What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

こんなの見たことある!? 日本の珍しい道路標識をまとめてみた

2016.11.04

London, UK - May 16, 2016: Deer crossing road as traffic waits.

London, UK - May 16, 2016: Deer crossing road as traffic waits.

この日本という国には、じつに様々な種類の野生動物が生息しています。山間部や離島に行けば、街中ではなかなかお目にかかれない珍しい「動物標識」を見ることができます。さらに山や海、四季色とりどりの日本には、その他にも魅力的・特徴的な「道路標識」がある存在します。今回は、日本各地にある珍しい「道路標識」についてまとめてみました。

動物の道路標識

サル

%e3%82%b5%e3%83%ab

photo by 動物注意

サルも割と人里近い山に生息していますね。この富津館山道路で見かける標識は、スタンダードなタイプです。ちなみに栃木県日光市の日光宇都宮道路には親子で歩くデザインの標識があります。道路沿いのフェンスに腰かけていたりするので、標識を見かけたら要注意です!

場所 千葉県鋸南町 富津館山道路
アクセス 富津館山道路 鋸南富山IC~鋸南保田IC間

シカ

%e3%82%b7%e3%82%ab

photo by Mac Camera

シカの標識は本州の山岳地の他、エゾシカが生息する北海道にダントツで存在していることで有名ですが、奈良県の奈良公園周辺でも見られます。奈良公園付近の路面にもシカ飛び出し注意を促す道路標示がなされているほどです。

場所 奈良県奈良市 国道369号線(奈良公園付近)
アクセス 西名阪自動車道 天理ICから国道169号→国道369号へ、約25分。

イノシシ

%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%82%b7%e3%82%b7

photo by リターンライダー長老

イノシシも全国の比較的人里に近い山に生息していますが、特に関西圏から九州にかけての地域で、イノシシの標識が多いようです。西九州自動車道の武雄南ICから波佐見有田IC間では、親子で飛び出すイノシシのデザイン標識を見ることができます。単独のイノシシ標識は各地のものを合わせて10種類以上のデザインがあります。

場所 佐賀県武雄市 西九州自動車道
アクセス 西九州自動車道 武雄南IC~波佐見有田IC間

クマ

%e3%82%af%e3%83%9e

photo by 自然界の報道写真家宮崎学(gaku)のヒトコト日記

本州では東北から北陸、中国地方と幅広い地域に渡り、山間部でクマの標識を目にすることができます。首元にツキノワグマの模様がある標識もちらほら。なかでも初狩PA付近にある標識はシンプルなクマです。また、北海道ではヒグマの出没注意の標識が多く存在します。

場所 山梨県大月市 中央自動車道
アクセス 中央自動車道 勝沼IC~大月IC間

リス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by 鯛の尻尾を奪い取れ

リスに注意の標識は、レア度が高いのではないでしょうか。北海道や静岡県などにありますが、岩手県の県道12号線にあるリスの標識は、ちょっとコミカルな珍しいデザインです。どんぐりを追いかけて目が☆になっています。

場所 岩手県花巻市豊沢 県道12号線(銀河なめとこライン)
アクセス 東北自動車道 花巻東ICから県道12号、約40分。

キツネ

%e3%82%ad%e3%83%84%e3%83%8d

photo by What you gonna do with your life?

キツネの標識は、キタキツネが生息している北海道に多いようです。道東自動車道にある標識はスタンダードタイプです。スタンダードな黄色と黒の注意喚起の配色デザインから、カラフルな漫画調のデザインまで、10種以上存在しています。

場所 北海道千歳市 道東自動車道
アクセス 道東自動車道 千歳東IC~追分IC間

ハクチョウ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by コツコツ歩き隊!

茨城県水戸市の千波湖畔には「ハクチョウ横断注意」の標識があります。ハクチョウやコクチョウが子育てをしており、千波湖周辺の道路を一列に並んで横断する姿が目撃されています。ハクチョウに限定しての標識はなかなか珍しいですね。

場所 茨城県水戸市 千波湖付近
アクセス 常磐自動車道 水戸南ICから国道50号→水戸市街方面「米沢町」信号右折。約15分。

カルガモ

%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%83%a2

photo by 生涯一設計士・佐々木繁の日々

東京都にも全国的にレアな標識があります。新宿の「おとめ山公園」にはカルガモが飛来しています。「親ガモに必死にくっついて歩く子ガモ」をイメージする方も多いのではないでしょうか?カルガモ親子を守るため、おとめ山公園付近には、「カルガモ横断注意」の標識が設置されています。

場所 東京都新宿区下落合 おとめ山公園付近
アクセス 首都高速5号池袋線 早稲田出口から新目白通りを通り、約15分。

さらに、こんなレアな動物標識もあります

ネコ

%e3%83%8d%e3%82%b3

photo by biglobe

おうちでも飼われる、いわゆる普通のネコ。「ネコに注意」標識があるのです。野良ネコの交通事故が多発地帯なのでしょうか。全国的にも2か所にしかないとか!?

場所 高知県吾川郡いの町 国道33号線
アクセス 高知自動車道 伊野ICから国道33号(JR伊野駅方面)へ、約10分。

ツシマヤマネコ

%e3%83%84%e3%82%b7%e3%83%9e%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%b3

photo by 花海荘

長崎県の対馬にしかいないツシマヤマネコの標識。主に2種類の絵柄で飛び出し注意を促しています。秋から冬は、親離れしたヤマネコが棲み処を探し求め活動的になるため、交通事故が起こりやすく特に注意が必要です。

場所 長崎県対馬市
アクセス 国道382号線 上県町内

ヤドカリ

%e3%82%84%e3%81%a9%e3%81%8b%e3%82%8a

photo by タワマンぶらり旅の東京港区暮らし

母島で見られるのはアニメタッチの絵柄のヤドカリ標識です。母島の陸地に生息するオカヤドカリは、産卵時に陸から海へ移動する習性があります。その際に道路を横断するので、車にひかれる危険があるのです。子孫を残すための大移動は命がけですね。

場所 東京都小笠原村母島
アクセス 都道241号線 評議平地区などの海岸付近

アマミノクロウサギ

ƒNƒƒEƒTƒM”ò‚яo‚µ’ˆÓI

photo by あまみ便り

奄美大島に生息するアマミノクロウサギは、特別天然記念物・希少野生動植物種に指定されています。スピードを出しやすい国道などで事故が多発しているため、アマミノクロウサギを交通事故から守ろうという啓発活動が行われています。本州で見るウサギより、耳が小さいのが特徴で、標識でも違いが分かりますね。

場所 鹿児島県奄美市
アクセス 国道58号線 奄美市住用町から網野子峠へ上る途中など

カニ

%e3%82%ab%e3%83%8b

photo by What you gonna do with your life?

沖縄の大宜味村にある、どこかご機嫌な表情でかわいらしいカニの標識。沖縄に生息するオカガニは、6月~9月ごろ、満月の夜に産卵のため陸地から海に渡ります。その際、陸地と海の間を国道が通っているため、道路を横断しなくてはなりません。そんなオカガニを守るため、標識設置の他、陸から海へつなぐカニ専用のトンネルが道路下に設置されているそうです!

場所 沖縄県国頭群大宜味村
アクセス 国道58号線 海岸沿い

その他、日本の珍しい道路標識

落氷注意

%e8%90%bd%e6%b0%b7%e6%b3%a8%e6%84%8f

photo by PCX150で行くキャンプツーリング

国道沿いから鑑賞できる「フンベの滝」。冬になると滝が凍結し、氷柱となります。その氷柱落下の注意を促すのがこの標識です。「!」と「落氷注意」のコンビはなかなか見ないですよね。

場所 北海道広尾郡広尾町フンベ 国道336号線
アクセス 道東自動車道 帯広JCTから帯広・広尾自動車道 忠類大樹IC→国道236号→国道336号(広尾橋からえりも方面)約1時間20分。

新幹線 踏切あり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by 道?~ミチハテナ~

「踏切注意」の標識は、煙をモクモク出した汽車か一般的な電車の絵が多いですが、こちら中川駅すぐそばの踏切では、新幹線が描かれています。電車マニアの方には、ぜひ写真におさめていただきたい標識です。

場所 山形県南陽市小岩沢 JR山形新幹線 中川駅南側踏切
アクセス 山形自動車道 山形北ICから国道13号を米沢市方面へ約40分。

なだれ注意

%e3%81%aa%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%b3%a8%e6%84%8f

photo by サイバーサイクリストのページ

「なだれ注意」は豪雪地域ならではですね。しかしこの標識、文字で補足があるからこそ分かります。標識を作る際、なだれを表現するには苦戦したのではないでしょうか。

場所 新潟県柏崎市高柳町
アクセス 北陸自動車道 柏崎ICから国道252号→県道73号→国道353号

この先階段あり 通り抜けできません

%e3%81%93%e3%81%ae%e5%85%88%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e3%81%82%e3%82%8a%e3%80%80%e9%80%9a%e3%82%8a%e6%8a%9c%e3%81%91%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93

photo by 文京経済新聞

文京区の東大や根津小周辺には細い路地がたくさんあり、道路と車の図で道路状況を丁寧にお知らせしてくれる標識が点在しています。

場所 東京都文京区弥生2丁目 文京区立根津小学校付近
アクセス 首都高速1号上野線 入谷出口から都道319号(文京区方面)約10分。

竹木に注意

%e7%ab%b9%e6%9c%a8%e3%81%ab%e6%b3%a8%e6%84%8f

photo by common days

国道307号線沿いに突如現れる「竹木に注意」の標識。雪が積もって竹や樹木が枝垂れたり折れたりして、通行の妨げになることがあるようです。

場所 滋賀県蒲生郡日野町 国道307号(日野水口グリーンバイパス)
アクセス 新名神高速道路 信楽ICから国道307号彦根市方面へ約20分。

いかがでしたか?

とくに動物標識の種類の多さや、一種類の動物標識でも様々なデザインがあり驚き。なかでも離島には、天然記念物の生き物も標識になっていたり、よりご当地感が出ています。

そして、普段見かけない標識を見ると、なんだかテンションも上がりますよね。遠方への旅行やクルマのドライブなど、少し遠くまで羽をのばした時には、こうしたご当地ならではの珍しい標識を探してみるのも楽しい旅になりそうです。

【関連記事】

「知らなかった」じゃ済まされない!改正道路交通法・不正改造防止のツボ解説

【ありがとう・気をつけろ・バカ野郎】知らないと恥ずかしいパッシングの6つの意味

実は、世界屈指のトンネル王国?日本国内のトンネルランキングTOP10を大発表!

(Visited 7,904 times, 30 visits today)