トヨタ・2000GTとレクサス・LFAがバトル!山本美月主演の単発ドラマ『真夜中のスーパーカー』

トヨタ・2000GTとレクサス・LFAがバトル!山本美月主演の単発ドラマ『真夜中のスーパーカー』

出典元:https://twitter.com/

愛知発地域ドラマ『真夜中のスーパーカー』の粗筋を紹介!

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2136853645838431101/2136882573604510003

 「真夜中のスーパーカー」はNHKで放送された愛知県発のスーパーカーを題材にしたドラマ番組です。

好評のため、BSプレミアムにて4月21日(土)の午後4時より再放送の予定も組まれています。

往年の名車、トヨタ2000GTやレクサスLFAがサーキットで実際に走る姿を見ることができたり、愛知県長久手市に存在するトヨタ博物館が舞台になっていることで、車好きにはたまらない内容となっています。

それでは早速、ドラマのあらすじを追っていきましょう!

気になるストーリー!

主人公は世界有数の自動車メーカー・「ナゴヤ自動車」にカーデザイナーとして入社した白雪。

彼女の夢は、いつか伝説の名車、2000GTを超えるスーパーカーをデザインすることでした。

しかし、時代のトレンドはより安全で快適に移動できる移動手段としての車づくりであり、白雪も幾度も上司と衝突してしまい、しまいにはカーデザイナーをクビになってしまいます。

自動運転車の開発への移動を会社から命じられた白雪は運転する楽しみのない車を作るなら会社を辞めたいと思い詰めます。

そんな意気消沈の白雪はナゴヤ自動車博物館を訪れます。

ナゴヤ自動車博物館は世界屈指の名車を多数取り揃える有数の博物館。

そしてその中には白雪の夢であり、カーデザイナーを志すきっかけともなった2000GTも展示されていました。

閉館時間であることもすっかり忘れてしまうほど夢中になって2000GTをデッサンする白雪がであったのは、日系ブラジル人4世のリカルドでした。

リカルドはナゴヤ自動車の期間工でしたが、生活苦のため、2000GTを盗み出そうと計画しているのでした。

それを知った白雪はその計画を阻止しようとリカルドともみ合いますが、そんな時、2000GTの運転席にこつ然と現れたのは白いレーシングスーツに身を包んだレーサーである不思議な男。

この幽霊かとも見える男の不思議な力によって、博物館はまるで異世界のような別の顔を見せ始めます。

元の世界に戻るための条件は2000GTとのレースで勝利すること――果たして白雪とリカルドは無事元の世界へ帰ることができるのでしょうか?

「真夜中のスーパーカー」の見どころ!

このドラマの見どころは、なんといっても多数登場する往年の名車たち。

とりわけ、ドラマのラストにおけるレクサス・LFAと2000GTとのレースシーンは手に汗握る白熱の展開です。

実際に走る2000GTは非常に貴重な映像ですし、何より新旧スーパーカーの対決は誰もが夢見たシーンの具現化となっています。

そして、マッハゴーゴーゴーの主題歌でも有名な水木一郎による主題歌もマッチして、迫力のあるドラマに仕上がっています。

新車情報カテゴリの最新記事