ホンダ・S660ネオクラシック純正ボディキット発売!キット価格は120万円、中古車ベースのコンプリートカーも登場!

ホンダ・S660ネオクラシック純正ボディキット発売!キット価格は120万円、中古車ベースのコンプリートカーも登場!
     
   

出典元:https://www.webcg.net

ホンダ・S660ネオクラシックとは?

ホンダアクセスが販売するS660用のFRP製ボディキット

出典元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/S660NeoClassic/

ホンダが製造する四輪車の純正アクセサリーを開発・販売しているホンダアクセス。エアロパーツやサスペンション、アルミホイール、さらにはコンプリートカーも販売しているModuro、カーオーディオ、カーナビのGathersブランドで知られています。

S660ネオクラシックは、同社が販売する2シーターのオープン軽スポーツカーS660専用のボディキット。ガラス繊維を樹脂に練り込んだFRP製で、S660をクラシカルにドレスアップするカスタマイズキットです。

ノーマルのボディを換装、または覆う未塗装パネルのほか、前後の灯火類なども含まれています。シャープなスタイリングのS660をレトロで優雅、愛嬌にも満ちた雰囲気に一変させる斬新なキットは、2018年9月21日に発売されました。

スタートは社内啓発プロジェクト

東京カスタムカーコンテスト2016でグランプリ受賞

出典元:http://www.car-l.net/media/2016/01/18/1048

2015年夏、ホンダアクセスで、ある社内プロジェクトが立ち上がります。それが、国内最大のチューニングカーの祭典で、世界3大カスタムカーショーの1つにも数えられる東京オートサロン2016に「コンセプトカーを出展しよう」というものでした。

あらゆる業務の垣根を越え、全ての社員が参加できる自発的な啓発プロジェクト。全部で100を超えるアイデアが集まった中から社員投票などで選ばれたのが、S660ネオクラシックでした。

若手社員有志の手で製作されたS660ネオクラシックは2016年1月、東京オートサロンに謎のカスタマイズ集団「N lab.」(エヌラボ)のブース名でコンセプトカーとして出展され、話題をさらいます。

「古典的な良さ、美しさを現代に再現する」をテーマとしたS660ネオクラシック。1960〜70年代のスポーツカーの雰囲気を持つ丸みを帯びたスタイリングは、東京オートサロンの来場者投票で決まる東京カスタムカーコンテスト2016でも大評判に。各部門で最優秀賞に選ばれた全8台の頂点に立つグランプリに輝きました。

ホンダが誇る歴史的な名車S600S800を彷彿とさせるデザインと完成度。この受賞を機に、S660ネオクラシックがホンダアクセスによるものと知った人も多かったのです。

純正品メーカーならではの安心感

車検対応、記載事項変更および構造変更なし

出典元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/S660NeoClassic/

S660ネオクラシックはガラス部分と、ドアを除く外側のパネルをすべてカスタマイズ。フロントマクス、ボンネットとエンジンフード、ルーフスポイラー、前後のバンパーとフェンダー、ヘッドランプとリアコンビランプで構成されています。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事