What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

年俸4億円の鳥谷選手はレンジローバー、若手選手にはあの国産車が人気!年俸×クルマを徹底調査〜阪神編〜

2015.04.20

プロ野球の2015年シーズンが開幕して約2週間。応援しているチームは、開幕時の期待通りの快進撃を続けられていますか?

シーズンオフに思ったような補強ができず、嫌な予感が的中してしまった
開幕戦は良かったのに、そこからチームの調子が悪くて先行きが不安だ」など、

思う気持ちはさまざまだと思います。さて、野球観戦に欠かせないものと言えば、選手名鑑。新加入選手の多いこの時期、一目で出身地や母校などが分かる便利なアイテムですよね。

そこで今回は、プロ野球選手名鑑の中にある「年俸」と「所有自動車」の項目に焦点を当てて、プロ野球を見ていきたいと思います。第2回目は、昨年日本シリーズに出場した阪神タイガース。熱狂的なファンが多い人気球団の選手たちはどのようなに乗っているのでしょうか?

※選手の画像はAmazonで販売されているプロ野球オーナーズリーグのカード画像を利用させて頂いております。

 

2015年阪神タイガース 推定年俸 ベスト10

まずは、年俸順に阪神の選手を並べてみました。TOP10のうち1億円プレーヤーは9人。鳥谷敬選手以外は、外国人助っ人と元メジャーリーガーがランキングを上位を占めています。ランキング上位の選手の車のデータが少ないのは寂しいところですが、高級車に乗っている選手が多いようです。

 

10位fujinami.18藤浪 晋太郎投手8500万円 BMW

順位 写真 選手名 推定年俸/車種
1位 murton.9 マートン選手 4億5000万円 データなし
2位 toritani.1 鳥谷 敬選手 4億円 レンジローバー
3位

s.h.o.22

オ・スンファン投手 3億円 データなし
4位
messenger.54
メッセンジャー投手 2億5000万円 データなし
5位 gomez.5 ゴメス選手 2億円 データなし
6位 nishioka.7 西岡 剛選手 1億8000万円 データなし ※2300万円のランボルギーニを所有しているとブログなどで紹介されています。
7位
fukudome.8
福留 孝介選手 1億5000万円 データなし ※5700万円のメルセデス・ベンツ SLRマクラーレンを所有しているとブログなどで紹介されています。
8位 noumi.14 能見 篤史投手 1億4000万円 マジェスタ
9位

 

fukuhara.28

福原 忍投手 1億2000万円 ゲレンデ(ベンツ)
10位 andoh.16 安藤 優也投手 8500万円 レクサス

2015年車種別 人気ランキング

1位 レクサス(8人) 榎田投手、鶴投手、二神投手、岩本投手、梅野選手、坂選手など
2位 BMW(3人) 岩田投手、新井 良太選手、大和選手
3位 ベンツ(2人) 藤井選手など

トップは8名が乗っているレクサス。ベンツやBMWなど外国車を抑えてナンバー1でした。ただ国産車とはいえ、最も高級な「レクサスLFA(2010-2012年生産)の新車販売価格は3750万円。決して安いわけではありません。

 

2015年の阪神タイガース 注目の車

阪神若手選手が乗っているハリヤー 約279万円

compere

清水選手、小宮山選手、今成選手が乗っているのはハリヤー。燃費の良さがなどが魅力的な人気の車種です。しかしここで満足してほしくないというファンの気持ちがあるのも事実。大阪らしく、もっと試合で活躍して、派手なスポーツカーを乗り回してほしいところです。

藤浪 晋太郎投手のベンツ  0円 

fujinami

現在はBMWに乗っている藤浪投手。ルーキーイヤーの2013年には、「ヤナセ・阪神タイガースMVP賞」として、399万円相当の高級外車メルセデス・ベンツC180を獲得しました。

高卒3年目まではマイカー禁止がルールの阪神タイガース。免許を持っていなかったこともあり、両親にプレゼントしたそうです。

自家用車を持てるようになった藤浪投手が、今年、自分用のベンツをもらう活躍をすれば、優勝はおのずと見えてくるはずです。

昔はどうだった? 車種で振り返る阪神タイガースの歴史

1993年 阪神タイガース 推定年俸ランキング

1993-2

1993年はJリーグの開幕や、レインボーブリッジが開通した年です。阪神タイガースも獲得を目指した松井秀喜選手(星稜高校)は、残念ながらジャイアンツに入団。大スターへと成長します。前年に阪神と壮絶な優勝争いをしたヤクルトスワローズが初の連覇。西武ライオンズを破り日本一になりました。

順位 選手名 推定年俸/車種
1位 オマリー選手 1億2000万円 ベンツ
2位 パチョレック選手 1億円 データなし
3位 松永 浩美選手 9600万円 ベンツ
4位 和田 豊選手 6900万円 BMW
5位 真弓 明信選手 6200万円 BMW
6位 仲田 幸司投手 5300万円 BMW
7位 岡田 彰布選手 5000万円 データなし
8位 八木 裕選手 4700万円 BMW
9位 猪俣 隆投手 3100万円 セルシオ
9位 中西 清起投手 3100万円 ベンツ
9位 湯舟 敏郎投手 3100万円 レジェンド

※新庄 剛選手 2200万円 桧山 進次郎選手 850万円

八木選手の疑惑の本塁打が認められず、ヤクルトスワローズに優勝を奪われた翌年、1993年の選手名鑑です。

新庄、亀山選手などの活躍や、野田投手とのトレードで松永浩美選手を獲得。「今年こそ優勝」という希望に満ちた年でした。まさか21世紀まで続く、長い暗黒時代が訪れるとは、この頃は微塵も思っていませんでした。

注目はオマリー選手。例年、外国人選手で自動車の項目に答えている選手は少ないですが、オマリー選手は「ベンツ」と回答しています。甲子園に行くのは、「阪神電車が一番」じゃなかったんですか?

JFKトリオの活躍で優勝した 2005年の選手名鑑

koushien

2005年は新球団、東北楽天ゴールデンイーグルスの誕生や、「セ・パ交流戦」の開幕など、プロ野球で新しい取り組みが行われた年でした。その他には、愛知県で行われた「愛・地球博」、ディープインパクトの3冠制覇達成などで盛り上がりました。

ジェフ・ウイリアムス投手、藤川球児投手、久保田智之投手によるリリーフ陣、「JFK」の活躍で、セリーグを制覇。中でも藤川投手は80試合に登板、登板数のシーズン記録を塗り替えました。圧倒的な強さでしたが、日本シリーズでは千葉ロッテマリーンズに敗れ、1985年以来の日本一は逃してしまいました。

1位 金本 知憲選手2億6000万円ベンツ3位井川 慶投手2億2000万円ヘリコプター、セルシオ

順位 選手名 推定年俸 車種
2位 今岡 誠選手 2億5000万円 ベンツ
4位 シーツ選手 2億1000万円 データなし
5位 片岡 篤史選手 1億8000万円  ベンツ
6位 矢野 燿大選手 1億7000万円 ベンツ
7位 下柳 剛投手 1億4300万円 ベンツ
8位 赤星 憲広選手 1億3000万円 ポルシェ
9位 ジェフ・ウイリアムス投手 1億2600万円 データなし
10位 桧山 進次郎選手 1億2000万円 ベンツ

※藤川 球児投手 2200万円(ローバー) 鳥谷 敬選手 2000万円(ベンツ) 能見篤史投手 1500万円(チェイサー)

2003年以来、2年ぶりの優勝だった2005年。常勝チームに生まれ変わったこともあり、年俸トップ10には1億円プレーヤーがずらりと並んでいます。トップ10のうち、ベンツユーザーが6人と圧倒的なシェアを占めていますが、赤星選手の「ポルシェ」、井川投手の「ヘリコプター」とらしさが見える部分もあります。

まとめ

子供たちの憧れの職業、プロ野球選手。熱狂的なファンに愛されている阪神タイガースの選手は、乗っている自動車も高級なものが多いですよね。
2015年、まだまだシーズンは序盤ですが、高級車に見合った活躍と、今年こそ、悲願の日本一に向けて頑張ってほしいところです。

 

(サムライト編集部)

(Visited 72,657 times, 4 visits today)