【運転免許の基礎知識】免許の点数制度とは?免許停止になった場合の通知や講習、免許取消になった場合の再取得方法とは?

【運転免許の基礎知識】免許の点数制度とは?免許停止になった場合の通知や講習、免許取消になった場合の再取得方法とは?
     
   

2年間無事故無違反の運転車への優遇制度

原則としては過去3年間の違反点数で計算されるのですが、特別措置もあります。

3点以内の違反点数の場合に限って、過去2年の間無事故無違反であれば違反点数は0に戻ります。

ちょっとした違反をしただけならば、まだ撤回の余地があるということですね。

これはあくまでも点数上の優遇制度であって、違反したという履歴そのものが抹消されるわけではありません。

違反履歴を確認したい際は自動車安全運転センターに書面で申請してください。

免許再取得の方法とは?

免許センターへ出頭と免許証の提出

ます免停処分が確定したら、運転免許行政処分出頭通知書が届きます。

これには出頭する日と場所が記載されているので、指定の日時に必ず出頭しましょう。

万一やむを得ない事情があって指定日に出頭できない場合は、必ず事前に相談するようにしてください。

また、90日以上長期に渡る免停期間の場合には、意見の聴取通知書・聴聞通知書が届きます。

意見の聴取とは、その処分が適切なものであるかどうかを判断するために、本人から意見を聴取する機会です。

任意ではありますが、自分の主張や事情を話すチャンスでもあり、必ずではありませんが状況によっては処分が軽くなることも。

弁護人などを同席させることも可能ですし、資料を提出することもできます。せっかくの弁明の機会ですから、最大限に活用しましょう。

どちらの場合も出頭したら、免許証を提出します。

停止処分者講習(免停講習)の受講

運転免許行政処分出頭通知書には、違反者講習通知書が同封されています。

免停講習を受講し、試験を受けることになりますがその結果次第では免停期間が短縮されます。

適性検査、面接指導も行われ終日かけての講習です。

この免停講習は任意ですので必ず受けなければならないわけではありませんが、免停期間を短縮できるので受講する方がほとんどのようです。

受講しない場合は、そのまま免停期間が確定します。

免停期間と講習後のテスト結果によって異なる短縮期間

出典元:https://www.photo-ac.com

まず免停講習は停止処分日数によって短期、中習、長期と3種類に分かれています。

短期講習は30日の免許停止、中期は60日間、長期はそれ以上といった形になります。

テストの成績は優、良、可で分けられ、それぞれ短縮期間が異なります。

短縮される期間は、講習を受講した後に実施されるテストの結果によって決定します。

停止日数(日) 短縮日数(日)
30 29 25 20
60 30 27 24
90 45 40 35
120 60 50 40
150 70 60 50
180 80 70 60

結果が不可の場合は講習の種類を問わず短縮日数は0です。

免停期間30日、テストの結果が優の場合、実質的な免停期間は1日となりますね。

可の場合でもそれなりに期間は短縮されるので、ほとんどの方が受講するというのもうなずけます。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事