fbpx

三菱がアセアン地域で新型エクスパンダークロスを販売!

三菱がアセアン地域で新型エクスパンダークロスを販売!
     
   

三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)は、アセアン諸国で人気の高いMPV「エクスパンダー」の追加モデルとなる新型「エクスパンダー クロス」をインドネシアで発表し、2019年11月から販売開始しています。

同車は、2020年3月13日にはフィリピン、16日にはタイで販売開始になっています。そして、7月16日からはベトナムでも販売がスタートしました。2017年にインドネシアでエクスパンダーを販売開始してから、エクスパンダー クロスを含むシリーズで2020年6月末までの販売台数は約26万台に達する人気です。

シリーズの最上位モデルとなる新型エクスパンダー クロスは、SUVならではの力強さと高い走行性能に、快適な乗り心地を兼ね備えたモデルです。またMPVならではの使い勝手が良く、広い室内空間を兼ね備えてもいます。

ここでは、新型となるエクスパンダークロスのエクステリアや内装などをご紹介していきます。

三菱 新型エクスパンダークロスのエクステリア等

引用:https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5382.html

フロントビューでは、三菱独自のダイナミズムと力強さをバランスさせた、最新ダイナミックシールドフロントデザインコンセプトを適用しています。SUVらしい堅牢さを際立たせるため、バンパー下部には専用スキッドプレートも装着されていますね。

サイドビューは、ブラックのホイールアーチモールディングを追加することでSUV感を強調しています。これにより全幅が50mm広くなり、前後モールディングを繋ぐようにドア下部へ追加したブラックのドアガーニッシュは、SUVの堅牢性もアピールしているでしょう。

大径17インチタイヤと新デザインのアルミホイールより高められた車高は、さらにSUVらしさを強調していますね。ルーフキャリアを簡易装着できるシルバールーフレールも採用されています

LEDヘッドライトやポジショニングランプの位置を高い位置に変更することで、視認性が高められた仕様です。バンパーに組み込まれた大径LEDフォグランプは、跳ね石や浸水からのダメージを少なくするよう設計されています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5382.html

リアビューでは、リヤウインドウの下にグロスブラックのテールゲートフィニッシャーを装飾し、バンパー下部にはフロントデザインと同調する大型スキッドプレートを組み合わせたことで、SUVらしいタフなイメージに仕上がっています。

ボティカラーは、高級感溢れるグラファイトグレーメタリックと、エクスパンダー クロス専用色となるサンライズオレンジメタリックという2つの新色が、エキスパンダー設定カラーに追加されています。

三菱 新型エクスパンダークロスの内装等

引用:https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5382.html

ベースモデルのエクスパンダーに比べ20mm車高を高め、225mmの最低地上高を確保しています。荒れた道路や浸水した道路での走破性を高めたるだけでなく、ドライバーの視認性を向上するシートポジションです。

インテリアカラーは、ブラック&ブラウンをミックスしたコンビネーションカラーです。ブラウン基調のダッシュパネルにはシルバーメッシュ柄の装飾を施し、洗練された高級なイメージを演出させています。広々とした室内空間に、快適な7人乗り仕様で、乗客が簡単に出入りできる室内レイアウトを確保した内装です。

引用:https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5382.html

日本の「おもてなし」の基本理念によって、ファミリーユースも視野に入れたUSB端子(各列)などが、室内空間の快適性をアップさせています。

エクスパンダークロスでクラストップレベルとなった車内空間は、乗降性に優れたパッケージングも特徴です。3人でも快適に座ることができる2列目シートは、タンブル機構を搭載したことで3列目シートへのアクセスを簡単にしています。

2列目(60:40分割)および3列目(50:50分割)のシート分割は、荷物の大きさや形に合わせてアレンジできるように、簡単操作で折りたためる仕様です。多くの積む場合には、2列目と3列目のシートを折りたたみ、段差や隙間のないフラットかつ広大な積載スペースを作ることもできます。

三菱 新型エクスパンダークロスのパワートレイン等

パワートレインは、エクスパンダーと同様の4A91型 1.5Lガソリンエンジンを搭載しています。トランスミッションは4速ATと5速MTの2種類です。同エンジンは、既存の4A9シリーズを強化した仕様となっています。静粛性と燃料効率を向上させたパワートレインです。

エンジンだけでなく、高性能の吸音材と防振材を使用することによって高い静粛性も確保したユニットになっています。

まとめ

三菱がアセアン地域で新型エクスパンダークロスを販売開始に!をまとめると

  • アセアン諸国で人気のエクスパンダーの追加新型となるエクスパンダークロスをアセアン各国で販売開始しました。
  • アセアン諸国の気象状況や車の利用環境などに配慮した設計となっています。
  • 高級感と快適性、そして走破性の3つの特徴があります。

エクスパンダークロスは、三菱のシグネイチャーデザインである最新ダイナミックシールドデザインを起用し、SUVらしい力強さと快適性を持たせたモデルではないでしょうか。アセアン諸国だけでなく、日本のも導入されたら面白いのではと考えます。

 

ニュース・コラムカテゴリの最新記事