What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

スーパーカー「ランボルギーニ」は本当に壊れやすいのか?真偽をリサーチ!

2016.07.05

「納車した時点で壊れている」「修理代だけでもう一台自動車が買える」などなど、都市伝説とも思えそうな噂の多いランボルギーニですが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回はその噂の真偽を明らかにするためにも、まずはランボルギーニというメーカーの歴史からなぞっていきます。

知らないと意外かも?ランボルギーニとフェラーリの関係性

まず、ランボルギーニが壊れやすいか否かという議論をするにあたって、ランボルギーニの歴史を振り返ってみる必要性があるかもしれません。

スーパーカーの一大ブランドとして知られるランボルギーニの歴史は1963年から始まります。トラックやトラクターの製造を主たる業務としていたフィルッチオ・ランボルギーニは、トラクターの販売によって成した一財を元に、他社のスーパーカーを買い集めました。 

しかしあまりの完成度の低さに呆れ果て、自らチューニングを行っていたそうです。さらにチューニングに飽き足らず、自分もスーパーカーを作りたいと考えたフィルッチオは、自身の会社から20kmと離れていないフェラーリに提携を持ちかけます。

Ferrari F430

しかし門前払いを食らってしまい、その屈辱感と敵対心からスーパーカー作りに執心したというのはあまりに有名な逸話となっています。

最近ではそれらの逸話は脚色されたものとされており、現にフェラーリ創始者の「エンツォ・フェラーリ」とは親交が深かったとされていますが、真偽のほどは定かではありません。

創設の経緯は少々ばかりダーティですが、その後の経営も苦難に塗れたのがランボルギーニでした。トラクター販売の大口契約の取り逃がしや、オイルショック時の致命的な経営不振など、まさしく波乱万丈な運命を辿ることとなったランボルギーニ。

ついには倒産してしまい、国の保護を受けることになってしまいます。

次ページ 七転八倒ランボルギーニの意外なる安住の地

(Visited 20,644 times, 978 visits today)

1 2 3


文:イキクル編集部



あなたが車内でよく聞く音楽のジャンルは次のうちどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter