What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

今が買いドキ!ユーズドカーをお得に購入するためのポイント【メルセデス・ベンツ編】

2016.10.04

A young couple are looking at cars in a car showrooms . A salesman is explaining about the car whilst the young couple listen and look at a car .

特定のクルマを買うタイミングの善し悪しは、少なからずあるのが現実です。いわゆる「旬のクルマ」ってヤツですね。

つまりは、「価格面でのお得感や、テクノロジーやポテンシャルにおける優位性をそのときに享受できるか?」ということです。そして、それは新車よりも中古車の方がいっそう顕著に現れます。

というのも、新車は発売開始からある程度時間が経過したからといって、販売価格が下がるものではありません。確かに、値引きは大きくなるでしょう。しかし、その分話題性は下がり、装着されている装備類の先進性は見劣りし、クルマのポテンシャルにおいても最新のレベルからはやや引き離されるようになります。

デビューしてすぐに買えば値引きはないでしょうし、時間が経てば商品力の低下分の値引きが見込めます。言ってみれば、新車は欲しいときが買いドキというところです。

一方で、中古車は「ミズモノ」だとよく言われます。もっと端的に言えば、「ナマモノ」なんです。理由は後述しますが、明確な「旬」があるんです。

そこで、まさにイマが「買いドキ」という中古車をご紹介していきたいと思います。今回は「メルセデス・ベンツ」に焦点をあててオススメします。

価値基準が曖昧な中古車

A young couple are looking at  cars in a car showrooms . A salesman is explaining about the car whilst the young couple listen and look at a car .

なぜ中古車が「ミズモノ」であり、「ナマモノ」と言われるのでしょうか?まずそのワケを考えてみましょう。

そもそも、中古車はクルマ自体の価値基準が曖昧です。ときには、かなり偏った値付けがされていることも珍しくありません。クラシックカーなどがいい例です。

他に比較対象のないクルマの場合、値付けが難しいです。いかにコンディションがよかろうが、年式や走行距離が浅く少なかろうが、逆に古くボロボロであろうが、中古車の価格は販売店が決められるのです。

とはいえ、販売店だって商売が成立しなければ話になりません。当然、競合する店舗だってありますよね。価格競争も起こります。

しかし、車種によって同等のコンディション、年式、走行距離でも価格差はマチマチなんです。では、その価格付けのベースとなるものとは一体何なのでしょうか。

中古車の価格を支えているのは「人気」

"Retail Business Image of Price Stickers on a Row of Used Cars, With Shallow Depth of Focus"

それは結局のところ、「売れるか、売れないか」……つまり人気の有無にかかっています。人気のあるクルマならば高値をキープしますし、逆の場合は価格がドンドンと下落していきます。

また、人気の車両であっても、みんなが欲しがるボディーカラーや装備類が付いているクルマほど高い。これは、中古車においては絶対の法則です。

新車のときに人気があっても、それが中古車になったときに色褪せぬ魅力を放っているとは限りません。だから、中古車は怖いのです。

しかも、つい数ヶ月前までは安定した値だったクルマが、みるみる値下がりすることもなくはないのです。

もちろんその逆もあります。ついこないだまで、人気だった、あるいは今も人気の新型車が意外と中古車で安く手に入れられることも。だから中古車は「ミズモノ」であり、鮮度がモノをいう「ナマモノ」なんですね。

メルセデス・ベンツをお得に手に入れられるためのポイント

Halifax, Nova Scotia, Canada - May 29, 2011: New GLK-Class Mercedes Vehicles in a Row at Car Dealership.  Mercedes is a manufacturer of luxury vehicles and had a broad range of vehicles ranging from the entry-level B-Class to the range topping supercar the Mercedes SLS-AMG.

ということは、うまく情報をキャッチすればかなりお買い得にクルマを購入することができるわけです。

そこで、今回クローズアップしたのはメルセデス・ベンツ。新車価格は、ご想像の通り相当に高額。

しかし高級車のイメージの強いベンツでも、買い方のコツを押さえておけば他のクルマと同様、お得に手に入れることが可能です。

中古車ベンツをお得に買うために、ねらい目の購入ポイントをまとめてみたいと思います。

その1:季節変動期がねらい目

Borgio Verezzi, Italy - December 28, 2006: Mercedes Benz Car parker near a country road. Photo taken in a public area

まずは、季節変動の時期を狙って購入することがオススメです。

これは中古車販売店側もシーズン要素の強い車は、そのシーズンに売ってしまいという本音も働くためです。

したがって秋から冬にかけてのオープンカーや初・夏のゲレンデ車などはねらい目と言えるでしょう。

その2:年明け1月がねらい目

car key with ribbon on calendar, new car concept

続いて、ねらい目の時期にオススメなのが年明けの1月。

これは1つ目に、店舗側が初売りセールを実施している関係があり値引き交渉がしやすいことが関係しています。2つ目として、年式が関係しています。

車は1月と12月に製造されても年式は変わりません。つまり年を越すと車の価値は一気に下がる傾向にあり年明けに買うことは何かとお得と言えるでしょう。

その3:決算期も案外ねらい目

For Sale sign in a vintage car

決算期は関係ないと考えている方もいるようですが、やはり車を販売しているメーカー(会社)である以上、決算期を見据えた買い方はお得といえます。

決算時期は各社で若干異なりますが、3月もしくは9月に集中している傾向がみられます。決算期に必ずしもお得に購入できるとは限りませんが、何かと特典の期待できる時期、店舗をまわるだけでもメリットを得られるのではないでしょうか。

その4:モデルチェンジ後の新車に変わるタイミングがねらい目

Amsterdam, The Netherlands - April 16, 2015: Mercedes-AMG GT sports car at the AutoRAI 2015.

ベンツの同タイプ・同ラインの車種がモデルチェンジするタイミングもねらい目といえます。

特にベンツは、他の車種と比べても下落幅は大きく旧モデルが格安で販売されているケースも期待できます。とくべつ新旧のモデルにこだわりがないという方は旧モデルに絞って購入検討されることをオススメします。

その5:走行距離に目を向けて値段下落のねらい目を探る

WWW.ECLECTIC-STUDIO.COM

中古車の価格付けに走行距離が大きく関与していることはご周知のとおり。

この走行距離が下がるポイントとしては「1万キロ・5万キロ・8万キロ・10万キロ」が主な分岐点といわれています。分岐点の中で8万キロ、10万キロ超えのベンツ車は性能に影響がでてきますので、5万キロを目安に購入検討されることをオススメします。

その6:「認定中古車」は外せない

Happy mid adult couple talking with African American sales person in a showroom.

「認定中古車」とは、輸入車正規のディーラーが良好と認めた中古車で且つ整備・補修を施したうえで無償の修理保証がつけられた優良中古車のことを指します。

これは、もし購入段階では把握できない不具合が、購入後に発覚しても充分な保証をを得ることが可能となり、修繕費に大金をはたくリスクを避けられる点が大きなメリットとなります。

しかし、保証の対象が何かを見誤るケースもありますので、購入時にディーラーへの確認を忘れずに行いましょう。

いま「メルセデス・ベンツ」をオススメする理由

Brussels, Belgium - Januari 12, 2016: Mercedes-Benz GLS luxury SUV front view. This GLS 350 d 4MATIC is fitted with a V6 diesel engine and a nine-speed 9G-TRONIC automatic transmission. Two sales women are standing in front of the car. The car is on display during the 2016 Brussels Motor Show. The car is displayed on a motor show stand, with lights reflecting off of the body. There are people looking around and other cars on display in the background.

中古車の中でもメルセデスベンツをオススメする理由は、ほぼ未使用の物件を含め、新車と変わらぬコンディションの認定中古車が大量に出回っているからです。それも、クラスを問わずに。

エントリーグレードのAクラスはもちろん、アッパーミドルのEクラスであっても豊富に在庫があります。走行距離が15kmとか30kmといった、いわゆる自社登録物件も非常に多く見受けられます。

そういったタマでも相当数が存在するため、希望の外装色や装備を選ぶ余地すらあります。それでいて、未使用車であっても新車価格の8~9割程度で購入可能となっています。

ジックリと腰を据えて探せば、お買い得で希望のモデルは確実に見つかるハズです。上級モデルほど値引きは大きいので、商談次第では憧れのメルセデスを手に入れることができるのではないでしょうか?それも、アッパークラスを!

【関連記事】

アレもコレも逆、逆、逆!メルセデス・ベンツとBMWの設計思想はこうも違う。

ベンツ、レースクイーン……逮捕の高知東生、妻・高島礼子と愛人の共通点【芸能記者レッド】

未使用軽自動車が新車の半額以下ってホント?サコダ車輌に安さの裏側、暴露してもらいました

ラオスで話題の中古車オークションを仕掛ける「LAOCAM」社とは【前編】

(Visited 5,470 times, 20 visits today)