スバル・インプレッサWRX STIの進化の歴史を振り返る!各世代のスペックや装備の違いなど、初代GC8からインプレッサとして最後のモデルとなるGRB/GVBまで徹底比較!【前編】

スバル・インプレッサWRX STIの進化の歴史を振り返る!各世代のスペックや装備の違いなど、初代GC8からインプレッサとして最後のモデルとなるGRB/GVBまで徹底比較!【前編】
     
   

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

スバル・インプレッサWRX STi第1世代(GC8/GF8)

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

1989年、スバルから1台の車が誕生しました。レガシィです。レガシィはその後、大ベストセラーとなり、これにより、それまでのスバルのイメージが一転したのです。

1992年スバル・インプレッサは、その波にのるかのごとく、大衆車であるレオーネの後継車種として誕生しました。

その後、WRC(世界ラリー選手権)への参戦とともにSTI (当時はSTiと「I」のみ小文字の表記だった)のコンプリート車、WRX STiが登場します。STiとはスバルテクニカルインターナショナル(株)を指し、スバル社直下のマシン・チューニングのプロフェッショナルな会社です。

今回はそのスバル・インプレッサWRXシリーズの中でも、STiバージョンのみにスポットを当てて解説していきたいと思います。

初代モデルから第3世代まで、計3回に渡っての解説です。各記事の最後には紹介した全グレードの性能一覧表を作成しましたので合わせて参考にして下さい。

【最新型も!】新車でスバルのインプレッサ購入するなら!イキクルが最大値引きディーラーご紹介!

インプレッサ/インプレッサスポーツワゴンWRX STiバージョン発売

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

1994年1月、STI(スバルテクニカインターナショナル)社のコンセプトを多大に取り入れたWRX STiが発売されました。

エンジンはハンドメイドによる組み立てということもあり、月50台という生産量だったためかなり希少なモデルとしての発売です。

また、当時は改造車扱いとされたため、新車購入時には陸運局で許可を受ける必要がありました。スバルには今でも新車の時点で改造車というグレード車種が存在しますが、その辺りは、このWRX STiの名残といっても良いかもしれません。

セダンにWRXタイプRA STiバージョン追加

1994年11月WRX タイプRA STiバージョンが発売されます。

RAとは「Record Attempt」という意味で「記録への挑戦」という意味が込められての命名です。既存のWRX STiをさらにサーキット・競技用仕様にカスタマイズして発売されたモデルとなっています。

この頃になると、インプレッサはスバルにおけるスポーツモデルの定番になりはじめていた時期。このRAの発売により、マニアックな固定ユーザーをさらに定着させた形となりました。

カタログモデルとして発売されたWRX STiバージョンII

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

1995年8月になると期間限定モデルとしてWRX STiバージョンIIが登場します。

今までの改造車扱いであったWRX STiと違い、正規のカタログモデルとしての発売です。同時に競技用ベースのRA STiが、タイプRA STiバージョンⅡとしてバージョンアップします。

エンジン性能を向上させるためにさまざまな工夫が施されました。たとえばシリンダーヘッドに熱処理を加えてDOHCのバルブ駆動に直動式(ダイレクト式)を採用した他、ノッキング防止による燃費向上が見込める中空バルブなどが採用されています。

限定モデルのWRX STiバージョンII555とVリミテッド発売

スタンダードモデルとなる前述のSTiバージョンⅡと同じタイミングで、WRX STiバージョンⅡ555も限定発売されます。

WRCに参戦している「インプレッサ555」のレプリカで、同じブルーのボディーカラー&外装が再現されました。販売台数はネーミングにちなんで限定555台のみ。STiの技術を各所に投入して再現された車はレース好きにはたまらないモデルとなりました。

この1995年に開催されたWRC (世界ラリー選手権)において、スバルはWRCドライバー・チャンピオンWRCメイクス・チャンピオンの両方の王座を獲得します。

歴代名車カテゴリの最新記事