に狭くて溶接しにくい部分が凹んでいた場合はどうするんですか?

高橋さん別の板を溶接してくっつけて、
そのくっつけた板を挟んで引っ張ります。

挟む

もっともっと広範囲だった場合

編集部木では、これでもかというくらいに損傷していたらどうするんですか?

事故のイメージ
※写真はイメージです

高橋さんその場合はフレーム修正機が登場します。

次回予告

編集部木こちらですね!
で、でかい!

高橋さんフレーム修正機で引っ張って形を元に戻してから、
壊れた部分のパーツを交換します。

編集部木パーツ交換するだけじゃダメなんですか?

パーツ交換をするときも引張る必要がある

編集部木フレーム修正機で凹みを直したのに、わざわざパーツ交換してしまうんですか?

高橋さん全てのへこみに交換が必要な訳ではありませんが、
フレーム修正機が必要なくらい歪んでしまったもの交換する必要がありますね。

編集部木凹んだ部分をそのまんま取り外せばよさそうですが…

高橋さん衝突した時に変形しているのはぶつかった部分だけではないんです。
全体の歪みを直してあげないと、交換用のパーツの寸法が合わなくて新しいパーツがはまらないんです。

編集部木ということは、引っ張りすぎてもいけないわけですね。

高橋さんそうです。
年代や車種別に細かく寸法が指定されています。

寸法図

高橋さんそして必要な部分だけを切り出して溶接します。

編集部木ついに…溶接が登場するんですね!!!

次回予告

パーツ交換が必要、そんな時は「溶接機」の出番だ!

溶接機次回予告

編集部が炎上覚悟の体当り取材をしてきたぞ!マジで、燃えるかと思った…。

(Visited 11,824 times, 54 visits today)