ロータス・エキシージに70thアニバーサリーエディション登場!Mk1から現行スポーツ410までの進化の歴史を辿る!

ロータス・エキシージに70thアニバーサリーエディション登場!Mk1から現行スポーツ410までの進化の歴史を辿る!

出典元:http://www.lotus-cars.jp/news/news/lotus-exige-70th-anniversary-edition-%E7%99%BB%E5%A0%B4%EF%BC%81/

ロータス・エキシージ70thアニバーサリーエディションの特徴は?

出典元:http://www.webcg.net/articles/gallery/38804#image-4

ロータス創業者のコーリン・チャップマンがレース用の車を製造して70周年

当時大学生であったコーリン・チャップマンが1928年型オースチン・7を友人のガレージで自分用のレーシングカーに改造し別の車として登録したのが1948年。

今年2018年は創業70周年の記念すべき年にあたります。

ロータスはその長い歴史の間に数々の名車を残してきました。レーシングカーでデビューしたロータスでしたがフォーミュラ2、そしてGTへの参戦を経て市販車の開発も手掛けるようになっていきます。

1960年代にはGTを制覇するなどモータースポーツ界の名門ブランドの仲間入りを果たすなど、着実にその地位を固めていきました。

しかし創業者コーリン・チャップマンの急逝などで経営が悪化し、低迷した時期もありましたが1995年のタイプ111エリーゼが好評を博し、ロータスはその地位を回復します。

そんな山あり谷ありの歴史をたどってきたロータスですが、今回の70周年を記念するモデルにはエキシージスポーツ350が選ばれました。

エキシージスポーツ350がベースで国内16台限定

すでに欧州では25台限定で発売され話題となっていたエキシージ70thアニバーサリーエディションですが、ついに日本でも5月17日、販売が開始。

日本国内では欧州より数は少なく16台限定です。今回の記念エディションのベースとなったのはロータス自慢のエキシージスポーツ350。

公道でもサーキット並みの走りを得られるとして定評のあるモデルです。

3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジン搭載

ベースとなるエキシージスポーツ350の限定仕様車という位置づけのこの70thアニバーサリーエディションでは、パワートレインはそのまま使用されます。

トヨタ自動車製の3.5Lスーパーチャージャーエンジンを搭載し、0㎞/h-100㎞/h到達時間はなんと3.9秒。

記念すべきモデルにふさわしいハイスペックカーが選ばれました。

特別カラーやスポーツシート、軽量ホイール、強化ブレーキ採用

エキシージ70thアニバーサリーエディションの特別カラーも用意されました。

ボディカラーの展開は全部で4色。限定カラーとなる”モナコ・ホワイト”が7台、”エンパイア・グリーン”が2台、”ダーク・メタリック・グレー”が2台、”エセックス・ブルー”が5台という内訳です。

限定モデルとなれば限定色のみの一色展開となるパターンも多いので、4色ものカラーから選べるのは嬉しい限りですね。

エクステリアに使用された専用のスポーツレッドペイントストライプが施されたアクセスパネルやハードトップは一目見て限定モデルであることを窺わせます。

また軽量鋳造のシルバーアルミホイールが上品ながらも存在感を主張し、華やかな雰囲気をもたらすスタイリングのアクセントとしての役割を果たしています。

インテリアには各所に高級自動車内装材として知られる上質なスエードのような肌触りが楽しめるアルカンターラを使用。

ステアリングにもアルカンターラが使用され、その上質感はドライバーが運転するたびにこの車を所有する喜びをもたらすことでしょう。

carteacher

新車情報カテゴリの最新記事