砂漠のロールスロイス、レンジローバー/レンジローバースポーツにプラグインハイブリッド(PHEV)モデル追加!ガソリン・ディーゼルモデルと燃費・価格を徹底比較!

砂漠のロールスロイス、レンジローバー/レンジローバースポーツにプラグインハイブリッド(PHEV)モデル追加!ガソリン・ディーゼルモデルと燃費・価格を徹底比較!
     
   

出典元:https://www.euro-car.info/post-11500/

“砂漠のロールスロイス”に新たな進化!プラグインハイブリッドモデルが登場

出典元:http://web.goout.jp/car/57878/

“砂漠のロールスロイス”の異名を持つレンジローバー。中東などのセレブを中心に絶大な人気を持つ、ランドローバーの最上位モデルですね。

そんなレンジローバー/レンジローバースポーツに2018年6月にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルが追加され、予約受注がスタートされました。

燃費がかなりいいなどのメリットがあるため数々の自動車に導入されてきているプラグインハイブリッドですが、ランドローバーシリーズに追加されるのはこれが初めて。今回はプラグインハイブリッドが追加されたレンジローバーの燃費や特徴についてご紹介していこうと思います。

レンジローバー/レンジローバースポーツに追加されたプラグインハイブリッド(PHEV)の特徴は? 

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=y0Rkuo7TteM

レンジローバーとレンジローバースポーツに追加されたプラグインハイブリッドモデル。その特徴はどこにあるのでしょうか。まずは押さえておきたい特徴について解説していきます。

2リッター直4インジニウムエンジンと85kWhのモーターを搭載

レンジローバー/レンジローバースポーツのプラグインハイブリッドモデルに搭載されているエンジンは、2リッター直4インジニウムエンジン。そしてモーターは85kWhのものを搭載しています。

この2つの組み合わせによって得られたトルクは275kWhとのこと。最高速度は220km/hをマークし、100km/hに到達するまでの加速時間は6.7秒ほどと、かなり高いパフォーマンスに仕上がっています。

パラレルハイブリッドモードとフルEVモードの2つの走行モード

走行モードはパラレルハイブリッドモードとフルEVモードの2つを搭載。

パラレルハイブリッドモードはエンジンと電気を組み合わせた走行モードで、バッテリーにされた充電が設定された値よりも下がらないように走行する「セーブ機能」を備えています。ちなみにデフォルトの走行モードはこちらのようです。

フルEVモードはいわゆる“完全電気走行”。エンジンを使わずにバッテリーの電力のみで走行するモードですね。エンジンを使わないため走行中の騒音はほとんど感じないほど静かであることが魅力。また、最長航続距離は51kmを記録したようです。

既存モデルと変わらないオフロード性能

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=jnq4TXAsLGs

レンジローバーの魅力といえば”砂漠のロールスロイス”と呼ばれるほどの高いオフロード性能ですよね。

プラグインハイブリッドとなることでオフロード性能が低下しているのでは、といった声もあったようですが既存モデルと遜色ないオフロード性能をキープしているようです。静粛性能が上がって乗り心地がよくなったうえに、オフロード性能はそのままと至れり尽くせりなモデルといえそうですね。

レンジローバー/レンジローバースポーツのプラグインハイブリッド(PHEV)と既存モデルの燃費・価格などのスペックを徹底比較!

出典元:http://forzastyle.com/articles/-/52443

プラグインハイブリッドモデルが登場したとなると、やはり気になるのは既存のモデルとのスペックの違いですよね。

特にプラグインハイブリッドとなることで燃費にかなり差がついたのではないか、と気にしている方も多いはず。次は既存のモデルとスペックを比較していこうと思います。

レンジローバーの3.0リッターV6ターボチャージドディーゼルとプラグインハイブリッドモデルを比較

これまでレンジローバーで最も燃費がいいとされてきたのは3.0リッターV6ターボチャージドディーゼル。そのため今回は3.0リッターV6ターボチャージドディーゼルと比較していこうと思います。また、グレードはヴォーグのスタンダードホイールベースとします。

  3.0リッターV6ターボチャージドディーゼル プラグインハイブリッドモデル
最高出力 258ps/61.2kgm 404ps/65.3kgm
燃費 12.4km/L 35.7km/L
最高速度 209km/h 220km/h
価格 1,452万円~ 1,508万円~

やはり燃費には大きな差がついていて、その差は2倍以上にもなるようです。それでいて価格にはそこまで大きな差はなく、プラグインハイブリッドモデルはこれ以上ないほど経済的に乗りこなせるレンジローバーになるかも。

新車情報カテゴリの最新記事