【全ドライバー必見】JAF事故回避トレーニング動画の内容が「運転あるある」すぎて怖い。

【全ドライバー必見】JAF事故回避トレーニング動画の内容が「運転あるある」すぎて怖い。
     
   

危機回避トレーニング
出典: 公式サイト

誰でも交通事故は起こしたくないもの。

それでも、運転しているとヒヤリハットは避けられません。

実は、JAFはそんな交通事故を防止するために危険予知トレーニング用の動画を公開しています。この手の動画は教習所で見飽きたかもしれませんが、このJAFの動画かなりリアルに作られているんです。

たくさんの動画が公開されていますが、今回は編集部が特に事故を予防するために見ておくべき10種類の動画を紹介します。

ヒヤリハットあるある動画10選

1.夜道あるある:無灯火自転車

夜間にセンターラインのない道路で対向車とすれ違おうとしています。右端には対抗車の前に自転車らしいライトが見えます。

右側の自転車がこちらの正面に来ないかを注意して、対抗車とすれ違うように道路の左端に寄ります。

すると、突然道路の左側をこちらに向かって走ってくる無灯火の自転車が現れました。

怒り無灯火で走ってんじゃねーよ!!

あぶなく自転車と衝突するところでした。夜間は様々な方向に注意する必要があります。

出典:SCENE11 夜間編その2

駐車場は「出る瞬間」に要注意

スーパーの駐車場などで、お母さんとお姉さんの後を追って男の子が歩いています。

その時、三人の後を追っていたら、突然ミニバンがバックしてきました。

このケースは2つの注意点があります。小さな子供は車がバックするときのバックランプには気が付きません。お母さんが、子供の位置に目を配って歩くことが必要でした。

また、ミニバンは特に、左斜め後方向が見づらいので、同乗者に後ろを見てもらえば良かったのです。

出典: 危険予知トレーニング

カーブミラーを有効活用しよう

見通しの悪いカーブを曲がろうとしています。やってくる対向車の後ろには自転車。

減速して曲がろうとしますが、自転車を避けようと現れた新しい対向車はセンターラインを大きくはみ出して曲がって、危うく接触しそうになりました。

怒りカーブで自転車抜かそうとするなよ!!

見通しが悪く、歩行者や自転車が多いカーブではカーブミラーに普段以上に注意するようにしましょう。今回のケースでは、対抗車の運転手は、前の自転車が気になり、対抗車の存在に気が付きませんでした。

そもそも、狭くて見通しが悪いカーブで抜かそうとするのはやめた方がいいでしょう。

出典: 危険予知トレーニング

ニュース・コラムカテゴリの最新記事