ランボやロールスも参入、世界のハイパワーSUV対決!パワーウェイトレシオや1馬力当たりのコストパフォーマンスが良いSUVは?

ランボやロールスも参入、世界のハイパワーSUV対決!パワーウェイトレシオや1馬力当たりのコストパフォーマンスが良いSUVは?
     
   

マセラティ・レヴァンテ トロフェオ

出典元:https://clicccar.com

マセラティ初のSUVが,2016年に発売されたレヴァンテ。3.0リットルV型6気筒エンジンのみだったレヴァンテに、3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載したモデルがトロフェオです。電子制御式の4輪駆動システム「Q4 」を組み合わせています。

2018年11月に登場したトロフェオは、マセラティ自身が「究極のSUV」と胸を張るほど。最大出力は590馬力2340㎏の車両重量をものともせず、最高速度はF1マシン並みの304km/hに達します。

パワーウェイトレシオはクアドリフォリオに迫る3.97kg/ps。2018年12月現在の新車価格は1990万円(消費税込み)です。

ランボルギーニ・ウルス

出典元:https://car.watch.impress.co.jp

1980年代後半から1990年代前半にかけ、クロスカントリー4WDのLM002を生産していたランボルギーニ。初のSUVであるランボルギーニ・ウルスは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、ランボルギーニにとって初のターボ車でもあります。

最大出力は驚愕の650馬力。最高速度はSUV史上最速の305km/hに到達しました。車両重量は2220㎏で、パワーウェイトレシオはクアドリフォリオを上回る3.42kg/psを達成しています。

2018年12月現在、国内正規販売代理店の新車価格は2816万1795円(消費税込み)です。

エスカレードが安く感じられるハイエンドSUVのパワーウェイトレシオ、コストパフォーマンスは?

キャデラック・エスカレード プラチナム

出典元:https://kunitachi.gmj-dealer.jp

米国の大統領専用車「ビースト」にヘッドライト部品が使われていることでも知られるキャデラック・エスカレード。ラグジュアリー感あふれるフルサイズのアメリカンSUVで、プラチナムは最上級グレードに当たります。

6.2リットルV型8気筒エンジンの最高出力は426馬力。4WDの車体の重量は2670kgで、パワーウェイトレシオは6.26kg/psとまずまずです。スピードを競うというより、大排気量ならではのトルクフルな走りを楽しむクルマといえます。

2018年12月現在の新車価格は1360万円(消費税込み)です。

ロールスロイス・カリナン

https://www.webcg.net

高級車メーカーの最高峰ともいえるロールスロイスが満を持して高級SUV市場に送り込んだのが、カリナンです。2018年6月に日本初公開されたモデルは、史上最も豪華なSUVとして注目を集めています。

6.75リットルV型12気筒ツインターボエンジンは、最大出力571馬力を発揮。最高速度は250km/hです。車両重量は2660kgで、パワーウェイトレシオは4.66kg/psです。

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事