What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

驚くほどラグジュアリーなSUV! ランドローバー・レンジローバー ヴェラール

2017.03.31
ランドローバー レンジローバー 新型

2017年3月1日、ロンドンでレンジローバー兄弟の4代目、レンジローバーヴェラールが発表されました。クーペのスタイリングを取り入れたスペシャリティSUVといえば、もはや各自動車メーカーがラインアップにそろえる定番ですが、SUVの老舗ランドローバーの造るスペシャリティSUVはやはり一味違いました。リダクショニズムが産んだレンジローバーヴェラールの魅力に迫ります。

ヴェラールとは初代レンジローバーのコードネーム

1970年登場した初代レンジローバーは、卓越したオフロード性能とワゴン車の実用性を兼ね備えたラグジュアリーSUVとして登場し、一世を風靡した伝説的モデルです。そんな初代レンジローバーの原点に立ち返り、今の時代に合った先進性や魅力をもう一度世に与えるために、レンジローバー ヴェラールは開発されました。

レンジローバー スポーツとレンジローバー イヴォーグの中間に位置するミッドサイズSUVがヴェラールですが、その価値は立ち位置だけとは思えません。現代に開発されたヴェラールの先進性とは、一体どんなものなのでしょう?

コンセプトモデルと見紛う驚きのスタイリング

まるで一つの塊から削り出したかのような驚きのスタイリングを抜きに、ヴェラールについて語ることはできません。ヘッドライトやドアなど通常、車なら必ずある突起物が見事にボディラインに収められ、低く構えたルーフラインと合わさることで、他のレンジローバーのどれとも違う流麗なスタイリングを実現しているのです。コンセプトモデルならともかく、市販車のレベルでこのデザインを実現していることに、発表会場の来場者達は度肝を抜かれました。この発表時のエクステリアの衝撃はすさまじく、初代レンジローバーの先進性を発表と同時に打ち出すことに、見事に成功しています。

ヴェラール発表時に登壇していたランドローバーのデザインを統括ジェリー マクガバン氏はヴェラールのデザインについて、リダクショニズム(削って美を表現する技法)を用いたものだと語っています。単に分類をするなら、流行のクーペ風スポーティSUVですが、このリダクショニズムによる高いデザイン性により、ヴェラールならではの世界観を実現しました。

スタイリッシュで洗練されたインテリア

レンジローバーシリーズの持つインテリアデザインを踏襲しつつ、ファブリックやタッチパネルといった一つ一つのマテリアルの質感がヴェラールでは高められており、他のレンジローバーシリーズとは異なるラグジュアリーな室内空間を実現しています。スイッチ類など操作系は2つの10インチタッチスクリーンから構成される「インフォテインメント」により、シンプルかつ上質にまとめ上げられ、見事としかいいようがありません。
若干低めのルーフラインですが、室内高はしっかり確保。運転席から後席まで開くパノラマミックサンルーフも用意されており、開けば非常に高い開放感を得ることができます。

レンジローバーとその他のSUVを分かつウェイドセンシング

レンジローバーシリーズのアイデンティティの一つが、高いオフロード性能です。あらゆる天候や路面状況にも対応するというAWDを中心に、ヒルディセントコントロールやテレインレスポンス2オートなどを装備。電子制御エアサスペンション装着車であれば、車高を任意に40mm調整することも可能です。中でも近年目を引くランドローバー独自の技術がウェイドセンシングです。

ウェイドセンシングとは水中を車体が走るとき、つまり河を渡るときにドアミラーに装備されたセンサーにより水深を検知し、渡河水深限界(650mm)に近づいたときに警告を行う機能です。日本でも河川の増水や津波により水中を車で走る場面がない訳ではありません。特にそうした場面が見られる一部の地域にお住まいの方にとっては、こうしたウェイドセンシングのような機能はいざという時に役に立ちます。

1度水没してしまえば、車の価値は大きく下がり、例えば買い取り査定価格も大きく目減りしてしまいます。そうした観点だけで車を語るのは寂しいものですが、耐久消費財である自動車にとってはやはり重要な部分です。特にモデルによっては一千万円も超えてくるヴェラールのような高級車なら、ウェイドセンシングのような機能の有無は重要です。

発売は2017年秋、ラインアップは699万円から1526万円まで

ヴェラールは699万円からファーストエディションと呼ばれる1526万円の上級モデルまで、9種類のラインアップをそろえています。イヴォーグのワンクラス上という立ち位置であり、このクラス、価格帯だとBMW・X6やポルシェ・ マカンがライバル車種となります。とはいえ、そうしたSUVはどちらかというとスーパーカークラスのスポーツ性能を売りにしている側面が強く、SUVのコンセプトを考えれば、うまく差別化が図れているように思えます。

ヴェラールはレンジローバーの魅力を現代風にブラッシュアップした意欲作

ヴェラールの持つコンセプトはオフロード性能・利便性・ラグジュアリーを兼ね備えているという点で初代と同様ですが、今の時代に合わせた先進性を打ち出すというのは非常に難しい課題であったと思われます。その回答として打ち出されたのがリダクショニズムによる美しいスタイリング、ひたすらブラッシュアップされた上質な室内空間は、まさに最適解だといるでしょう。コンパクトSUVであるイヴォーグの登場は世界に衝撃を与えましたが、ヴェラールはそれに負けない、まったく新しい価値を打ち出しています。

2017年秋の発売が待ち遠しい1台です。

【関連項目】

アウディ・Q8スポーツコンセプトがジュネーブで初登場! SUV戦国時代の覇者となれるか?

ボルボ・新型XC60世界初公開! 洗練されたデザインと高出力のPHVに迫る

三菱復活の原動力となるか?「エクリプス クロス」世界初公開

(Visited 2,257 times, 1 visits today)