fbpx

中々エンジンが始動しない?簡単プラグ&エアクリ交換!

中々エンジンが始動しない?簡単プラグ&エアクリ交換!
     
   

先日マフラーの修理などを行ったスズキ エブリーの件で、不調修理のご相談がきました。最近になってエンジンが中々始動しないということでした。

このスズキ エブリーは、会社の荷物運びや従業員さんのお昼の買出しなどで色々な方が運転している車です。今回はエンジンの始動不良などの整備をご紹介します。

登場2回目のスズキ エブリーの不調症状等

引用:筆者撮影画像

平成18年式 グレードJP パートタイム4WD

走行距離115,100km

年式のわりには綺麗な車なのですが。豪雪地帯で使用されている車で、さらにいろいろな人が運転しているということで、エンジン始動不良がどうして起こっているのか確認する必要がありますね。

ということで、普段乗っている方々に話を聞いていきます。

  • エンジンを始動しようとしても何回もセルが回ってかからない→セルモーターは大丈夫そう
  • 何回かエンジンキーを戻してセルを回したらかかる
  • 加速が悪い状況(加速は悪いが、普通に走れる)→ダイレクトイグニッションコイルは大丈夫そう
  • 停止中にエンジン回転が下がり振動するが、アイドルアップする→アイドル制御は大丈夫そう

筆者も非常に悩ましいところです。基本に立ち返ってみることにします。

燃料ポンプは、タンク内の音を聞いているときちんと作動しています。また燃料ポンプや燃料フィルターであれば、カーブや加速時にエンジンがストールする印象なので、ここでは対象外にします。

エアクリーナーを取り外したらかなり汚い状況です。そして何度も清掃し再利用している雰囲気なので、空気は目詰まりしていると判断。プラグは、交換履歴が無いということで不具合の可能性は、点火と空気ではと予想しました。

プラグ交換開始

引用:筆者撮影画像

スズキ エブリーのプラグ交換は、助手席のシートを持ち上げて作業します。ダイレクトイグニッションコイルのカバーは、8㎜のボルト4本で止まっています。

これを慎重に緩めて、カバーを外します。

引用:筆者撮影画像

カバーを外すとダイレクトイグニッションコイルが見えます。ダイレクトイグニッションコイルは、10㎜のボルト固定にコネクターとなっています。10㎜ボルトを外して、ダイレクトイグニッションコイルを抜きます。

本来は、ダイレクトイグニッションコイルも走行距離や経年年数からすると交換したいところですが、1本10,000円近くするということで後日の作業になりました。

引用:筆者撮影画像

プラグレンチを使用して、プラグを1本1本外していきます。このときにプラグを外したことがあるか何となくわかるのですが、この車は外した形跡はなさそうです。

結構プラグは、劣化と固着をしている状況でした。

引用筆者撮影画像

プラグが1本1本外れていくたびに、不調原因はコレかなと思うようになりました。上記画像は、外した3本のプラグです。

イリジウムプラグが純正でも採用されているのですが、電極の消耗が激しいだけでなく、すり減っている状態です。またデポジット(カス)が多く付着していることがわかりますね。

筆者もこのようなプラグを久しぶりみました。

引用:筆者撮影画像

新品時に純正採用されているプラグです。使用していたプラグと比較してもかなり違うことがわかりますね。やはりこのパーツは、定期交換する必要があると考えます。

新品プラグは、1,800円×3本でした。

引用:筆者撮影画像

新品のプラグを慎重にプラグホールに入れていき、プラグレンチで締め付けていきます。今回は、新品なので締め付けトルクに注意しながら作業します。

筆者ワンポイントアドバイス

新品プラグの取り付けは、点検再取り付けと違い、少し大きめのトルクをかけるようにしましょう。これは、新品プラグのガスケットをきちんとつぶして密着させるためです。

参考資料

デンソー プラグ締め付け基準

エアクリーナーの交換

引用:筆者撮影画像

スズキ エブリーのエアクリーナーを交換するには、運転席のシートを持ち上げて作業します。持ち上げてしまえば、非常に簡単なところにエアクリーナーボックスが現れます。

さすが基本はお仕事をする車です。プラグ交換もエアクリーナー交換も比較的簡単な作業で交換できるようになっています。

エアクリーナーボックスは、四箇所のクリップでとまっています。そのクリップを外せば、簡単に交換できます。上記画像は、新品エアクリーナーに交換したところです。

引用:筆者撮影画像

古いエアクリーナーは、結構汚い状態でした。プラグ交換だけを行っても、もしかしたら調子は良くなったかもしれません。しかしエアクリーナーも迷わず交換しました。本来ならば定期交換をするのが1番良いでしょう。

普段良く乗っている人に試乗をしてもらい快調になったとのことで、今回の不調症状修理は完了とします。

新品エアクリーナーのパーツ代は、2,000円くらいです。

まとめ

中々エンジンが始動しない?簡単プラグ&エアクリ交換!をまとめると

  • 不調症状の原因は様々ですが、適切な空気、火花、燃料というのがエンジンの基本です。
  • プラグやエアクリーナーは定期交換をするのが良いでしょう。
  • プラグの締め付けトルクには注意しましょう

今回は、基本的な修理作業であるプラグ交換とエアクリーナー交換作業をご紹介しました。定期交換することで、お車を快適に出来るパーツです。皆さんも試してみてください。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事