What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

Honda【女性のための運転サポートBOOK】に学ぶ車庫入れのコツとは

2015.08.20

自動車の運転免許があれば、スーパーで大量に買い込んだり、子供をつれてドライブにでかけることができます。しかし、駐車・車庫入れが苦手だからと、運転するのがおっくうに感じている方も少なくないのではないでしょうか。

教習所でやり方は習うものの、バックでの駐車縦列駐車は緊張します。

今回は、自動車メーカーのHondaが作った『女性のための運転サポートBOOK』を元に、バック・車庫入れ・縦列駐車のコツを解説します。

バックで車を動かす時に意識すべき2つのポイント

初心者がバックをする時は、以下の2つのポイントを意識するようにしましょう。

ポイント1.ハンドル操作は車を止めてから

バックをしながらハンドル操作を同時に行うことは、初心者にとっては難しいもの。最初はそれらを別々に行うのがコツです。

こうすると、切り返しの回数が増え時間がかかってしまいますが、より確実に駐車することができます。

理想はスムーズに一発で綺麗に駐車することですが、初心者の内は確実に駐車することの方が大切です。

ポイント2.内角の後輪はピボットエリアから離さない

ピポットエリア
ピポットエリアとは、上の画像に示す駐車枠の角を中心とする半径50センチほどの半円のことです。これは、車庫入れにおいて大事な目印となります。

バックするときは内側の後輪がピボットエリアにくるようにすると、あとはハンドルの切り返しだけで駐車できます。

これを意識するだけでも大きく変わります。

次ページ 【初級】右側からバックで車庫入れ

(Visited 135,193 times, 2,211 visits today)

1 2 3 4



あなたが車内でよく聞く音楽のジャンルは次のうちどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter