ボルボ・V60がフルモデルチェンジして国内発売!新型は全幅を狭めて取り回し向上、プラグインハイブリッドのT6/T8も来年導入!

ボルボ・V60がフルモデルチェンジして国内発売!新型は全幅を狭めて取り回し向上、プラグインハイブリッドのT6/T8も来年導入!
     
   

出典元:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60

新型ボルボ・V60の特徴は?旧型から進化したポイントやサイズの違いは?

出典元:http://www.volvocars-niigata.com/lp/v60/

約7年ぶりのフルモデルチェンジを遂げたV60。

各メーカーの主力が並ぶDセグメントカテゴリーで生き残るため、ボルボが求める理想を詰め込んでいます。

新しく生まれ変わったV60が掲げるのが、「躍動する走りと多用途性の融合」。

一体、これまでのV60とどこが変化したのか?見ていきましょう。

【無料紹介】ボルボV60の購入や試乗をご検討ならイキクルが優遇ディーラーをご紹介!

新型プラットフォームを採用、荷室容量はクラス最大級

出典元:http://newcar-magazine.com/blog-entry-976.html

まず触れたいのが、新型プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」採用によるボディサイズのアップとフォルムの改良

旧型と新型の寸法・重量をまとめましたので、こちらをご覧ください。

  旧型 新型
全長 4635mm 4760mm
全幅 1865mm 1850mm
全高 1480mm 1435mm
ホイールベース 2775mm 2870mm
車両重量 1560kg 1700kg
乗車定員 5名 5名

新型V60では、全長で125mm、ホイールベースは95mmも拡大。旧型ではややスポーティだったボディフォルムが、今回のサイズアップでより四角く変化

ボルボといえば「ステーションワゴン」、というような従来のイメージに回帰した気がします。

このフォルム変更のより、室内空間はより広々に。ラゲッジスペースはクラストップレベル529リッターの大容量を実現し、実用性は大幅に向上しています。

さらに、車幅と車高を下げることで日本の狭い道や駐車場事情にも配慮。

そして、新型プラットフォームがもたらしたのは実用性の向上だけではありません。

ラグジュアリー感が増した北欧デザイン

出典元:https://www.sapo.pt/noticias/motores/volvo-anuncia-precos-da-nova-v60_5ac76546e9909db525c9f789

北欧テイストのデザインは、全体に温かみと気品をもたらしてくれています。

武骨なイメージはよりスタイリッシュに。

北欧神話に登場するトール神のハンマーをモチーフとしたT字型のLEDヘッドライト。シャープなショルダーライン。

これら美しいディテールと機能性が高い次元で融合した”新世代ボルボ”にふさわしい佇まいです。

ボルボの安全装備シティセーフティに対向車対応機能を追加

”ボルボ=安全”。そんなイメージを抱く方も多いのではないでしょうか?

数々の安全神話を可能にするのが、同社が誇る先進安全・運転支援機能「INTELLISAFE(インテリセーフ)」。

このセーフティネットにボルボ初の装備が追加されました。

それが対向車衝突回避・軽減フルオートブレーキシステムです

車線を逸脱して近づいてくる対向車との衝突を避けれない、とシステムが検知すると自動ブレーキを作動させて、衝突時の衝撃緩和を支援する先進の安全機能です。

最大で10km/hの衝突速度を軽減してくれます。

上記の機能を加え、更に強固になった世界最先端の安全装備たち。V60にはいずれも標準装備として搭載されています。

輸入車初の無償で新車5年保証

ボルボでは、新型V60を対象に距離無制限の新車保証制度を設けています。

自動車部材に不良・不具合が生じた際は、無償修理するというものです。保証期間は5年間。

新車情報カテゴリの最新記事