三菱・ランサーエボリューションの進化の歴史を振り返る!各世代のスペックや装備の違いなど、初代から最終ランエボ10まで徹底比較!

三菱・ランサーエボリューションの進化の歴史を振り返る!各世代のスペックや装備の違いなど、初代から最終ランエボ10まで徹底比較!
     
   

出典元:http://japancar.livedoor.biz/archives/635755.html

ランエボの愛称で多くの車ファンから親しまれて来たランサーエボリューション。車に詳しくなくてもその名前を一度は聞いたことがあることでしょう。

1992年に初代が発売されて以降、4度のモデルチェンジを繰り返し、2016年に全グレード生産終了となりました。

生産終了しても多数のファンがおり愛され続けています。そんなランエボの歴史を振り返っていきます。

【全国OK!】ランエボでもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

ランサーエボリューション第1世代、ランエボI~III(CD9A/CE9A)

初代エボリューション(エボ1)

出典元:https://noticias.coches.com/fotos-de-coches/mitsubishi-lancer-evolution-i-1992/64429#foto

WRC(ワールドラリーカー)として、ホモロゲーション取得のため1992年に作られたエボ1。ランエボの歴史の中でも最も小柄で軽量なのでこの車を使ってレースに出るのもありでしょう。

性能は良かったと言い難い出来だったにも関わらず、当初予定されていた2,500台がすぐに完売となり、追加で販売されることになりました。

エボ1はラリーに出場したものの、唯一優勝することができなかったランエボです。ここからランエボの歴史がスタートしました。

エボリューションII(エボ2)

 

出典元:https://www.autoevolution.com/news/mitsubishi-lancer-evolution-through-the-years-106874.html

走行性能が悪かったエボ1を徹底的に改良しエボ2は販売されました。こちらも限定販売のため購入できなかった人が多数、中古市場でエボ2を探す人も少なくなかったようです。

エンジン、吸排気、ボディ剛性、ハンドリング、サスペンションなど…。目に見える改善点はほとんど無かったものの大幅な改良がなされました。

翌年の1995年に初めてラリー戦で優勝を遂げ、世界でもその名を轟かせました。それ以降多くのタイトルを獲得することとなります。

エボリューションIII(エボ3)

出典元:https://www.autoevolution.com/news/mitsubishi-lancer-evolution-through-the-years-106874.html

エボ3は、トミー・マキネンにとって初となるドライバーズタイトルを獲得した車として知られています。2度目のマイナーチェンジで1995年に販売開始となりました。

エクステリアではリアウイングの拡大、フロントバンパーの形が少し変更されました。

何と言ってもエボ3は、ジャッキーチェン主演の映画「デッドヒート」に登場しており大きな話題となりました。三菱車が多数登場した映画のため、多くの車好きが映画館に足を運んだことでしょう。

ランサーエボリューション第2世代、ランエボIV~IV(CN9A/CP9A)

エボリューションIV(エボ4)

出典元:https://www.autoevolution.com/news/mitsubishi-lancer-evolution-through-the-years-106874.html#agal_13

初代ランエボが販売開始して4年という短めスパンでフルモデルチェンジが行われました。

見た目が大きく変更され、特徴的で大きな丸型のフォグランプが取り付けれました。これまでのランエボはシュッとした感じがありましたが、2代目からはゴツくなった印象がありますが。ですがサイズにはほとんど違いがありません。

歴代名車カテゴリの最新記事