日産・GT-R 50 byイタルデザイン、1億円以上の限定生産モデルを銀座のショールームで展示中!日本国内での発売予定は?

日産・GT-R 50 byイタルデザイン、1億円以上の限定生産モデルを銀座のショールームで展示中!日本国内での発売予定は?
     
   

出典元:https://gt-r50.nissan/#/jp/gallery

日産・GT-R 50 byイタルデザインとは?カタログモデルのGT-Rとはどこが違う?

出典元:https://gt-r50.nissan/#/jp/gallery

日産が内外装をデザイン、イタルデザインが開発・生産

今回ご紹介する日産・GT-R 50 byイタルデザインは、2018年7月に英国で開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018にて世界初披露されました。

GT-Rのイメージを覆すスタイリッシュなその姿に衝撃を受けた方も多かったのではないでしょうか。このスペシャルなGT-Rは内外装のデザインを日産デザインヨーロッパ、そして日産デザインアメリカが行い、開発と設計、生産はイタリアの自動車デザイン会社「イタルデザイン」の手によって行われました。

日本生まれのGT-Rの欧米解釈版、という趣でしょうか。リアの丸目4灯など、いたるところにスカイライン時代からのGT-Rを思わせる意匠はあるにも関わらず、全く違う空気を纏ったモデルになっています。

【全国OK!】GTRでもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

GT-Rニスモをベースに720馬力までパワーアップ

この特別なGT-Rは、現行のGT-R NISMOをベースにして開発されています。GT-R NISMOは日産のハイパフォーマンスモデルの頂点を極めたモデル。

2014年に登場しましたが、ニュルブルクリング北コースで7分8秒679を記録し当時の量産車最速ラップタイムを記録しています(NISMO専用オプションパック装着車)。

このGT-R 50 byイタルデザインが凄いのはデザインだけではありません。もちろんパワートレインにも手が加えられ、ニスモが手組みで仕上げたという3.8LV6 VR38DETTエンジンはなんと最高出力720ps、最大トルク780Nmを発揮するというから驚きです。

ベース車両のGT-R NISMOよりも最高出力は120psも上回るこのエンジンは大口径のツインターボチャージャー、大型インタークーラーを備え、吸排気システムも改良されています。

また新開発のサスペンションシステムはビルシュタイン・ダンプトロニックを採用し、桁違いのパワーを発揮するエンジンに対応するためタイヤはミシュランのパイロット・スポーツを搭載。もちろんホイールは専用デザインです。

ボディは全てオリジナルデザイン

出典元:https://gt-r50.nissan/#/jp/gallery

ベースはGT-R NISMOとしながらも、GT-R 50 byイタルデザインのボディは完全にオリジナル設計。フロントフェンダーの大きな口のような特徴的なエアアウトレットにはマットな輝きを放つエナジェティックシグマゴールドの「サムライブレード」を採用。

このエナジェティックシグマゴールドはリアやサイド、インテリアにも施され、このモデルを特徴づけるアクセントカラーになっています。展示されたプロトタイプの艶やかなボディカラー「リキッドキネティックグレイ」との対比で非常に色気を感じさせます。

この質感、そしてカラーセンスがこれまでのGT-Rにはなかった優美さを与えています。美しくドレスアップした女性が乗っても似合いそうな、そんな雰囲気さえ感じさせる仕上がりです。

販売価格は90万ユーロ以上、世界50台限定

気になる価格ですが、価格はなんと90万ユーロから。日本円にして約1億1,700万円です。しかも実際の購入に際してはオーナーの意向に沿って様々なカスタマイズが行われるということですから、これにまたかなりの値段がプラスされることになるのでしょう。

新車情報カテゴリの最新記事