東北道でのスピード超過は注意?!栃木県警がR35GT-Rのパトカーを導入!歴代のスポーツカーベースのパトカーも特集!

東北道でのスピード超過は注意?!栃木県警がR35GT-Rのパトカーを導入!歴代のスポーツカーベースのパトカーも特集!
     
   

出典元:https://k-yasuhiro-recolog.com/gt-r-patrol-car-why-in-japan-in-tochigi-prefecture-why-great-performance-and-amazing-price/

栃木県警に新たに導入される予定のパトカーが、なんとR35GT-Rとのこと!

R35GT-Rといえば、国産最速のスポーツカーともいわれる車です。

これはチェックしておく必要がありそうですね。

国産スポーツカー最速の一台!栃木県警に導入される日産・GT-Rのスペックは?

出典元:https://motor-fan.jp/article/10004637

栃木県警が6月の導入したパトカーが、なんと日産のGT-Rなんです。

先日お披露目会も行われ、そのかっこよさに来場者からは大きな拍手が送られました!

こちら国産最速とも呼ばれるスポーツカーなのですが、そのスペックをチェックしておきましょう。

これを見たら、東北道を通るときには気を引き締めたくなりますよ!

GT-R(R35)の登場

GT-Rといえば日産のスポーツカーですね。

長い歴史のあるGT-Rの中で、R32は全体でいうところの10代目に値するモデルです!

そして栃木県警に採用されたのが高いテクノロジーとパフォーマンスを誇るNISMOシリーズの2018年モデル

2017年11月に発表された最新モデルなのです。

まさにレーシングカーとしての技術が詰め込まれたNISMOですので、これがパトカーとなったということはもう逃げられないということでしょうか!

マイナーチェンジにより外観が変更されたMY12モデル

GT-Rは何度かのマイナーチェンジを行ってきましたが、一番大きく変わったのはMY12モデルでしょうか。

新しくLEDデイライトとリアフォグランプが装備され、上質な高級感がプラス。

さらにテールランプとブレーキランプが4灯同時点灯となったことで、よりレーシングカーらしくなったのかなと感じました。

もちろんスペックも進化し、最高出力が550馬力となってパワフルさにも磨きがかかりました!

最新MY18モデルのGT-R

GT-Rは2017年に2度目のマイナーチェンジがなされました。

これにより、外観がぐっとレーシングカーらしく洗練されたものへと変更されました!

専用のリヤバンパーやリヤスポイラーが特徴的で、どこか近未来的なデザインであるともいえます。

この最新MY18モデルこそが、現在のNISMOというわけなんですね。

これまで採用されてきたスポーツカーベースのパトカー

栃木県警にはGT-Rが採用されましたが、過去にも色々なスポーツカーをベースにしたパトカーが走っています。

主なモデルを紹介しましょう!

ポルシェ・911(930)のパトカー(新潟県警など)

出典元:https://minkara.carview.co.jp/userid/1493764/blog/29713488/

”カエル”という愛称でも親しまれているのが、ポルシェの911です。

最高級のスポーツカーとも称されるほどのハイスペックスポーツカー!

1964年から現在までずっと長く愛され続けているということからも魅力的なスポーツカーなのだということがわかるかなと思います。

そんなポルシェ911の1978年モデルが新潟県警のパトカーに採用。

新潟県警だけでなく、神奈川県警やオランダにオーストリアなどでもパトカーに採用されていました!

フォード・マスタング マッハ1のパトカー(栃木県警)

出典元:https://www.athome.co.jp/vox/jtown/town/21684/

「マッハ1」なんて、名前からして速そうなスポーツカーですよね!

フォードのマスタング マッハ1というのは、1969年に発表されたマスタングのハイパワーモデルです。

栃木県警がパトカーに採用したマッハ1は1973年モデルのものだそうですよ。

現在はパトカーとしては引退しており、栃木県鹿沼市にある免許センターにて展示されています。

ホンダ・NSXのパトカー(栃木県警)

出典元:https://minkara.carview.co.jp/userid/665815/blog/34138369/

ホンダがF1へ参戦するにあたり、世界で通用するスポーツカーをとして開発されたのがNSXでした。

かっこいいデザインが目を引く人気のパトカーです。

そんなNSXは栃木県警のパトカーとしても活躍していました!

栃木県警のイベントには必ず出動していたそうですよ。

また、ナンバーが「・110」であるということでも注目を集めました。

マツダ・RX-7(FD3S)のパトカー(群馬県警など)

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/sikinooka2000/32043889.html

2002年に生産終了となったスポーツカー、RX-7は数多くの都道府県でパトカーとして採用されていました。

千葉、埼玉、群馬、栃木、新潟、宮城、京都で採用され、群馬県警では現在でもイベントなどで展示されるそうですよ!

多くの都道府県で採用されたのはRX-7の4型と呼ばれるもので、とくにMT車でのパワフルさが売りでした。

三菱・GTOのパトカー(奈良県警など)

出典元:http://blog.livedoor.jp/runx2667/archives/55645138.html

三菱のGTOは、長いボンネットが印象的なデザインのスポーツカーです。

元々は日本で4WDタイプで発売されていましたが、北米向けに「3000GT」としてFFタイプも発売されています。

国費で高速隊のパトカーとして購入され、その後全国各地で活躍していたんですよ!

フェンダーミラーデザインが多い中、初のドアミラーパトカーとしても話題となりました。

日産・スカイラインGT-R(R32)のパトカー(神奈川県警など)

出典元:http://blog.livedoor.jp/apple_1/archives/18110501.html

スカイラインGT-Rというのは、冒頭で紹介したGT-Rの前身となるモデルのことです。

1969年に新登場し、その後どんどん進化を重ねて行った人気スポーツカーです。

R32型は1989年に発表された8代目のスカイラインで、二代目スカイラインGT-Rの生産終了から16年後ということで待ちに待った新作でもありました!

そんな新作GT-Rは、三菱のGTOと同様に国費で全国各地へ配備されました。

日産・スカイラインGT-R 4ドアオーテック(R33)のパトカー(神奈川県警など)

出典元:http://nkymtor.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

R32型に続いて発表され、よりパワフルな走りを実現させたのがR33型です。

そのR33型の中でも、スカイラインの生誕40周年を記念したオーテックバージョンを採用したのが神奈川県警と埼玉県警でした。

神奈川県警はパトカーとして、埼玉県警は覆面パトカーとして使っていたそうですよ!

こんなかっこいい覆面パトカーなんて、ちょっとズルい気がしてしまいます。

日産・スカイラインGT-R(R34)のパトカー(埼玉県警など)

出典元:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17058779

スカイラインとしての最後のGT-R、R34型をパトカーとして採用していたのは埼玉県警の高速隊です。

「人に翼を」というキャッチコピーのごとく、飛ぶように走るパワフルさが魅力でした!

スバル・インプレッサWRX STi(GDB)のパトカー(三重県警など)

出典元:https://twitter.com/hashtag/三重県警

人生とは常に自分との戦いである、というコンセプトのもと作られているのがスバルのインプレッサWRX STiです。

その先進技術は世界で戦えるものであり、安心して走れるようにと安全性能にもこだわって作られています。

2005年にマイナーチェンジされた後期型は、警察庁の覆面パトカーにも採用されています!

現在活躍中のスポーツカーベースのパトカー

過去にパトカーとして活躍してきたスポーツカーを紹介しましたが、次に現在も活躍中のパトカーをご紹介します!

日産・フェアレディZ バージョンニスモ(Z33)のパトカー(栃木県警)

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=9Q9UYH1Uryk

なんだか長い名前ではありますが、フェアレディZの特別仕様車です。

なんと、カスタムメーカーのオーテックジャパンとNISMOとのコラボレーションから生まれたモデルなんですよ!

”フェアレディ”という名前のとおり、丸みを帯びた少し優しいデザインが特徴的です。

日産・フェアレディZニスモ(Z34)のパトカー(警視庁)

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=7PmF9OJAuxw

先ほど紹介したNISMO特別仕様車の最新版が、警視庁のパトカーとして採用されています!

交通機動隊や高速隊にて活躍しているとのことなのですが、こんなスポーツカーでも追いかけられたらと考えると…確実に逃げられないですよね。

かっこいいフェアレディZニスモなのですが、パトカーになると一気に圧を感じてしまいます!

トヨタ・マークXモデリスタ+Mスーパーチャージャーの覆面パトカー(警視庁)

出典元:http://netachou.blog.jp/archives/12904448.html

警視庁にはもう1種類、スポーツカーが採用されています。

それがトヨタのマークXモデリスタ!

モデリスタというのはトヨタの純正カスタムブランドで、こちらの車両はスーパーチャージャーでパワーアップした仕様です。

トヨタ最速の車とも呼ばれているこのモデリスタが、警視庁の覆面パトカーとして活躍しているんです!

これはもう逃げられませんね。

GT-Rニスモ(NISMO)パトカーのお披露目は6月15日の栃木県民の日

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=O5t0HZ8YldQ

いかがでしたか?

正直私は、こんなにもパトカーにスポーツカーが採用されているという事実を知りませんでした。

しかし考えてみると、たしかに高速道路などでの違反車を追跡するにはパトカーだって早く走れないといけませんものね。

栃木県警に新しく仲間入りしたGT-Rパトカーは、6月15日の栃木県民の日に開催されたセレモニーでお披露目されました!

今後、このパトカーがどんな活躍を見せてくれるのか…楽しみですね。

 

関連記事:覆面パトカーの特徴やナンバーの見分け方を徹底解説!クラウン・マークXはじめ高速道路で覆パトの可能性がある車種リストはこれ!

新車情報カテゴリの最新記事