ブガッティ・ヴェイロンも買える!サラリーマンの生涯年収よりは安いスーパーカー30選

ブガッティ・ヴェイロンも買える!サラリーマンの生涯年収よりは安いスーパーカー30選
     
   

映画のスクリーンの中を疾走するポルシェ 街角で見かけるランボルギーニ。いつかは乗ってみたいそんなスーパーカーに憧れつつも「高すぎて買えない」と夢あきらめてはいませんか? でも、塵も積もれば山となる(失礼!) 実は、サラリーマンの生涯年収は大卒で2億5千万円と言われています。 ということは、もしも、働いてこのかた一切の収入に手をつけなければ、憧れのスーパーカーを手に入れることができる可能性があるのです! 今回はそんな、サラリーマンの生涯年収よりは安い、夢に近いスーパーカーを紹介します。

目次

1.大卒の生涯年収(2億5千万円以下)で買える車の部 1.大卒が同一企業を勤め上げれば買える車(2億8千万円以下)の部 2.大卒が退職金もつぎ込んだ場合(3億2千万円以下)の部 3.【番外編】サラリーマンじゃ難しい金額の部 4.生涯年収と比べれば大量のお釣りが来る1000千万円台の車の部

大卒の生涯年収で買える車の部(2億5千万円以下)

大卒から定年まで働くと、男性の生涯年収は2億5千万円と言われています。年収ラボの調べによると、中卒でも男性は1億8000万円ほど稼げるそうです。 ここでは、大卒の男性の生涯年収で買える車を紹介します。

1.マクラーレンP1・1億1000万円

wikipedia
wikipedia

昨年、375台限定で発売されたP1。自家用車でありながらレーシングカーに近い設備を兼ね備えています。カーボンコンポジット製のモノコックボディの車体は野生動物からのインスピレーションを得たそうな。 0km/hから100km/hまでの加速に2.8秒。サラリーマンの通勤の足にありあまるスペックの1台になります。 そんなに加速して大丈夫?と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、マクラーレンP1はF1マシンにも提供している日本の曙ブレーキ工業製ですので心配無用です。一生に一度くらい、買ってみてはいかがでしょうか?

お釣り 1億4000万円

目次に戻る

2.キーティング・ボルト 1億2000万円

http://quute.jp/data/1/80/1120.jpeg
http://quute.jp/data/1/80/1120.jpeg

パーツの1つ1つが職人のハンドメイドで作られているキーティング・ボルト。 3種類のモデルを生産していますが、2006年からこれまでの生産台数はたったの15台。フルオーダーのため、一生に一度の買い物でも満足のいく1台を手に入れることができます。

お釣り 1億3000万円

目次に戻る

3.ヘネシーヴェノムGT2 1億2300万円

wikipedia
wikipedia

ヘネシーヴェノムGT2は2012年に発売開始され、375台がこれまでに製造されました。静止状態から300キロまでの加速世界一の記録を持っていることでも有名です。 「ヴェノム GT スパイダー」という、この車種のオープン車が、エアロスミスのヴォーカル、スティーブンタイラーの要望で作られたというエピソードもあります。

お釣り 1億2700万円

目次に戻る

4.パガーニ・ウアイラ 1億3500万円

wikipedia
wikipedia

「購入者と対話しながら、車を購入者の理想に近づけていく」 を理念にしているパガーニは、最低価格が1億円から、 最高時速はスポーツカーの中では最も早い部類に入る370キロ。730馬力の超強力なエンジンを搭載しています。

お釣り 1億1500万円

目次に戻る

5.フェラーリ ラフェラーリ 1億6000万円

wikipedia
wikipedia

世界限定499台で生産され、見られるだけで貴重な幻の車です。 開発にあたり、F1ドライバーのフェルナンド・アロンソ、フェリペ・マッサの意見が反映されており、まるでレーシングカーのような走りが味わえます。 インターネット上では、ラフェラーリとブガッティヴィエロン(約2億円)の衝突事故動画が話題になったこともあります。

スポーツカーと言えども、事故からあなたを守ってくれるわけではありません。スピードを出したい気持ちはわかりますが、安全運転の意識を忘れないようにしましょう。

お釣り 9000万円

目次に戻る

6.マンソリー ラ・リヴォルツィオーネ 1億7200万円

http://are-you-ready.xyz/
http://are-you-ready.xyz/

フェラーリ「F12ベルリネッタ」(約3000万円)をカスタムしたのが、「ラ・リヴォルツィオーネ」です。 カスタムする前でもちょっとした家くらいの値段がしますが、もちろんスーパーカーですのでその5倍以上の値段になります。 オリジナル車から変更が加えられたボディーに、最高速度370キロが出せるエンジンを搭載。デザインの好みが分かれる車ですが、価格に見あった走りが楽しめるのは間違いありません。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事