スバル・インプレッサWRX STIの進化の歴史を振り返る!各世代のスペックや装備の違いなど、初代GC8からインプレッサとして最後のモデルとなるGRB/GVBまで徹底比較!【後編】

スバル・インプレッサWRX STIの進化の歴史を振り返る!各世代のスペックや装備の違いなど、初代GC8からインプレッサとして最後のモデルとなるGRB/GVBまで徹底比較!【後編】
     
   

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

スバル・インプレッサWRX STI第3世代(GRB/GVB)

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

鷲目になった第2世代は好調に売上を伸ばしながらWRXはフルモデルチェンジが行われ、三代目となる第3世代へと引き継がれることになります。

そして登場した新しい第3世代のスタイルは、いままでの4ドアセダンから5ドアハッチバックのボディとして生まれ変わりました。

同じようにWRX STIもフルモデルチェンジされ、ここに5ドアハッチバックのWRX STIが誕生するのです。

【最新型も!】新車でスバルのインプレッサ購入するなら!イキクルが最大値引きディーラーご紹介!

ハッチバックボディに専用ワイドフェンダーを採用したWRX STI発売

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

2007年10月、三代目となるWRX STIが登場します。

今までセダンだったWRX STIは、なんと5ドアのハッチバックでの登場となりました。走行性能、ボディ周り、ヘッドライト、グリルなど、フルモデルチェンジに恥じない内容のグレードアップとなっています。

カラーは全部で7色用意され、定番であるWRCカラーのWRブルーマイカも健在。ファンの納得いくモデルチェンジとなっています。

WRX STI 20thアニバーサリー限定発売

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

2008年10月STI社の設立20周年を記念した特別仕様車、WRX STI 20thアニバーサリーを発売。

特にハンドリング性能の向上に重点を置き、ドライバーが曲がろうと思った瞬間に曲がれるようなハンドリング性能を目指して開発されました。

その他、シャシーを中心にSTIによるチューニングが全体的に施されています。インテリア内のシフトノブとエンジンスターターボタンにはSTIロゴを記載し、リアのエンブレムは20th アニバーサリー専用の物が設置されました。

ボディーカラーは、ピュアホワイト、オプシディアンブラック・パール 、そしてWRカラーである定番のWRブルーマイカの3色となります。

限定300台の受注生産

2.5リッターエンジン・ATを初採用したWRX STI Aライン(GRF)追加

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

2009年2月WRX STI Aラインを追加。

WRX STIバージョン史上初のAT車となり、排気量も2.5Lにボアアップされました。今後、WRXにおいてAライン=2.5LのAT車という位置付けで定着することになります。カラーは新色としてサテンホワイト・パールが新たに追加されました。

また、このモデルからインフォメーションディスプレイで瞬間燃費が表示されるようになります。

ボディ剛性強化・軽量化が図られたWRX STIスペックC追加

出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/

2009年7月WRX STI スペックCが追加されます。

今までのスペックC同様、モータースポーツでの使用を前提とした装備で、アルミ製フロントフード、軽量ガラス、小型バッテリー等、軽量化に対しても配慮されているのがわかります。反面、シャシーでは剛性の向上を図っており、サーキット走行にも十分対応できるスペックとしました。

2009年内を期限とした限定900台の販売

18インチタイヤ仕様車と17インチタイヤ仕様車があり、18インチには限定カラーであるサンライズイエローが追加されています。

歴代名車カテゴリの最新記事