私の頭の中のオトコ査定 Ver.2 ~BMWオーナー編~

私の頭の中のオトコ査定 Ver.2 ~BMWオーナー編~
     
   

BMW M6

男が何の車に乗っているかは、女がどんなバッグや靴を身に着けているかによって相手に対する見方が変わるとの同じなのではないだろうか。付き合ったら金がかかりそうだなとか、嗜好品にはあまりお金をかけない倹約家だから家庭的なのかも、とか、持ち物一つで相手の経済力や志向性を勝手に想像したりするものだ。

バッグで例えるならは、エルメス、ボッテガベネタ、グッチ、イヴ・サンローラン、マイケル・コーズ、ケイト・スペード等があるだろう。意中の女の子が初デートでマイケル・コーズぐらいだったら、「それなりに生計は立てていて、バッグに充てるお金の余裕もあるんだろうな」くらいだし、イヴ・サンローランあたりであれば、バリバリ働いてボーナス奮発して買ったんだろうなくらいに思うだろう。ただ、初っ端からエルメスなんて持ってこられたら、男が相当稼いでない限りは若干「引く」だろう。多分これは男の車にも言えること。

車の中でも、じゃあBMWは?

前回は、筆者のとあるデートエピソードからマセラティオーナーを査定したが、次の査定ターゲットはBMWだ。残念ながらBMWオーナーとのデートとはこれまで縁遠かった筆者、過去に知り合ったBMWオーナーデータを基に、彼らのプロファイリングをしていきたい。

BMWオーナーたちのプロフィールを総じて見てプロファイリングするならば、

「少し背伸びしても高級車には乗りたい、硬派な男」
年収:600万以上~2500万程度
職業:中小企業の経営者、上場企業の部長職以上、外資系サラリーマン、医者、弁護士
特徴:高級車に対しての憧れが強く、BMWというブランドが何よりもカッコいいと思っている。ただし、車には派手さを求めるよりも、寧ろ性能にこだわる。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事