空冷ポルシェ911のメーカー公式レストモッド「プロジェクト・ゴールド」!993ターボSの復刻モデルは1台のみ製作、オークションに出品される予定!

空冷ポルシェ911のメーカー公式レストモッド「プロジェクト・ゴールド」!993ターボSの復刻モデルは1台のみ製作、オークションに出品される予定!
     
   

出典元:https://www.facebook.com/porsche/

ポルシェの旧車部門、ポルシェ・クラシックが主体で進めていたシークレット・プロジェクトがあります。その内容は最後の空冷と呼ばれたポルシェ911・993ターボSをレストモッドさせて蘇らせること。

その名も「ポルシェ・クラシック・プロジェクト・ゴールド」。

いったいどのような車になるのか、その全貌に迫ってみました。

ポルシェ・911(993)ターボSの復刻モデル、プロジェクト・ゴールドとは?

出典元:https://www.facebook.com/porsche/

いまもなおマニアには絶大な人気を誇るポルシェ911シリーズの993型。その復刻マシンということでマニアにはたまらない1台になること間違いありません。

ポルシェ クラシックにより製造

2018年8月24日、ポルシェ・クラシックにより、シークレット・プロジェクトの概要が明らかにされました。それは、「最後の空冷、ポルシェ911・993ターボSの復刻モデルを限定1台のみ生産する」という驚くべき内容…。たった1台?!

ボディシェル以外は新品パーツを使用、スペックはオリジナルのまま

出典元:https://www.facebook.com/porsche/

ちなみに、当時の993で使われていたオリジナルのポディ・シェルを使用するらしく、そのボディシェル以外は、なんと、すべて新品のパーツで新たに作り上げたものになるとのことう~ん!これはなんだか期待が高まるぞ!!

ボディカラーは現行911(991)ターボSエクスクルーシブのオマージュ

出典元:https://www.facebook.com/porsche/

ターボSエクスクルーシブは、2017年に限定500台として発売された車種で、ゴールドのボディカラーは現行の991ターボSエクスクルーシブからのオマージュになります。

勘違いしないで欲しいのは、991のオマージュはあくまでもカラーのみであって、ボディの形状やシャシーなどはすべて当時の993を再現しているのです。

シャシーナンバーは当時の993の製造台数+1番

シャシーナンバーは、当時の993ターボSの最後の1台につけられた番号の次の番号です。993ターボSは合計で345台製造されたので(少なっ!)、今回のプロジェクト・ゴールドは345+1の346番になります。

そして、前述の通り「ワンオフ」ということで限定1台のみの生産です。

エンジンも当時の993の空冷を再現か?!

出典元:https://www.facebook.com/porsche/

さて、気になるのはエンジンですが、同じように当時の993ターボSの空冷エンジンを忠実に再現します。つまり、新たに製造された空冷エンジンになるということ。

ん?排ガス規制は大丈夫か?!

ところで一般公道は走れるの?

そう、ここで気になるのが排ガス規制の部分です。ポルシェがやむなく空冷エンジンの生産を中止した理由の一つです。これにより993がポルシェで最後の空冷エンジンとなりました。

忠実に再現」ということは、生産が中止されたエンジンを復活させることになります。となると、今の排ガス規制に引っかかってしまうのはまず避けられないわけです。

つまり、今回のプロジェクト・ゴールドで一般公道を走るのはほぼ不可能という理屈になり、すでに公式サイドからも発表されています。

これを買う人はサーキットユース専用観賞用のどちらかで使用するしかないということです…。

たった1台のポルシェを観賞用…私のような一般庶民にはとても真似はできませんね…(汗)

ワールドプレミアは2018年9月27日!

ニュース・コラムカテゴリの最新記事