What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

軽自動車の「車中泊」で気をつけたいアレコレ

2016.08.30

「車中泊」は一時期のブームが過ぎ、今ではカーライフのひとつの在り方として定着しました。そして驚くことに昨今の「車中泊」は軽自動車でも行われています。しかし、軽自動車での車中泊を「ただ車内で横になるだけ」と思っていては、さまざまな問題に直面することに。そうならないために「軽自動車の車中泊」の際に必要なアレコレをまとめてみました。

「軽自動車の車中泊」で気をつけるべきこと

「車中泊」は短時間の仮眠とは異なり一晩中をその車内で過ごすことになります。ただ単純に車内で横になれば良いというわけではないのです。そして軽自動車という狭い空間だからこそ、質の良い快眠を得るためにはいろいろと準備も必要となります。
具体的に軽自動車の車中泊で気をつけるべき点をみてみましょう。

「快適な」就寝スペースを作る

眠りを妨げる一番の原因はシートの凹凸。コレをできる限り穴埋めして平坦にする必要があります。方法としては丸めたタオルやマットレスを使うと言う方法があります。マットレスはエアー式のものであれば、使わないときはとてもコンパクト。スペースも取らず持ち運びも楽チンですので車内に常備しておくと便利です。

収納スペースは十分か?

なぜ眠りの質を求めるのか?それは外出先でのキャンプや魚釣り等を楽しむため。多くの場合、車中泊はそれらを行う手段の一つであって、むしろこれらを楽しむことがメインとなるはず。当然の事ですが、これらを行うための道具も同時に積み込む必要があります。そして外出先で使う道具というのは使えば汚れたりニオイがついたりします。そういったものが移らないように道具にカバーをかける等して切り離す工夫が必要です。

就寝スペースと収納スペースの両立は可能か?

多くの場合シートアレンジを使って就寝スペースを作るわけですが、人が軽自動車内で横になるスペースを作ったら荷物の置き場所が無くなりがち。それまで難なく積み込めた荷物も、車中泊のタイミングにおいて車内で行き場を失ってしまうのです。そうなる前に一度就寝スペースを仮で作ってみて、その状態で他の荷物が載せられるかの確認をしておきましょう。

次ページ 「車中泊」に向いている軽自動車とは?

(Visited 33,437 times, 909 visits today)

1 2 3




あなたが好きな車種はどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter