【車選びの基礎知識】自動車にかかる税金はどんなものがある?どの車が維持費が安い?

【車選びの基礎知識】自動車にかかる税金はどんなものがある?どの車が維持費が安い?
     
   

出典:http://car-hanbai.info/post-3352

自動車にかかる税金の種類は何がある?

出典:https://kuruma-kinokawa.jp/ku-pit/booking/page/nc-step1/

100万円の自動車を購入しようとしても100万円だけでは購入出来ません。自動車の購入には様々な税金が絡んできます。

免許を取って初めて自動車を購入しようとしている人は、税金について詳しく知らないと思います。

自動車購入に税金は付き物なので、この機会にある程度覚えておきましょう。

自動車税

自動車税は自動車購入時にかかってくる税金です。

毎年4月に納めなければならない税金で、購入時は購入翌月から月割り計算で収めなければなりません。

自動車重量税

自動車重量税も購入時にかかってくる税金です。新車購入時、車検時にかかりますが、車検が残っている中古車の購入時にはかかりません。

名前の通り、自動車重量税は自動車の重量に応じて支払う税金となっています。

自動車取得税

自動車取得税は、50万円以上の車を購入した時にかかる税金です。

新車、中古車の違い、年式が新しい、古い、車両本体価格などによってかかる金額が変わってきます。

消費税

自動車の購入時にはもちろん消費税がかかってきます。

自動車税や保険、ローンなどにはかかりませんが、車両本体価格や付属品に対して消費税がかかります。

ディーラーで出してもらった見積書に記載されている価格は基本的に税込みの価格となっています。

自動車税は車の排気量によってどう違う?

出典:https://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_61968.html

排気量別の自動車税

自動車税は車の排気量によって変わり、0.5L刻みで税額が上がります。

3月に購入した場合には自動車税はかかりません。

軽自動車税

軽自動車の場合、購入時にかかる自動車税はありませんが、毎年4月1日に10,800円の軽自動車税が発生します。

普通車と比べて軽自動車の方がとてもお得です。

エコカー減税・グリーン化税制

2002年に、環境に優しい車に対して減税し、環境に良くない古い車に対して重課するグリーン化税制が発表されました。

電気自動車、燃料自動車、PHV、PHEV、クリーンディーゼル車などの次世代自動車といわれる車がエコカー減税の対象となっています。

燃費基準を満たしている車に対しても減税されます。

自動車重量税は車の重さによってどう違う?

出典:https://oceans.tokyo.jp/car/2018-0113-2/

重さ別の重量税

自動車重量税はo.5トン毎に4,100円がかかってきます。

新車情報カテゴリの最新記事