なつかしいCMソングで振り返る!名車名曲特集~80年代編~

なつかしいCMソングで振り返る!名車名曲特集~80年代編~

近年では、再注目されつつある80年代の名車たち。若い車好きの方にとってはその形が新鮮さをもって迎え入れられ、また親御さんの世代では青春の輝かしい思い出とともに過ごした大切な存在であったことでしょう。今回はそんな80年代の国産名車を、そのCMソングとともにご紹介いたします。音楽好きも、車好きも、若い方もかつての青春を名車とともに過ごした方も、ぜひご一読いただければ幸いです。

80年代を彩った国産名車とアーティストたち

1980年代は「バブル景気に代表されるような派手な時代」というイメージを持たれる方が多いでしょう。マハラジャがオープンしディスコブームが始まり、スポーツカーが流行した年代でもありました。その当時青春を過ごした方々は今では立派な親になっている方も少なくはないはずです。また今青春を送っている方はその子供の世代である場合もあるでしょう。では、実際にそんな時代にあってはどんな音楽や車が流行していたのでしょうか。TVCMとともに振り返ってみましょう。

トヨタ・MR2(2代目)/高橋幸宏『FAIT ACCOMPLI』1989年

こちらは時折街で目にすることのある車ではないでしょうか。まるでポルシェのような流麗なボディラインを持ったミッドシップのスポーツクーペ、それがトヨタ・MR2です。2000ccの直列4気筒エンジンでNAとターボ車が存在し、今でも人気のある車種となっています。

CMソングは高橋幸宏の『FAIT ACCOMPLI』。サディスティックミカバンドやYMOのメンバーとしての活動や、プロデューサーとしての活動が著名ですが、こちらは高橋のソロ曲です。

ホンダ・シビック(3代目)/Louis Armstrong『What a Wonderful World』1983年

続いてはホンダ・シビックです。シビックはホンダのFF3ドア、5ドアハッチバック、4ドアセダンです。エンジンは直4、1.3Lと1.5Lのモデルが用意されました。ホンダとして初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した車で、現在でも愛好家の多い車種です。

CMソングとして起用されたのはLouis Armstrongの『What a Wonderful World』。皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。Louis Armstrongは20世紀を代表するジャズミュージシャンです。ピカピカのトランペットと哀愁のあるかすれた歌声がトレードマークでした。意味のない音を使ってメロディーに合わせて即興で歌うスキャットという手法を広めたことでも有名なミュージシャンです。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事