日産・スカイラインGT-Rの歴史を振り返る!ハコスカ・ケンメリからR32・33・34の各モデルのスペックの違い、限定モデルも徹底解説!

日産・スカイラインGT-Rの歴史を振り返る!ハコスカ・ケンメリからR32・33・34の各モデルのスペックの違い、限定モデルも徹底解説!
     
   

出典元:https://socom.yokohama

S20エンジン搭載、第1世代のスカイラインGT-R

ハコスカGT-R(PGC10、KPGC10)

出典元:https://autos.goo.ne.jp

  全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) ホイールベース(mm)

駆動方式 最高出力 最大トルク
PGC10 4,395 1,610 1,385 2,640 FR 160PS 18.0kgf・m
KPGC10 4,330 1,665 1,370 2,570 FR 160PS 18.0kgf・m

初代の日産・スカイラインGT-R(PGC10)が発売されたのは1969年。日産自動車と合併したプリンス自動車工業のプリンス・スカイライン2000GT-Bがルーツです。4ドアセダンの2000GT-Bは当時、国内のツーリングカーレースで活躍する高性能車でした。

68年の東京モーターショーでは、スカイライン2000GT(GC10)のボディを使ったスカイラインGTレーシング仕様が展示されました。

これは、国産初のプロトタイプレーシングカー、プリンスR380(後の日産・R380)のエンジン(GR8型)を基に開発された直列6気筒DOHC、S20型を搭載したもの。GTレーシング仕様がほぼそのまま市販されたのが、初代スカイラインGT-Rでした。

箱形のようなフォルムから、ハコスカの愛称で親しまれた初代GT-Rは、まさに「羊の皮を被った狼」。70年にはホイールベース短縮でボディ剛性と旋回性能を高めた2ドアハードトップ(KPGC10)が追加され、日本グランプリレース大会などを席巻します。

マツダのロータリーエンジンという強力なライバルがいたにもかかわらず、初代スカイラインGT-Rは日産がレースのワークス活動を休止する72年までに、国内レースでクラス49連勝という大記録を樹立。GT-Rは、早くも伝説を築き上げたのです。

【全国OK!】スカイラインでもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

2代目ケンメリGT-R(KPGC110)

出典元:https://kurutopi.jp

  全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) ホイールベース(mm) 駆動方式

最高出力 最大トルク

KPGC110 4,460 1,695 1,380 2,610 FR 160PS 18.0kgf・m

1973年に登場した2代目のスカイラインGT-R(KPGC110)「ケンとメリーのスカイライン」という広告キャンペーンからケンメリと呼ばれ、当時の若者らに人気でした。この2代目から、スカイラインのテールランプが丸形4灯へと変更されます。

前後のオーバーフェンダーやリアスポイラーなどを装着したスタイリングは、初代GT-Rと同様、サーキットでのポテンシャルの高さを想像させるもの。エンジンもS20型を搭載していました。しかし、これが悲運を招くことになったのです。

オイルショックの最中、S20型は1973年の排出ガス規制に適合できず、わずか3ヶ月、197台をもって生産中止の憂き目に。レース活動も全く行われませんでした。この2代目をもって、サーキットでの栄光を刻んだGT-Rの名は途絶えることになります。

RB26エンジン搭載、第2世代として復活を果たしたR32スカイラインGT-R

3代目スカイラインGT-R(BNR32)

出典元:https://tasug.jp

  全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)

ホイールベース(mm) 駆動方式

最高出力 最大トルク
BNR32 4,545 1,755 1,340 2,615 4WD 280PS 36.0kgf・m

2代目ケンメリGT-Rの生産終了から16年。1989年、8代目のスカイラインで輝かしいGT-Rのエンブレムが復活します。全日本ツーリングカー選手権への参戦を前提とした3代目スカイラインGT-R(BNR32)です。キャッチコピーは「人に翼を。」でした。

歴代名車カテゴリの最新記事