What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

DeNAの個人間カーシェアサービス「Anyca」で借りられる高級車をまとめてみた!

2015.11.01

「新しいことに挑戦し続けること」

設立から現在までずっとこのコンセプトを大切にしている会社をご存じですか?

そう、DeNAです。

同社はゲームアプリを中心として、毎年様々な新しい分野に進出しています。プロ野球界への参入も果たし、一般認知度も飛躍的に向上している企業です。

そんなDeNA社がこの秋、新しくカーシェアリングアプリ、Anyca(エニカ)を発表しました。

カーシェアリングアプリAnycaとは?


(出典:YouTube

Anycaとは、クルマを貸したい人(オーナー)と、好きなときに好みのクルマを借りたい人(ドライバー)をつなげるサービスです。

このサービスを使うことで、オーナーは自分が使わないときに愛車を他の人にシェアすることができ、ドライバーは自分の使いたいときに好きなクルマに乗ることができるようになります。

今回は、ドライバーとオーナーごとに、Anycaの魅力やメリットをご紹介します!

目次

■ドライバー
1度は乗ってみたい!を叶えてくれるアプリ
Anyca登録車12選
ドライバーとしてのAnycaの使い方

■オーナー
維持費の足しになる収入
オーナーとしてのAnycaの使い方

1.ドライバー

数えるほどしか乗らないから、車はいつもレンタカーという方も多いのではないでしょうか。
Anycaを使うことで得られそうなメリットを、以下にまとめてみました。

1度は乗ってみたい!を叶えてくれるアプリ

Anycaの最大の魅力は、登録してあるクルマの種類。通常の車はもちろん、高級車やレアなクルマ、痛車まで、好きなクルマを選ぶことができます。

特に、Anycaではクルマが大好きな人が多く登録しているため、レンタカーやカーシェアリングにはないような貴重なクルマが多数登録されています。そんなクルマたちを見るだけでも楽しめそうです!

貴重な車種も多数!Anycaで乗りたい車12選

ここではAnycaで乗ることが出来る貴重な車種を、

・高級車

・スポーツカー

・旧車

・おもしろいクルマ

という切り口で、12車種分ご紹介します!

一度は乗りたい高級車

1.RANGE ROVER EVOQUE


(写真はイメージです)

160以上の国際的な賞を受賞する高級車。こだわり抜いたインテリアはもちろん、9速オートマチック・トランスミッションによって今までにない快適なドライブを体験できます。

車種 RANGE ROVER EVOQUE
定員 5名
料金 15,000円/1日
ミッション AT
Anycaページ https://anyca.net/car/11420

2.CHEVROLET CAMARO

 

Ohh god what a beauty.. #camaro_fans #camaroZL1 #red

Chevrolet Camaroさん(@camaro_fans)が投稿した写真 –


(写真はイメージです)

現行カマロの45周年記念限定車。見た目はレトロなのに、走り心地・乗り心地は現代の軽やかさを兼ね備えているレアなクルマです。

車種 CHEVROLET CAMARO
定員 4名
料金 9,800円/1日
ミッション AT
参考ページ https://anyca.net/car/10993

3.AMG GLA45 4MATIC Edition 1

 

Mercedes-Benz GLA AMG45 4Matic, AMG Departement #amggla45 #amg #amg45 #mercedesbenz #mercedes #benz #cars #carswithoutlimits

Tatiana Shevchenkoさん(@klsini4ka)が投稿した写真 –


(写真はイメージです)

ベンツの中でも限られた特別車。スポーティの中に上品さがあるクルマです。パワフルな2ℓターボエンジンを搭載しています。

車種 AMG GLA45 4MATIC Edition 1
定員 5名
料金 23,000円/1日
ミッション AT
参考ページ https://anyca.net/car/11483

特別な日に乗りたいスポーツカー

1.R8 AUDI


(写真はイメージです)

ルパン三世の愛車の1つです。ロー&ワイドなフォルムが他にはないAUDIらしさを醸し出しています。

(ルパン三世の歴代愛車まとめ記事はこちら

車種 R8
定員 2名
料金 53,500円/1日
ミッション AT
参考ページ https://anyca.net/car/11454

2.RX-7 MAZDA 2000


(写真はイメージです)

今年シリーズ最新作が上映された、「ワイルドスピード」の第3作に登場したクルマです。映画のような豪快なドライブを楽しんでみるのもいいですね!

車種 RX-7 MAZDA 2000
定員 2名
料金 39,800円/1日
ミッション MT
参考ページ https://anyca.net/car/10934

3.ABARTH 500

4567384863_da3c61a941_z
(写真はイメージです)

Photo By David Villarreal Fernández

人気のフィアット500をスポーツカーばりにチェーンアップしたクルマです。フィアットは借りられても、アバルトはなかなかありません!

車種 ABARTH 500
乗車人数 4名
料金 7,000円/1日
ミッション MT
参考ページ https://anyca.net/car/11035

希少な旧車

1.MINI ROVER 2000


(写真はイメージです)

2000年に販売終了した旧車です。レトロな車体だけでなく、エンジン音や振動まで懐かしい気持ちを思い起こさせるクルマです。

車種 MINI ROVER 2000
定員 4名
料金 9,800円/1日
ミッション AT
参考ページ https://anyca.net/car/11220

2.COROLLA LEVIN

13990546459_2e733110bf_z
(写真はイメージです)
Photo By FotoSleuth

「頭文字D」の主人公の愛車としてなじみ深い車種です。1984年発売の、これまた希少なクルマです。

車種 COROLLA LEVIN
定員 2名
料金 5,000円/1日
ミッション MT
参考ページ https://anyca.net/car/11360

3.117 COUPE ISUZU

8453401836_9d30f43e94_z
(写真はイメージです)
Photo By D a

1970年代を代表する日本の車です。旧車ながらも乗り心地は抜群です。

車種 117 COUPE
定員 4名
料金 14,800円/1日
ミッション AT
参考ページ https://anyca.net/car/11178

ネタにもなる!おもしろ車

1.HIACE WAGON

パンダの顔がなんとも言えないかわいらしさのクルマです。お子様にも喜ばれそうですね!

車種 HIACE WAGON
定員 8名
料金 7,353円/1日
ミッション AT
参考ページ https://anyca.net/car/11135

2.STAGEA


(写真はイメージです)

出ました!痛車!カラーステッカー、カーボンシートで素晴らしい痛車に仕上がっています。注目されること間違いなし!

車種 STAGEA
定員 5名
料金 6,000円/1日
ミッション AT
参考ページ https://anyca.net/car/11240

3.TESLA MODEL S

15869504139_d56bf6aaa4_z
(写真はイメージです)
Photo By raneko

テスラの電気自動車をレンタルすることもできます。電気自動車を購入するか悩んでいる人にもぴったりです。

車種 TESLA MODEL S
定員 5名
料金 22,000円/1日
ミッション AT
参考ページ https://anyca.net/car/11293

ここで挙げたのは登録されているほんの一部です。目的や好みに合わせて好きな車種を選ぶことができます。

ドライバーとしてのAnycaの使い方

ドライバーとしての利用はとても簡単です。アプリだからこその手軽さが魅力です。

Step1.車を検索

enika

まずは、自分の使いたい日にち、時間、そして乗りたい車を検索します。目的・値段・車種などを指定すれば、お気に入りのクルマをすぐに探すことができます。

Step2.予約をする

使いたいクルマが決まったら、そのオーナーにリクエストを送信。オーナーとの受け渡しや条件がうまく合えば、予約確定です。

やり取りはアプリ内のチャットを利用することができます。

Step3.銀行口座に振り込み

マナーを守ってドライブを楽しんだら、オーナーに返します。乗り心地などのレビューを書いて、お金を振り込めばおしまいです。

いつものドライブも、車にこだわればまた一味違うものになりそうですね!続いて、オーナーとしての魅力や使い方をご紹介します。

2.オーナー

「イキなクルマで」読者のみなさんの中には、こだわりの愛車を所有している人が多いはず。自分の予定に合わせて、クルマが好きな人と愛車をシェアしてみませんか?

維持費の足しになる収入

オーナーのメリットは、収入が得られるということ。自分の予定に合わせて車を貸すことで、駐車場代など月々にかかる維持費の足しにすることができます。

「大事な愛車をアプリで知り合った人に貸すのは抵抗がある……」という人でも大丈夫。DeNAが24時間365日、トラブルなどの対応をしてくれます。もちろん、ドライバーの1日保険加入も必須事項です(オーナーについて詳しく知りたい方はこちら)。

乗る機会が少ないのに、維持費はかかる……。そんな悩みをお持ちの方、ぜひ一度検討してみてください。

オーナーとしてのAnycaの使い方

オーナーまでの道のりは単純。登録・日時の調整・受け渡しの3stepです。

Step1.登録

enika

まずはアプリに貸したいクルマを登録します。登録する際には、自分のクルマの魅力や、貸し出し条件を提示することができます(受け渡し時間の指定、サーキット利用の有無など)。

また、半日・1日など自分のスケジュールに合った金額の提示も可能です。

Step2.受け渡し場所の調整

登録後、ドライバーからの利用リクエストを承認すれば、交渉成立。受け渡し場所などを決めましょう。この際もアプリのチャットでやり取りができるので、気軽に利用することができます。

Step3.お金をもらう

お金は翌月にドライバーから振り込まれます。その際に、お互いレビューを書きます。自分のクルマを気に入ってくれたレビューを読むのは嬉しいですね。

まとめ

クルマを持て余してしまっている人や、レンタカーショップにはない、自分の好きなクルマに乗りたい人。そんな人たちを結び付けるのが、このAnycaという新しいカーシェアのカタチです。趣味の合う人同士、新たなコミュニティを広げることも期待できそうですね。

ちなみに、DeNA社の独自調査によると、自家用車の稼働率は1年で何と10日間(約3%)程度という低さだそうです。一方で国内の自家用車の台数は6,000万台とのこと。ネットサービスで昨今、注目を集める「シェアリングエコノミー」の流れを踏まえた、ビジネスとしても非常に有望な事業となりそうです。

Anyca公式ページはこちら

(Visited 8,821 times, 6 visits today)
このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら

イキなクルマでの最新情報をお届け