What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

【真夏の都内でも気温11度!?】写真だけで涼しい避暑地20選-全国版

2015.08.11

連日続く35度を超える猛暑…。もううんざり!クーラーの効いた部屋でのんびり…
もいいですが、せっかくの夏休み、少し足を伸ばして避暑地に行ってみては?
というわけで、各地おすすめのひんやりスポット20を厳選してみました!

目次

1.大迫力!日本の滝11選
2.探検気分!鍾乳洞7選
3.のんびり♪牧場2選

大迫力!日本の滝11選

涼しいスポットといえば、滝があります。マイナスイオンを感じながら猛暑でも涼しくすごせる滝を11種類紹介します。

払沢の滝(東京)

 

避暑地巡り とっても涼しい◎ #払沢の滝#滝 #frtg_today

soya ogswr-aさん(@soya_yaso)が投稿した写真 –

4段からなり、全長が60メートルもある払沢の滝は、日本の滝百選にも選ばれています。8月中旬には「払沢の滝まつり」が行われ、美しくライトアップされます。

住所 〒190-0214 東京都西多摩郡檜原村本宿
アクセス 圏央道あきる野ICから五日市街道経由24km30分
入場料 無料
ホームページURL http://hinohara-kankou.jp/miru-hotsawa.html

袋田の滝(茨城)

 

茨城の旅! 涼を求め、袋田の滝へ(º∀º) #袋田の滝 #滝 #茨城

miu_tomoさん(@miu_tomo)が投稿した写真 –

日本三名瀑に数えられ、四季折々の美しい景観が楽しめます。夏はダイナミックな水しぶきで涼みましょう♪

※日本三名瀑には袋田の滝以外が数えられる地方もあります

茨城県の魅力的なスポットはこちらの記事でも特集しています。
実は穴場!?GW旅行先ランキングで2位にランクインした【茨城】の魅力30選

住所 〒319-3523 茨城県久慈郡 大子町袋田3-19
アクセス 常磐自動車道「那珂IC」より約50分
入場料 (袋田の滝トンネル利用料)大人 300円/子供 150円
ホームページURL http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page001474.html

華厳の滝(栃木)

 

涼。一言に尽きる。 #華厳の滝

Takahito Tsujiさん(@423slugger)が投稿した写真 –

こちらも日本三名瀑のひとつ。エレベーターで観瀑台まで登れば大迫力の滝壺を間近で見ることができます。

住所 〒321-1661栃木県日光市中宮祠
アクセス 日光宇都宮道路清滝ICより約20分
入場料 (華厳の滝エレベーター往復)大人550円/小学生 330円
ホームページURL http://www.nikko-kankou.org/spot/5/

霧降の滝(栃木)

水が岩にあたり、水しぶきがあがる様子が霧のようであることからこの名前がついたそうです。華厳の滝と一緒に、日光観光の際は訪れてみては。

栃木県の魅力的なスポットはこちらの記事でも特集しています。

実は2人に1人が「行ってみたい」と思っていた!栃木県の【あんまり知られていない】魅力30選

住所 〒321-1421栃木県日光市所野
アクセス 国道119号から霧降高原道路で約5分
入場料 無料
ホームページURL http://www.nikko-kankou.org/spot/120/

安倍の大滝(静岡)

日本の滝百選に選ばれています。滝までの遊歩道にはスリル満点の吊り橋があるので、別の意味でもヒヤッとできそう。

怖い話でヒヤッとしたい人はこちらの記事がおすすめ!
「女の霊」「ドアに手形」絶対に行ってはいけない心霊スポット30選【実体験談アリ】

住所 〒421-2301 静岡県静岡市葵区梅ケ島
アクセス 梅ヶ島温泉まで東名高速の静岡ICまたは清水ICから北上約50km。梅ケ島温泉からは遊歩道を徒歩40分。
入場料 無料
ホームページURL http://www.geocities.jp/hamakuni51/abeootaki/

吐竜の滝(山梨)

 

#滝 #吐龍の滝

@surffishingmanが投稿した写真 –

岩の間から細い糸のように流れ落ちる様子から「吐竜(どりゅう)の滝」と名づけられたそうです。風情たっぷりの景観を見に行ってみては?

住所 〒409-1501北杜市大泉町西井出
アクセス 中央自動車道須玉ICより約30分、駐車場より徒歩約15分 /中央自動車道長坂ICより車で約20分、駐車場より徒歩約15分
入場料 無料
ホームページURL http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4825.html

七ツ釜五段の滝(山梨)

 

20年ぶりの塩山で山遊び#西沢渓谷#七ツ釜五段の滝#塩山

Kouki Tannoさん(@tannokouki)が投稿した写真 –

5つの滝7つの滝壺からなる荘厳な滝です。青く澄んだ水の美しさにうっとり。

住所 〒404-0206 山梨県山梨市三富上釜口
アクセス 中央自動車道勝沼ICより約50分
入場料 無料
ホームページURL http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4536.html

白糸の滝(長野)

 

滝。癒された〜。 #滝#白糸の滝#静岡#旅行

@15milkcatが投稿した写真 –

絶壁の全面に大小さまざまな滝が、その名の通り白い糸のように落ちていきます。日本観光百選滝の部で1位を獲得しています!避暑地軽井沢に足を運んだ際はこちらも訪れることでより涼しくなることでしょう。

住所 〒389-0100長野県北佐久郡軽井沢町
アクセス 碓氷軽井沢ICより22㎞約50分
入場料 無料
ホームページURL http://kanko.town.karuizawa.nagano.jp/sightseeing/107.php

姥ケ滝(石川)

滝の流れる様子が、白髪の老婆が髪を振り乱しているように見えることからこの名前がついています。付近には露天風呂もあるので汗を流すのもいいですね。

住所 〒920-2324 石川県 白山市 中宮オの部9-2-1
アクセス JR金沢駅から約90分
入場料 無料
ホームページURL http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=4726

原不動滝(兵庫)

 

昨日は宍粟市にある原不動滝に連れてってもらった(♡´▽`♡)めっちゃ綺麗やった♪#原不動滝#滝#宍粟

ひいちゃんさん(@hichun26)が投稿した写真 –

ブナやモミの原生林にかこまれ、夏でも涼やか。付近にはりんご園キャンプ場温泉もあります。

住所 〒671-4213 兵庫県宍粟市波賀町原625
アクセス 山陽自動車道→中国自動車道→中国道山崎インター より約30分
入場料 大人200円/小人100円
ホームページURL http://www.nishiharima.jp/cgi-bin/spot/index.cgi?mode=preview&select=051031000207

神庭の滝(岡山)

 

🎐 . 涼を求めて滝!!! . 涼しかったぁーー!👌💕 . #2015_夏の思い出 #神庭の滝

mamiさん(@m.a.m.i.19)が投稿した写真 –

高さ110m、幅20mの巨大な滝は西日本一の大きさを誇り、その迫力に圧倒されます。園内には野生のサルがいることも。

住所 〒717-0004  岡山県真庭市神庭640
アクセス 国道313号から県道(神庭滝線)に入り、道なり
入場料 大人300円/小中学生150円
ホームページURL http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/hyakusen/hyakusen/063kanbanotaki.html

探検気分!鍾乳洞7選

涼しいスポットとして外せないのが鍾乳洞です。東京都奥多摩にある日原鍾乳洞は年間を通じて11度ほどに保たれているなど、実は涼みポイントなのです。

日原鍾乳洞(東京)

関東最大級の規模を誇る鍾乳洞。都内にもかかわらず、平均気温が年間通じて11度という涼しさでひんやりできること間違いなし。奥多摩でキャンプもいいですね。

住所 〒198-0211 東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
アクセス 中央高速八王子ICから国道411号で約90分、奥多摩駅前交差点から約20分
入場料 大人(高校生含む) 700円/中人(中学生) 500円/小人(小学生) 400円
ホームページURL http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html

あぶくま洞(福島)

 

#あぶくま洞#福島弾丸ツアー#むかこう#フツクシイ

Kenya Ohyamaさん(@yaaooy)が投稿した写真 –

およそ8,000万年かけ自然が織りなした景観を楽しめます。さまざまな色でライトアップされた美しい鍾乳石は必見です。

住所 〒963-3601 福島県田村市滝根町菅谷東釜山1
アクセス 常磐自動車道経由、磐越自動車道の「小野IC」より25分
入場料 大人 1,200円/高校生 1,200円/中学生 800円/小学生 600円
ホームページURL http://abukumado.com/

入水鍾乳洞(福島)

 

#福島 #入水鍾乳洞 #探検

みようあさん(@myouayaco)が投稿した写真 –


上記のあぶくま洞から1キロほど離れた場所に位置するこの入水鍾乳洞。ろうそくやライトの光を頼りに、膝まで水に浸かった通路をずぶ濡れになりながら進む本格的な探検気分が味わえます。

A~Cまでの3コースが用意されており選ぶことができます。
Aコース:普段着のまま入れます。
Bコース:水温10度の水に膝まで浸かりながら懐中電灯の明かりを頼りに隙間をくぐりながら進みます。
Cコース:Bコースの更に奥まで進みます。Cコースは案内人が必要ですので事前に窓口に確認して下さい。

住所 〒963-3601 福島県田村市滝根町菅谷大六89−3
アクセス 常磐自動車道経由、磐越自動車道の「小野IC」より35分
入場料 大人 500円~/子人400円~(コースにより変動)
ホームページURL http://abukumado.com/see/irimizu

安家洞(岩手)

 

#岩手県#安家洞#日本最長鍾乳洞23km

jun satoさん(@jun819sato)が投稿した写真 –

日本最長の2万4000メートル!その全貌はいまだ明らかになっていません。迷子にならないように注意しましょう。
※鍾乳洞では必ず標識や係の人の注意を守るようにして下さい

住所 〒027-0611 岩手県下閉伊郡岩泉町安家字日蔭161−1
アクセス 盛岡南ICから 国道455号線 早坂高原経由で 岩泉まで100km。(岩泉から車で北へ25分)
入場料 大人 900円 (1,000円)/小人 500円 (ヘルメット付き)
ホームページURL http://www.town.iwaizumi.iwate.jp/kankoumap/akkadou.html

龍泉洞(岩手)

 

気温は16度…寒すぎるぜ龍泉洞🐉 #龍泉洞 #青

koiwawaさん(@koiwawa)が投稿した写真 –

日本三大鍾乳洞に数えられ、8つの地底湖があります。公開されている地底湖は3つですが、透明度が非常に高く、その美しい青色に感動します。

住所 〒027-0501 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉神成1-1
アクセス 盛岡から国道455号で約100分/花巻空港から国道4号、国道455号で約140分
入場料 高校生以上 1,000円/小中学生 500円
ホームページURL http://www.iwate-ryusendo.jp/top.html

龍河洞(高知)

 

. この不気味な感じ 結構気に入っておる。 #龍河洞

am**さん(@aimybeat)が投稿した写真 –

国の史蹟天然記念物に指定されています。併設の博物館や珍鳥センターもあり、一度にたくさん楽しむことができます。

住所 〒782-0005 高知県香美市土佐山田町逆川1424
アクセス 南国ICより車で25分/高知空港より車で15分
入場料 高校生以上 1,100円/中学生 700円/小学生 550円
ホームページURL http://www.ryugadou.or.jp/

秋芳洞(山口)

秋吉台の地下100メートル、南のふもとに位置する鍾乳洞。冒険コースではちょっとしたケイビング体験もできます。まるで異世界のような百枚皿は圧巻です。

住所 〒754-0511 山口県美祢市 秋芳町秋吉広谷
アクセス 中国道 美祢ICから車で15分/小郡萩道路 秋吉台ICから車で5分/宇部空港から車で1時間
入場料 高校生以上 1,200円/中学生950円/小学生600円
ホームページURL http://akiyoshido.karusuto.com/

のんびり♪牧場2選

滝や鍾乳洞は場所によっては到着するまでに時間がかかります。最後に、小さいお子様連れでも安心して行くことができる関東と関西の牧場を1つずつ紹介します。

マザー牧場(千葉)

 

#マザー牧場#旅行#千葉

あやりんさん(@ayatama1010)が投稿した写真 –

東京からほど近く、子どもはもちろん大人も楽しめます。サマーフェスタ2015では涼しげなイベントが盛りだくさんです。

住所 〒299-1601 千葉県富津市 田倉940-3
アクセス 木更津ICから国道127号線を館山方面に向かい、常代交差点を左折。あとは看板どおり。/君津ICからインターを降りたら信号を右折し、国道127号の交差点を左折。さらに常代交差点を左折するとあとは看板どおり。
入場料 大人(中学生以上) 1,500円/小人(4歳~小学6年生)800円
ホームページURL http://www.motherfarm.co.jp/

六甲山牧場(兵庫)


山上にあるので市街地にくらべ涼しく快適です。アルプスをイメージした園内で、ヒツジやヤギとふれあえます。

住所 〒657-0101 兵庫県神戸市灘区六甲山町中一里山1−1
アクセス 中国自動車道 西宮山口JCT→阪神高速7号北神戸線→からと東出口→裏六甲ドライブウェイコースへ
入場料 大人500円/小中学生200円/幼児(小学生未満)無料
ホームページURL http://www.rokkosan.net/

まとめ

暑いからといって冷房に頼ってしまっていると体調を崩してしまう可能性があります。そんな時はぜひ、避暑地となる滝や鍾乳洞、牧場などに足を運んでみてください。

涼しいだけでなく、きれいな景色や珍しいものを見ることができて楽しめるのもまた大きなメリットです。

ちなみに、今回は滝と鍾乳洞と牧場を紹介しましたが、実は橋もまた絶景と涼しさを感じられるポイントなのです。ぜひこちらもあわせてご覧ください。

19811913770_02a9fe6e94_z_Fotor_Collage (1)
『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』でも紹介された【橋】こそが最強の絶景!国内の行くべき場所10選

(Visited 3,638 times, 4 visits today)