ホンダ4輪第一号車T360の生誕55周年!ホンダの軽自動車の歴史、現行ラインナップのご先祖モデルを探る!

ホンダ4輪第一号車T360の生誕55周年!ホンダの軽自動車の歴史、現行ラインナップのご先祖モデルを探る!
     
   

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=i8KCQWJ520c

今や数多くの自動車を販売しているホンダ。その4輪自動車第一号となったT360が発売されてから、今年2018年の8月1日でなんと55年もの月日が経ったのだそうですよ!55年間も愛され続けているなんて、ホンダの歴史の重さに驚くばかりです。

さっそく、そんな”ホンダの歴史”をおさらいしていきたいと思います。現在発売されている軽自動車たちの先祖モデル、あなたは知っていますか?詳しく紹介していきます!

ホンダで初めて販売された4輪自動車T360とは?

 

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BBT360

それではまず、ホンダの4輪自動車第一号である「T360」について紹介します。可愛らしい見た目は、今の時代でも人気となりそうなフォルムですね。当時のT360は、乗用車としてではなく商用車として開発されていました。

日本初の直列4気筒DOHCエンジンを搭載した軽トラック

ホンダのT360は、国内初のDOHC車となりました。DOHCというのは”ダブル・オーバーヘッド・カムシャフト”の略で、直列4気筒エンジンの種類です。現在でも使われているエンジンの種類です。

T360のエンジンは床下の中央部分に配置されました。こうすることで、車内をより広くすることに成功したのです!また商用車としての開発だったことから、走りもパワフルになるようにとスポーツカーの技術をも取り入れられました。

テーマは「働く人を支えたい」だったそうですよ!より運転しやすく、より走りやすい車であることで、運転のストレスを減らすことができるようにという願いが込められているのでしょう!

荷物を載せてもしっかりと走れるようにという願いを込めてパワフルさにこだわられているのでしょうね。

後継モデルはTN360

T360の後継モデルとして1967年に発売されたのがTN360です。

TN360にはT360の技術と、当時乗用車として販売されていたN360の技術とを融合させて作られたモデル。T360にN360の強力なパワーユニットが加わることで、よりパワフルになったのだそうですよ!

ここにも「働く人を支えたい」という想いが表れていますね。

直系の子孫はアクティトラック

 

出典元:https://clicccar.com/2015/03/22/299406/

現在発売されているホンダの商用車といえばアクティトラックです。このアクティトラックはT360の直系ということで、T360と同じくエンジンは床下に配置されています。

車体中央にエンジンを配置していたT360とは違い、アクティトラックでは前後の車輪の間に配置。この配置はホンダ独自のもので、MR(ミッドシップ・リアドライブ)方式と呼ばれています。

これにより快適な走りとパワフルな走りとを両立させ、働く人を支えられているというわけです!

現在のNシリーズ(N-ONE、N-WGN)のご先祖様は?

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=KM_E3EY-fZo

今ホンダの主力シリーズともいえるのが「Nシリーズ」です。日本で一番売れている軽自動車ともいわれているほどですよね!N-ONEやN-WGN、そして先日発売されたばかりのN-VANがラインナップされています。

そんな人気シリーズのN-ONEとN-WGN先祖となったモデルが、「N360」なんです!

ニュース・コラムカテゴリの最新記事