What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

新型N-BOX発売!フルモデルチェンジした人気軽自動車の性能をまとめてみた

2017.09.12
N-BOX フルモデルチェンジ
photo by 本田技研工業株式会社

新型N-BOXトピック1:「ホンダセンシング標準装備」

「Honda SENSING」のイメージ画像

新型N-BOXの最大のトピックが、ホンダが安全装備のために構築したホンダ独自の安全運転補助システム「Honda SENSING」(ホンダセンシング)を標準装備としたことです。ホンダセンシングとは車の前方に配置された単眼カメラとミリ波レーダーにより前走行車などを検知。検知した情報を基とした自動ブレーキや車線維持システムなど、計8つの安全運転補助システムの総称です

ホンダは現在世界規模で装備車を増やしており、いずれは完全自動運転システムへと発展させようと力をいれています。今までこういった安全運転補助システムは他社を見回しても軽自動車に装備されることは少なく、あったとしてもオプション扱いというのが普通でした。そうした状況の中、ホンダは新型N-BOXにホンダセンシングを標準装備するという決断を下しました。他社の軽自動車でホンダセンシングのような多機能な安全運転補助システムを用意している車はないため、新型N-BOXはこの時点で他社を大きくリードしたといるでしょう。

新型N-BOXトピック2:「助手席にスーパースライドシートを採用」

シートアレンジの例

シート可動範囲57㎝という、非常にスライド幅の大きな助手席を新型N-BOXは採用しました。後席からもシートを移動できるようになっているため、例えば後列から助手席を大きくスライドさせて運転席へと乗り込んだり、助手席を大きく後ろにスライドさせ、空いた空間に荷物を載せたりと、助手席の可能性が広がりました。運転席と助手席をジグザグに配置すれば、後席とのやりとりの幅も広がります。N-BOXのような利便性を要求される車にとって、これは大きなセールスポイントです。

次ページ 新型N-BOXのデザインは先代に比べて好みが分かれる?

(Visited 2,710 times, 402 visits today)

1 2 3 4 5




あなたが好きな車種はどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter