トヨタ・86にGRMN/GRに次ぐエントリースポーツモデルのGRスポーツ追加!通常グレードのGTやGRとの違いを徹底比較!

トヨタ・86にGRMN/GRに次ぐエントリースポーツモデルのGRスポーツ追加!通常グレードのGTやGRとの違いを徹底比較!
     
   

出典元:https://hypebeast.com/jp/2018/7/toyota-86-gr-sport

トヨタ・86に新たに追加されたGRスポーツの特徴は?GTなどの通常モデルとはどこが違う?

出典元:http://car-report.jp/blog-entry-1666.html

2017年10月に登場したトヨタの「86 GR」。それ以前に限定生産で発売された「86 GRMN」の量産型といえる存在で、希少だったGRMNに近いモデルを手に入れるチャンスとして話題になりましたね。

とはいえそんなGRも決して安価とはいえない価格がネックでした。「欲しかったけどさすがに5,000,000円は手が出なかった」という方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方に朗報ともいえるのが2018年7月に発売された「86 GRスポーツ」です。こちらはGRを手軽に楽しむためのエントリーモデルとして発売された新モデルになります。

今回はこのGR スポーツについてGRと比較しつつ紹介していくので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

GRスポーツ専用エアロとアルミホイールでドレスアップ

トヨタの新スポーツブランドであるGRシリーズには、GRシリーズのために開発された専用のエアロパーツやアルミホイールが大きな魅力の1つ。

専用パーツによる通常のモデルとは一味違った高級感がファンの心をくすぐりますよね。これまではヴィッツGRなどにも搭載されてきたので気になっている方も多いと思います。

もちろん86 GRスポーツも紛れもなくGRシリーズの1種なので、この専用エアロパーツとアルミホイールが搭載されていることがまず1つのポイントです。この部分はGTとの大きな差になりますね。

ブレンボブレーキとリアサスメンバーブレースで走りを強化

GRスポーツには走りを強化するためのブレンボブレーキとリアサスメンバーブレースが搭載されています。

ブレンボブレーキとは、これまで数々のスーパーカーやレーシングカーにも扱われてきたブレーキで、目に見えてレベルが高いストッピング性能と、高い耐久性が魅力です。ホイールの向こうにわずかに覗く赤いブレンボブレーキは、車好きから一目置かれるワンポイントに。

リアサスメンバーブレースは、サスペンション自体の高い性能をフルに引き出すためのもので車線変更時やわだちでの不安定さを軽減させるためのパーツ。GRスポーツ特有の走りのスピード感から、ちょっとした違和感を少しでも削るための存在ですね。

これら2つが搭載されていることによって、走りの質もグッと引き上げられています。

小径ステアリングと専用メーターでスポーティな内装

出典元:https://www.as-web.jp/car/386518/attachment/20180702_03_03

走りだけではなく、よりスポーティな質感を楽しむために内装にもこだわられているのがGRの魅力の1つ。86 GRスポーツの内装にも小径ステアリングと専用メーターが採用されていて、ドライバーも視覚・触覚でその高級感を楽しめる設計になっています。

また、銀色に輝くアルミホイールもスポーツカー好きにはたまりませんね。

MTとATモデルを選択可能

エントリーモデルだとMT・ATのどちらかしかない、といったスポーツカーもありますが86 GRスポーツはMT・ATが選択可能となっていることも大きな魅力。

MTによる車とドライバーとの一体感を楽しみたい方にも、運転に自信がなくATで快適にドライブを楽しみたい方にもおすすめできるモデルです。

86GRスポーツと既存のGRや限定販売されたGRMNとはどこが違う?

出典元:https://www.gran-turismo.com/sg/gtsport/user/profile/2635179/gallery/all/livery/2635179/1/7071285906414503448

今回、86 GRのエントリーモデルとして発売された86 GRスポーツですが、その主な違いはどこにあるのでしょうか。次はこちらについて解説していこうと思います。

86GRとGRスポーツのエアロパーツ・ホイールの違い

86GRとGRスポーツのエアロパーツの大きな違いには専用フロントスポイラーのアンダーリップの有無があります。GRにはアンダーリップが付いていますが、GRスポーツにはアンダーリップがありません。

アンダーリップの有無によって走りの差があるかどうかは乗り手の感覚に左右されますが、その見た目は大きく変わりますね。一般的にはアンダーリップがある方が見た目がスポーツカーらしいといわれています。

ホイールはGRはレイズ製のホイールが採用されていますがGRスポーツにはブレンボ製のアルミホイールが搭載されていることも大きな違いの1つです。

また、GRには剛性を高めるためのフロントステアリングラックブレースが搭載されていますがGRスポーツには搭載されていません。フロントステアリングラックブレースがないからといって致命的に剛性が下がるわけではありませんが、気になる方には大きなポイントになりそうです。

86GRとGRスポーツのインテリアパーツの違い

出典元:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17137262

内装での大きな違いはシート。86GRには高級車にお馴染みのレカロシートが搭載されています。対してGRスポーツにはレカロシートは搭載されていないので、座り心地に違いを感じるかも。

とはいえ内装での違いはシートのみで、メーターなどのほかの部分に違いはありません。内装で決めたい!という方はシートだけチェックすればOKです。

GRとGRスポーツの価格の違い

86 GRとGRスポーツの各種パーツの違いを見ると、エントリーモデルということだけあってGRスポーツの方に物足りなさを感じてしまうかもしれません。

とはいえその分、価格にも大きな違いがあります。GRは4,968,000円~なのに対してGRスポーツは3,780,000円~と、その差は1,200,000円ほどにもなるのです。

GRに比べると、エントリーモデルとして十分な価格設定となっていますよね。

エンジン内部もチューニングされたGRMN

86 GRMNとGR・GRスポーツとの大きな違いにはエンジンの違いがあります。

GRMNのエンジン内部はGRMN用にチューニングされています。馬力に大きな違いこそないもののピストンやピストンピンを改善・向上しアクセルを踏み込んだときのレスポンスが大きく向上されていると好評です。

その違いはトヨタの「GRガレージ」で確かめるのもオススメ

出典元:https://motor-fan.jp/article/10003684

文字や画像だけだとどう違うのかイマイチイメージできない、という方は「GRガレージ」にアクセスしてみてはいかがでしょうか。

GRガレージには86 GRを初めとしたGRシリーズの試乗車が常設されているのでその違いを見て、乗って感じることができます。とはいえGRシリーズすべてのモデルが常設されているわけではないのでアクセスする前に、問い合わせてみるのがオススメですね。

GRガレージは全国に40以上の店舗があります。トヨタの公式サイトから店舗の住所などをチェックできるので、気になる方はまず以下のリンクからそちらにアクセスしてみてください。

トヨタ GRガレージ

86GRスポーツと併せて発売になったGRパーツとは?GTなどをベースにGRスポーツに仕立てることも可能?

出典元:https://gazoo.com/impression/w0000138572.html

86 GRスポーツの発売と同じタイミングで、86 GRに搭載されている専用パーツを自分好みに購入してカスタマイズできる「GRパーツ」も発売されました。

こちらのターゲットは標準車向けとなっていて、いってしまえば「86 GTをベースにGRスポーツ風にカスタマイズ」することも可能となっています。

自分好みにカスタマイズすることが好きな方にとっては、こちらも見逃せないビッグニュースですよね。最後にこちらについて詳しく解説していこうと思います。

7月に発売のパーツ

7月に発売されたパーツは以下の通りです。

パーツ 価格
GRフロントスポイラー(アンダーリップ付)&バンパーサイドフィン 178,200円
GRフロントスポイラー(アンダーリップ無)&バンパーサイドフィン 162,000円
GRリヤスポイラー 58,320円
GR小径本革巻き3本スポークステアリングホイール 60,480円
GRスタートスイッチ 15,120円

高級感あふれるステアリングなどの、GRの魅力を語るうえでは外せない装備が目白押し。ディーラーで取り付けてもらえるので、自分でのカスタマイズに慣れていない方でも安心して購入できます。

10月発売のパーツ

販売されるGRパーツは上記のものだけで終わりではなく、10月には以下のパーツの発売も予定しています。

パーツ 価格
レイズ製GRアルミホイール&フロント6ポッド・リヤ4ポッドブレーキセット(フロント:17×7 1/2J、リア:17×8 1/2J)<1台分> 1,238,220円
レイズ製GRアルミホイール(フロント:17×7 1/2J、リア:17×8 1/2J)<1台分> 385,020円
レイズ製GRアルミホイール(17×7 1/2J)<1台分> 315,360円
GRフロントステアリングラックブレース 20,520円
GRリヤサスペンションメンバーブレース 48,600円

GRのクールな見た目の要因の1つであるレイズ製アルミホイールが販売されるのは嬉しいところ。こちらでGTの見た目をガラッとチェンジしてみるのもいいかもしれませんね。

最後に

出典元:https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/23224853.html

GRに比べると新車価格が1,000,000円以上安価になり、一気に入手のハードルが下がった86 GRスポーツ。

値段の引き下げに伴ってパーツの削減もされていますが、GRならではの走り・満足感を体感できるだけの十分なスペックを持っているといえるのではないでしょうか。気になる方にはぜひ1度、試乗してみることをおすすめします。

新車情報カテゴリの最新記事