What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

「一般人は決してプロ野球選手と焼肉に行ってはいけない」元首位打者 鈴木尚典と一晩で7500kcal食べた話

2015.07.17

シリーズ月刊高森は、元横浜ベイスターズの高森勇旗氏がここでしか読めないエピソードについて語る企画です。第3回の今回は、あの横浜ベイスターズの伝説の選手と恐れ多い焼き肉に行った時の話です。

第1回
「プロ野球選手っぽくある」ことも意外と大変。元ベイスターズ高森 勇旗が語る野球×車 秘話
第2回
「買う・乗る・語る」だけが車じゃない。高森勇旗だけが知っている助手席のエピソード

さて、今回は第3回目にして早速本題から離れ、プロ野球のこぼれ話についてご紹介したいと思います。

こぼれ話といっても、そこまで大きな話ではありませんので、どうか期待しないでください。

 

プロ野球選手って何食べているの?

「プロ野球選手って、何食べてるの?」といった質問、よく受けるのですが、なんてことはありません。

焼肉を食べてます。

というのは半分冗談で、半分は本当です。野球選手はとにかくを食べます。驚くほど肉を食べます。

鈴木尚典さんに焼肉に連れて行ってもらったときの話

あれは僕がプロ2年目の時のこと。

2軍で山形遠征に行った際、鈴木尚典さんに焼肉に連れて行ってもらったんですね。鈴木尚典さんといえば、97年、98年と2年連続首位打者を獲得した、ベイスターズのスーパースターですね。


鈴木尚典さんについての詳しい解説はこちら

「TAKANORI」と
「TAKAMORI」。

アルファベット一文字違いということで、尚典2世と言われたこともあったような、なかったような。

次ページ 今度こそ、鈴木尚典さんに焼肉に連れて行ってもらったときの話

(Visited 173,893 times, 3,914 visits today)

1 2 3 4


文:イキクル編集部



あなたが車内でよく聞く音楽のジャンルは次のうちどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter