「ホンダ・アヴァンシアの名前が中国市場で大型高級SUVとして復活していた!兄弟車のUR-Vなど国内未導入モデルが熱い!」

「ホンダ・アヴァンシアの名前が中国市場で大型高級SUVとして復活していた!兄弟車のUR-Vなど国内未導入モデルが熱い!」
     
   

出典元:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17167394

中国市場に導入されているホンダ・アヴァンシアとは?

中国専売アヴァンシアのイメージ

出典元:https://car-news.jp/archives/6823

ここ数年、車の市場ではSUVが人気を高めています。SUVと聞くとまず頭に浮かぶのが北米かもしれませんが、最近では日本でもSUV人気が再熱しております。今回紹介するアヴァンシアが販売されている中国も同様です。

ホンダ限定でSUVをみてみると、どうしても取り込みたいのが中国市場です。なぜ日本市場ではないのかというと、2016年にCR-Xが生産終了しており再販するには競合との差別化を図られなければならないからです。

人気と需要を兼ね揃えた中国は、ホンダが日本でSUVを再販するためにも絶好のターゲットでした。中国でホンダのSUVが5モデル発売されていることからも、SUVの人気が高いことがわかります。

そこで今回は日本では買うことのできない、中国専売車のホンダ・アヴァンシアからピックアップしてみましょう。

広汽ホンダから販売されるフラッグシップSUV

広汽ホンダは、ホンダと広汽集団が共同経営を中国で展開するために設立された会社で、中国で製造と販売を担います。そんな広汽ホンダからアヴァンシアが初披露されたのは、上海モーターショー15の「Concept D」でした。

その後の広州モーターショー16で「Concept D」の市販版として「アヴァンシア(中国名称:冠道)」が発売されはじめ、フラッグシップSUVとして大々的に拡販されています。

アヴァンシアの中国での販売価格は、日本円にして約450万円(26万9800元)とフラッグシップSUVとしては手を出しやすい設定で、ターゲット年齢層を意識していることがよくわかります。

日本でもトヨタ・ヴェルファイアの販売台数が好調なことからわかるように、最近の車市場ではアヴァンシアのような重厚なフェイスフォルムが人気です。アヴァンシアの広々とした車内には、革張りのシートで覆われ高級感があり上品な空間を演出しています。

広汽ホンダのフラッグシップSUVである高級感のある内装と、手に入れやすい価格設定でアヴァンシアの人気が更に高まることが予測されます。

1.5リッターターボにCVTを組合せた240T、2リッターターボに9速ATwo組合せた370T

アヴァンシアは1.5リッターターボエンジン+CVTの240Tと、2リッターターボエンジン+9速ATwoの370Tの2種類のエンジンラインナップから選択できます。

1.5リッターターボエンジン+CVTの240Tは、街乗りでの快適性を高めることができる組み合わせです。ホンダの1.5リッターターボエンジンの特徴はハイパワーであるのに低燃費であり、坂道でのパワー不足を感じさせない走りを実現します。

また、ホンダのCVTは使用される金属ベルトもホンダの理想にあわせるために自社で製作してしまうほどで、職人の魂がこもった1品です。車の機種にあわせて、快適だけれども軽すぎずに乗り応えのある走りを提供します。

2.0リッターターボエンジン+9速ATwoの370Tは、本格的な走りを求めるユーザーに応える組み合わせになり、そのパワーは272ps(馬力)で6500rpmの回転数です。このハイパワーにホンダ独自の9速ATwoが組み合わさることで、燃費の向上がうかがえます。

上級グレードにはホンダセンシング搭載

アヴァンシアの上級グレードにはホンダセンシングが搭載されます。ホンダセンシングとは、「ミリ波レーダー」「単眼カメラ」を駆使して急発進やブレーキアシストなどの安全運転支援システムです。

高い走行性能と安全運転支援システムは、アヴァンシアの購入動機として十分な内容になります。今後のSUV市場でのアヴァンシアの存在感は、ますます大きなものとなることでしょう。

かつて国内で販売されたホンダ・アヴァンシアとは?

新車情報カテゴリの最新記事