日産・フェアレディZ誕生から50年の歴史を振り返る!S30からZ34までの代表モデル、432やニスモなどの限定モデルも徹底解説!【前編】

日産・フェアレディZ誕生から50年の歴史を振り返る!S30からZ34までの代表モデル、432やニスモなどの限定モデルも徹底解説!【前編】
     
   

出典元:http://wheel.co.jp/wordpress/?p=1615

ダットサン・フェアレディの後継として登場した初代フェアレディZ(S30)

S30Zイメージ

出典元:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17076725

日産はダットサン・フェアレディSP310を米国で1962年に披露しました。SP310はセドリック用のSU2連キャブレターをつけた1500㏄エンジンを搭載しており、80馬力MAX155キロを実現します。

また、本機の営業案内では後部に補助席が付いた3人乗りで掲載されています。しかし幌が邪魔になり補助席の使用感が悪かったために、実際は補助席なしの2人乗りで販売されました。

米国を主たる市場としていたのに日本でS30Zが誕生したのは、ミスターKこと片山豊氏が責任者を務める米国日産-西が型式変更依頼をしたためです。

ミスターKこと片山豊氏が生み出したスポーツカー

米国日産-西が担当するエリアは、暄暖な気候と草レースが盛んである2つの特徴がありました。米国日産-東の担当するエリアのように極寒な気候では、欧州メーカーにつけいる隙がありません。

また、SP310は欧州車の本体価格と改造費よりも安いというメリットがありました。彼はこの2つの特徴から、フェアレディが米国日産-西でさらに拡販できる可能性が高いと考えていたのです。

しかし彼は、当時の日産の技術力不足から生じたたくさんの苦情に頭を悩ませていました。たくさんの苦情を占めていたのは幌に関する内容だったのです。幌に関する苦情の中でも特に突出していたのは耐久性と外観によりものでした。

日本よりも強い日差しに耐えられずに短期間で劣化してしまうのと、綺麗な曲線を描けない不恰好な外観が主な内容になります。

そこで彼は価格と改造費が欧州車よりも安い特徴はそのままにして、苦情の因子となる幌の改正をする型式変更を日本に依頼したのです。

S20エンジンを搭載したZ432

Z432には当時の日産が誇る無上のエンジンである160馬力MAX210キロのS20が搭載されています。S20エンジンはスカイラインGT-Rにも取り入れられていて、R380Ⅱ型のGTレースカー公式試験で7つの国際記録を達成しました。Z432は日産の顔となる車種でしたが、180万円を超える価格は一般庶民には手が届かない高級車でなかなか普及しません。

しかし1番等級の低い85万円のZと超豪華仕様である105万円のZLは、国内の売れ行きも好調で一般庶民でも手が届くスポーツカーとして多くの人々から評されました。

Gノーズにオーバーフェンダーで武装した240ZG

Z432のS20エンジンは十分な出力を保っていますが、机上の速力が実測で出ない問題が判明します。そしてさまざまな検証を行いたどり着いた結果は、空気の抵抗が速度に影響していることでした。検証結果をもとに車の外観の先と下、ヘッドライトに部品つけて、空気の抵抗を減らすことに成功します。

歴代名車カテゴリの最新記事