What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

肩こり「しやすい人・しにくい人」の違いは筋肉にアリ!その理由を徹底解説

2015.07.01

前回は、交通事故対処のプロフェッショナルであり、整体師歴20年の安藝先生に肩こりに有効なストレッチ方法をお聞きしました。

ところで、肩こりに代表される筋肉のしこり、できることなら予防したいものです。というわけで今回は、筋肉のしこりを予防する方法をお聞きします。

なぜ、肩がこるのか?

-できることなら、肩こりに代表される筋肉のしこりは起こしたくないと思います。そこで、今回は予防方法についてお聞きしたいと思います。

安藝先生:最初に筋肉にしこりが発生する理由から解説しましょう。かなりコアな話ですが、私たち整体師の業界では有名な話です。

筋肉の表面にはカルシウムがある

骨
Photo By keone

安藝先生:筋肉の動きには実はカルシウムが大きく影響しています。

-カルシウムと言えば骨のイメージですが、筋肉にもあるんですね

安藝先生:筋肉の表面の部分を覆っている膜にある筋小胞体と呼ばれる部分にあります。全身の99%以上は骨ですが、ここに残りの1%未満のカルシウムの一部があるんです。

-かなり、コアな雑学ですね笑

安藝先生:私ども整体師の業界では有名な話なのですが笑

筋肉はカルシウムで動いている

筋肉
Photo By Lin Mei

安藝先生:このカルシウムが筋肉の中に入ると、筋肉が収縮します。

-なるほど。ところで筋肉のしこりとカルシウムはどう関係しているのでしょうか?

安藝先生:先ほど、しこりの原因は血流が悪くなっているからだとお話しました。

なぜ、血流が悪くなるのかという原因の一つに「筋肉が収縮している状態がずっと続く」というものがあります。

血液が流れている管がギュッと圧迫されている状態をイメージしてもらえればいいと思います。

-なぜ筋肉が収縮した状態が続いてしまうのでしょうか?

安藝先生:理由は大きく分けて2つあります。

1.同じ姿勢(同じ筋肉に力は入った状態)でいること
2.急な衝撃で筋小胞体から一気にカルシウムが出てしまうこと

1番はドライブ中やデスクワークですね。また、例えば2番はむち打ちなどがあります。

理由1 同じ姿勢(同じ筋肉に力は入った状態)でいること
理由2 急な衝撃で筋小胞体から一気にカルシウムが出てしまうこと

 

-やっとカルシウムと肩こりがつながりました笑

安藝先生:簡単に言うと、肩こりなどを予防するためには1番の状態にならないようにする必要があります。

肩こり対策グッズ

-明日長距離をドライブする予定なのですが、今からでも間に合う肩こり対策のグッズなどはないのでしょうか。

安藝先生:そうですね、例えば背中に挟むクッションのようなものなどは有効だと思います。

クッション
Photo By Amazon

-これ、効果あるんですね!

安藝先生:特にドライブ中など、前かがみの姿勢になりやすい時にはこうしたクッションを背中にはさみ、背骨のS字をキープすると血流が悪くなりにくく効果があると思います。

もしくは、しっかりと背筋を伸ばした姿勢でいれば肩こりは起こりにくいです。

-そうなんですか、

安藝先生:正しい姿勢とは背筋を伸ばして、頭を背骨の上に載せている状態です。

これは、どの筋肉も緊張していない状態なので非常に疲れにくい合理的な姿勢です。

茶道

-確かに、正しい姿勢が大切なのはわかるのですが、なかなか維持するのが難しいです。

安藝先生:そうですね、維持するのが難しいのはお腹と背中の筋肉のバランスが崩れていることが一つの原因としてあると思います。

筋肉の量が多い方が強く引っ張られやすくなります。現代人は背中の筋肉が弱い人が多いので前かがみの姿勢になりがちです。

姿勢が悪い

-ということは…

安藝先生:よく「正しい姿勢を意識しろ」と言われますが…

-ずっと意識するなんて無理です笑

安藝先生:はい、無茶だと思います笑

解決方法としては、背中の筋肉を鍛えることがあります。

もう一つは、しこりができて機能しなくなった背中の筋肉や関節をほぐして、だまを取ってあげることも有効です。

-なるほど、背中の筋肉を鍛えて増やすか、ほぐして復活させるイメージですね。

運動しない人ほど毛細血管が少ない

太い
Photo By Dan Perry

安藝先生:先ほどの肩こりの原因となる1番ですが、運動には血流を促す他にも肩こりなどを予防する効果もあります。

運動をしている人は、していない人に比べて毛細血管が筋肉に張り巡らされています

血管がくまなく張り巡らされている人ほど、筋肉のポンプ作用が強く働くのでしこりができにくくなります。

-なるほど、運動するようにします笑

まとめ

前回は、肩こりなどの筋肉のしこりを解消するためのストレッチ方法をお聞きしました。

そして、今回は筋肉のしこりを予防する方法を教えてもらいました。

実際に筆者もこのインタビューの後、片道4時間ほどのドライブをしましたが昔に比べて格段に肩こりが辛くなくなりました。今年はぜひ、肩こりと無縁な夏のドライブを楽しんで下さい。

前回の肩こり解消ストレッチ方法の解説に戻る

今回教えてくれたのはこころ整骨院の総院長で、整体師歴20年の安藝先生です。また、交通事故の治療や倍賞などの悩みをサポートするジコサポにも所属している交通事故対処のプロフェッショナルでもあります。
こころ整骨院
※写真は江戸川橋院前にて

公式サイト http://kokoro.sub.jp/
場所 江戸川橋院
中井院
高田馬場院
大山院
中板橋院
(Visited 18,879 times, 42 visits today)