What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

【特別連載企画】ポルシェが買える人ってどんな人? ポルシェ乗りに一番多いのは”アノ”職業!【第4回】

2016.11.07

こんにちは! ライターの石川荒太です。前回は「ポルシェに乗るとモテる」ということについて書かせていただきましたが、やはり皆さん気になる点だったようですね(笑)。「ボクスター買いたくなった」という声もいただきました。

そう言ってもポルシェほしいけど現実的にはなかなか手が届かない……という方もいらっしゃると思いますので、今回は「ポルシェを買える人ってどんな人?」という話を書いてみたいと思います。

著者紹介

石川荒太(いしかわあらた)/37歳。4年前に脱サラしたIT系会社経営者。これまでに所有したポルシェはケイマン981、ボクスター981、マカンS、997、991。ケイマンGT4、現在はケイマンGT4とマカンSの2台持ち。今はマカン ターボ パフォーマンスを購入検討中。欲しい車は991のGT3(MT/後期型)。現在は中目黒で一人暮らし。(第1回/年収600万、2ちゃん車板の住人だった僕でもポルシェを買えた理由とは?)

ポルシェが買える人ってどんな人か?

ポルシェが買える人のイメージって、こんな感じではないでしょうか。

  • 経営者、または大企業の役員
  • 開業医
  • 超エリートサラリーマン

なんとなく、年収2000万以上、既婚、子供も2人くらいいて、絵に描いたようなリッチな家庭といったものがイメージされそうな気がします。

ちなみに、あくまで僕の知っているポルシェオーナー達の話になりますが、ポルシェオーナーで最も多いと感じる職業は医師です。「ポルシェオーナーに石を投げれば医師に当たる」と言っても過言ではありません。

ポルシェを買うなら前オーナーは〇〇がオススメ!

A portrait of a male doctor with  money in his pocket isolated on white background

僕が1台目に買ったポルシェ・ケイマン981は、前オーナーが医師の方でした。実は997も女医さんが通勤用で乗られていたそうです。全く飛ばしていなかったのか、走行距離も短く新品同様でかなり状態のいい個体でしたね。さらに、マカンSも知り合いの内科医の方が「娘さんが進学して自転車が積めないと困るようになったのでカイエンに買い替える」ということで安く譲っていただいたものです。

余談になりますが、医師の方はメンテナンスもきっちりして綺麗に乗られている方が多いので「前オーナーが医師だった」ポルシェは当たりだと思います。そんなに都合よく当たるか?と思われるかもしれませんが、僕の買ったポルシェ6台のうち、中古で買った3台は前オーナーが医師という確率の高さです。

ポルシェを経費で落とせる職業がある!?

Businessman boards his car.

高収入の人が多く、サラリーマンに比べて自由にお金を使いやすいという点から、やはりポルシェオーナーには会社経営者が多いです。経費で落とせるんでしょ? って思った人もいらっしゃるかもしれませんが、世の中そんなに甘くはありません。

でも逃げ道はあります。もしかすると「4枚ドアのベンツは送迎用として経費で落とせるけど、ドアが2枚のポルシェは経費にならない」という都市伝説を聞いたことがあるかもしれませんね。でも、これって半分本当で半分ウソなんです。

あくまで「知り合いの話」として聞いていただきたいのですが、「目立つ車だからこそ、広告宣伝用」として使っている知人がいます。彼は大きく会社名やサービス名を車体に載せ、ポルシェに関わる費用は「広告宣伝費」として落とすことができているようですよ。

残念ながら僕の職種ではその方法は使えないのですが、あまり詳しく書くと税務署から目をつけられそうなので、この辺にしておきましょう。

タワマンの駐車場には〇〇〇だらけ

Parking garage, underground interior with a few parked cars

いま、「砂の塔」というタワーマンションのマウンティングのドラマが話題になっていますが、タワーマンションに住むような人は無理してでも見栄でポルシェを買いたがるんですよね。

実は僕の姉もタワマンに住んでいるのでたまに話を聞くのですが、地下の駐車場にはマカンがいっぱいあるそうです。習い事やインターナショナルスクールに通わせるための送迎の車は何を乗っているのか? 母親同士で厳しいチェックがあり、車の値段で仲良くするかどうか決まってしまうようなこともあるのだとか。ばかばかしいと思いますが、周囲の目を気にしてポルシェを買うような層も実在するみたいです。

秘密のガレージを持っているのは“アノ”職業!

Monks chanting sutra

意外と多いのが僧侶の方がポルシェに乗っているケースです。ただし、これは僕の中でインパクトが強いだけで絶対数としてはそこまで多くないかもしれません。お金を持っているお坊さんは多いので買おうと思えばポルシェよりもっと高い車も買えるはずです。

しかし、さすがにマクラーレンやフェラーリのような派手な車は、檀家さんに見られたときにひんしゅくを買うので買えないようですよ。檀家さんに見られると困るので、お寺から遠い場所にこっそりとガレージを持っている方もいらっしゃいます。一度見せて頂いたことがありますが、今では1台2000万近くする空冷ポルシェが10台以上並んでいて驚いたものです。

今日のまとめ

他にもエリートサラリーマンや実家が代々お金持ちの地主さん、株や投資で儲けてる方などポルシェを買う人の職業はさまざまですが、だいたいオーナー同士で自己紹介すると

  • 「医師」
  • 「会社経営者」

のどちらかの方が多いです。考えてみれば、どちらも仕事上のプレッシャーが強い職業です。

短時間でもハンドルを握って運転でストレス解消ができるポルシェは、ストレスを抱えることの多い医師や経営者には最適な車なのかもしれませんね。

最高にストレス解消のできる車を求めるなら、ポルシェが断然オススメです!

(ライター/石川荒太)

【関連記事】

【特別連載企画】「見栄で安いカイエンを中古で買う男が一番ダサい!」いちばんモテるのはあのポルシェだ!?【第3回】

【特別連載企画】マカンとカイエン、初ポルシェはどっちを選ぶべき?【第2回】

【特別連載企画】年収600万、2ちゃん車板の住人だった僕でもポルシェを買えた理由とは?【第1回】

(Visited 12,746 times, 34 visits today)