マツダのクロスオーバーSUVといえばCX-3・CX-5・CX-8に絶版のCX-7。実は世界にはCX-4とCX-9も存在していた?!

マツダのクロスオーバーSUVといえばCX-3・CX-5・CX-8に絶版のCX-7。実は世界にはCX-4とCX-9も存在していた?!
     
   

CX-8よりさらに大きいボディを持つ北米や豪州で販売されるCX-9

出典元:https://newcarinfosite.com/domesticauto/mazda/cx-9/grade-and-body-color/

一方北米や豪州では「CX-9」というモデルが2007年から発売になっています。

日本でラインナップされているモデルとの違いは、何といっても「ボディの大きさ」

具体的にはどのように違うのでしょうか。

MPVの実質的後継の3列シートSUVとして登場

 マツダのミニバンとして1988年から実績を積んできた「MPV」。

CX-9はその実質的後継車種となる3列シートSUVとなっています。

全長は5,065㎜と日本のラインナップより30cm以上も長くなっており、全幅も1,930mm全高1,728㎜と3辺全てがサイズアップ。

北米や豪州は国土が広く日本以上に車での移動が欠かせない為、居住性の高さが求められているのでしょうか。

サイズアップのお陰で、3列シートになって大人が乗ってもゆとりのある空間を提供できるのがCX-9の特徴でしょう。

現行モデルは2016年にフルモデルチェンジした2代目

CX-9は2007年に発売になってから約10年間、フルモデルチェンジは行っていませんでした。

マイナーチェンジも2009年と2012年に2回だけです。

しかし2016年にフルモデルチェンジを行い、これが現行モデルとなっています。

現行モデルには2.5L直列4気筒ガソリン直噴エンジンを搭載。

アメリカをはじめとする海外でも、フルモデルチェンジの際には非常に注目を浴びたそうです。

CX-8・MPV(LY系)とボディサイズを比較すると?

マツダの中でも非常に大きなボディを有するCX-9。

日本で発売されているCX-8や2016年に販売終了となったMPVと比較して、CX-9のボディサイズはどのようになっているのでしょうか。

分かりやすく表にしてまとめてみました。

  CX-9 CX-8 MPV
全長 5,065mm 4,900mm 4,860mm
全幅 1,930mm 1,840mm 1,850mm
全高 1,728mm 1,730mm 1,685mm

全長は大きい順に①CX-9 ②CX-8 ③MPVという順番になりました。

CX-9とMPVは3列シートですが、CX-9の方が20㎝以上全長があります。

次に全幅ですが、大きい順に①CX-9 ②MPV ③CX-8という順番になりました。

これもCX-9が1番ですが、MPVとCX-8はほぼ変わりません。

最後に全高ですが、大きい順に①CX-8 ②CX-9 ③MPVという順番になりました。

この項目だけCX-9が2番目となっていますが、1番目のCX-8と僅か2㎜差、3番目のMPVとも4㎝しか変わりませんので、全高に関してはどれもほぼ一緒と考えていいでしょう。

総じてCX-9のボディの大きさが際立った印象です。

CX-4、CX-9の日本での発売は?

出典:https://bestcarweb.jp/news/business/2539

CX-4が中国で、CX-9が北米や豪州で発売していますが、それぞれ日本での発売はあるのでしょうか。

CX-4の日本発売

まずはCX-4ですが、マツダは日本での発売を計画しているようです。

発売時期はまだ未定ですが、関係者の予想では2019年後半ではないかということです。

非常に待ち遠しいですね。

CX-9の日本発売

そしてCX-9の方ですが、こちらは残念ながら日本での発売の予定はなさそうです。

日本では軽自動車のような小回りの利く車の方が売れる傾向にあり、駐車スペースや走行距離などの関係上CX-9はあまり実用的ではないという見解のようです。

CX9の日本発売を期待していた方にとっては残念ですが、その声はきっとマツダに届いているはずですから、今後の情報に期待しましょう。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事