三菱・トライトン(L200)がマイナーチェンジでスタイリッシュに大変身!ハイラックスはじめ海外でしのぎを削る国産ピックアップトラックは?

三菱・トライトン(L200)がマイナーチェンジでスタイリッシュに大変身!ハイラックスはじめ海外でしのぎを削る国産ピックアップトラックは?
     
   

出典元:https://www.webcg.net/articles/-/39793

三菱・トライトン(L200)とは?海外専売モデルとなっている新型の特徴は?

初代はストラーダの後継として登場、日本でも販売

出典元:https://minkara.carview.co.jp/userid/227005/blog/41245924/

小型バイクも楽に載せられる荷台や二列シートはドライバーをストレスフリーにする空間です。タイヤはやや小さめですが、オフロードにもバッチリ対応できる三菱ストラーダが生産されていました。その後継車として開発されたのが三菱の初代トライトンです。

ボディラインは丸みを帯び、都市部での走行にもあった洗練されたデザインが特徴です。初代トライトンの生産は2005年に開始されました。車両はタイ王国の工場ラインから世界各地へと出荷されています。豪快なフォルムから海外ウケのいい見た目が魅力です。

一部の海外向け車種では荷台部分がすっぽり覆われたスタイルの車種もあります。一方で初代トライトンは美しいフォルムへと転身し、過去のストラーダとは一線を画したモデルとなっています。

現行モデルは2014年に販売スタート

出典元:https://motor-fan.jp/article/10006483

三菱トライトンの二代目は2014年から市場へ出回ります。タイヤとボディとの幅はストラーダと同じく大きめにとってあるのがポイントです。

ここにストラーダ後継車としての名残が見られます。雪国の読者はよく知っているでしょうが、このタイヤと車体との隙間はとても重要です。ブリザードで雪が固まっても空間が広く取られているため、問題なく走ることができます。

これがセダンの場合、凍結した雪がタイヤと車体との間に詰まって走行できなくなります。実はスリップの危険よりもタイヤと車体の間で固まった雪によるトラブルの方が多いのです。

二代目トライトンの大きな変化はクリーンディーゼルが導入されたことに尽きます。ディーゼルは日本ではマイナスイメージがありますが、ヨーロッパでは歓迎されています。

燃料も安価で排気シャフトに小さなカバーを取り付けるだけで地球温暖化の原因を大きく防げると好評です。端から敬遠するのではなく、試しに使ってみてから決めるという考え方を日本側にも取り入れてみるのもいいでしょう。今後は日本仕様でも採用されるといいですね。

ダイナミックシールドフェイスを採用した新型発売

出典元:https://clicccar.com/2018/10/16/640292/

荒野もダイナミックに走り抜けることのできる三菱のトライトン。2018年のマイナーチェンジではフロント部分が改良されました。まるで大型バンパーを設置しているかのようなタフなデザインが”ダイナミックシールドフェイス”です。

大胆なデザインは三菱の良さを具現化したスタイルです。これはサイドをスタイリッシュにし、中のフレームを大きくとることで実現しました。トライトンに乗れば雄大なアリゾナの大地を駆ける爽快なドライブが体感できることでしょう。

オフロードモードを備えた従来からの走破性に先進安全装備も追加

三菱のデザイナーが心掛けたのはオフロードワークの機能性です。車高のサイズに気を配り、サイドいっぱいにまで広げた見やすいテールランプがポイントです。さらには岩場、砂地などの走行環境別にドライビングを楽しめるよう技術の粋を尽くしました。

特に採石場のようなタフな現場での使用にも耐え得るよう設計されています。ゆったりとしたシートやハンドリングの快適さもワーカーの一日の疲れを癒してくれることでしょう。

新車情報カテゴリの最新記事