What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

マツダ・CX-8が鮮烈デビュー!新感覚フラグシップSUVとなるか!?【東京モーターショー最新情報】

2017.11.03

 マツダが、10月25日から11月5日まで開催されている「第45回東京モーターショー2017」にて、新型3列シートクロスオーバーSUVであるCX-8を初公開しました。既存のSUVであるCX-5よりも一回り大きく、高級車志向であるこのCX-8は「走りつづける。大人のゆとりを携えて」と銘打たれ、東京モーターショーの会場でも注目を集めています。

CX-8は、すでに12月14日より日本で発売予定というアナウンスがされていますが、はたしてどのようなクルマに仕上がっているのでしょうか? 今回は東京モーターショーの写真とともにCX-8の全容についてレポートしましたので、ご覧ください!

CX-8のエクステリア:品のあるマツダのデザイン哲学

まずはCX-8のエクステリアから見ていきましょう。「TIMELESS EDGY」(時を超えて愛される普遍性と品格のある先進性の融合を求めたデザイン)をコンセプトに、マツダのデザインテーマである「魂動」を洗練させたCX-8ですが、SUVらしい力強さだけでなく、大人らしいゆとりを感じさせる上質さや凛としたたたずまいを感じさせます。

デザイン自体はCX-5を基調にしています。全長はCX-5より355mmほど延長、ホイールベースは230mmほど延長されています。ボディが長くなったことで、CX-5より全体的にスリムなフォルムに見えるようになりました。

また、CX-5のハニカム構造状のフロントグリルとは異なり、CX-8には水平スリットが採用されていることもフロントマスクの精悍さに磨きをかけています。マツダが今回CX-8を開発するにあたり、多人数乗用車でありながらもエモーショナルで美しいプロポーションを目指したことがよく伝わってくるデザインです。

さらに、CX-8にはマツダの塗装技術である「匠塗」が用いられ、フラグシップカラーであるソウルレッドクリスタルメタリックはハイライト(光の反射する部分)とシェード(反射せず影に見える部分)を瑞々しく際立たせ質感の高さを演出しています。

次ページ CX-8のインテリア:こだわりが感じられる内装と広々した3列シート

CX-8のインテリア:こだわりが感じられる内装と広々した3列シート

CX-8のインテリアは、上質さにこだわり、3列全ての乗員が心地さを感じられるよう細部にまで凝って造り込まれています。路面からのノイズや風切音の抑制するために要所に吸音材を採用。全ての乗員が難なく会話できる静かな車内空間、3列どのシートに身を沈めても快適な座り心地を得られるようなシートの設計や足元のスペースの確保などに念を入れて設計されています。

乗り心地は勿論のこと、内装のディティールにも多様な意匠をこらしています。サテンクロームメッキで引き締められたフロントコンソール、柔らかなアームレストを備えた大容量のコンソールボックス、セカンドシートに採用されたシートヒーター、本物の木材を利用したインパネのモダンで温かみのあるデザイン、ナッパレザーによる触感の良いシート、と細やかな乗員の快適性への気遣いが感じられます。

3列目でも意外と広さに余裕がありました(牧野)

SUVの大切な要素である機能性はどうでしょうか。CX-8は3列目を倒した状態での荷室容量で既に後席を畳んだCX-5よりも大きい572Lもの容量があり、それは2列目シートも畳むことでさらに拡大します。リアドアの開度を最大80°にすることで2、3列目への乗り降りだけでなく大きな荷物の積み込みもスムーズに行えるようになっています。また2列目シートをスライドさせると3列目搭乗者も体を無理に捩じらせることなく乗り降りできるだけの乗降スペースを確保できています。

また、車内のスピーカーはBoseと提携し、3列どのシートに座っていても同じ音質で音楽を楽しめるよう、バランスよくクリアなサウンドを実現するサラウンドシステムをオプションで搭載できます。

コックピットにも快適性や安全性が追及されています。高級車によく採用されるオルガン式アクセルペダルにより足首に余計な負担がかからず、ロングドライブでも疲れにくくなっています。センターディスプレイを中央上方に設置しているだけでなく、オプションのアクティブ・ドライビング・ディスプレイによりフロントガラスに交通標識認識システムによる標識表示や車速などの情報を照射することもでき、視点移動を軽減しドライバーの安全運転に貢献しています。

次ページ CX-8の走行性能:さらに進化したSKYACTIV技術

CX-8の走行性能:さらに進化したSKYACTIV技術

photo by マツダ株式会社

SKYACTIV(スカイアクティブ)と呼ばれるディーゼルエンジン開発にマツダが力を入れていることはご存知の通りですが、CX-8にはこれまで以上に進化しスペック向上を果たしたSKYACTIV-D 2.2を搭載。走行性能・燃費・静粛性・排出ガス、これら全てにおいて改善を果たしました。

車両重量が2tを超え、3列シートであるCX-8は、そのスペックに似合わず2WD、4WDともにJC08モードで17km/Lを超える低燃費を実現。それでいて、CX-5と同程度の伸びのある加速性能もあり、力強い走行をしてくれます。またディーゼル特有の不快なエンジン音もかなり軽減し、高級志向のSUVとしての品格を守っています。

4WD仕様のCX-8にはi-ACTIV AWDと呼ばれるシステムを搭載しています。わずかなタイヤスリップや路面状況などを敏感に察知し、積極的に駆動力を自動制御することによって、悪路をスムーズに進むだけの走破性能と燃費性能を両立することが可能になりました。

次ページ CX-8の安全性能:欧州でも高い評価を受けた「i-ACTIVSENSE」を標準搭載

CX-8の安全性能:欧州でも高い評価を受けた「i-ACTIVSENSE」を標準搭載

CX-8にはマツダの最新の安全技術もふんだんに詰め込まれています。夜間走行時に他車両に対しては部分消灯しながらハイビーム走行できるヘッドライトや、ドライバーの死角となる領域を認知するサポートシステムである360°ビュー・モニターは、ドライバーが不安やストレスを感じることなく運転を楽しめるように視界面からサポートします。360°ビュー・モニターはバックでの駐車、狭い路地から広い路地に出るときの死角確認、対向車と狭い道ですれ違う時の宴席及び対向車と接触しないか確認するときなど、様々な運転場面でドライバーの助けとなります。停止時からの前身後退の際に、センサーで障害物を確認して急発進を抑制するAT誤発進抑制制御や前方走行車への追突防止のためのスマート・ブレーキ・サポートなどはドライバーのうっかりミスを防止・軽減します。

さらに、万一歩行者と衝突したときのための歩行者へのダメージ軽減のためのアクティブボンネットのシステムは、衝突時にボンネット後部を持ち上げて歩行者の当部への衝撃を緩和させます。

次ページ CX-8は12月14日に発売予定!価格は320万円から!

CX-8は12月14日に発売予定!価格は320万円から!

マツダの高級フラグシップSUVとして発売が予定されているCX-8ですが、気になるのはその価格です。

現在、公式からアナウンスされている販売値段は2WDのベースグレードで約320万円、4WDで約340万円。CX-8の快適なスペックを考慮すると比較的安く抑えられており、クリーンディーゼル補助金なども適用されます。また、冒頭にも述べた通り、発売日は今年の12月14日を予定しております。

実用性、快適性、人数&荷物のキャパシティの大きさといったSUVとして大切な要素を守りつつ、上品かつスタイリッシュに仕上がったCX-8の展示車および試乗車は12月以降に配備予定となっています。マツダに立ち寄ることがありましたら、是非このマツダの新しいSUVへの挑戦をCX-8を通じて実感してみてください。

(Visited 1,599 times, 1,600 visits today)

写真:輿石有佑

文:一条


あなたが好きな車種はどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter