自動車の大事な心臓部!各メーカーがこだわるエンジン技術とその種類を一挙紹介

自動車の大事な心臓部!各メーカーがこだわるエンジン技術とその種類を一挙紹介
     
   

クルマの心臓部ともいわれる、エンジン。メーカーごとはもちろんのこと、クルマごとに特性が異なるエンジンが用意されています。それでは、このエンジンはどのようにして生まれたのでしょうか。ここではおもにガソリンエンジンやディーゼルエンジン、そしてロータリーエンジンを中心に、その歴史を振り返ってみましょう。各エンジンを代表するパワーユニットについても紹介していきます。

 蒸気に代わる、新しい動力源として誕生したガソリンエンジン

photo by GAZOO.com

1769年、フランスのニコラ=ジョゼフ・キュニョーの手により人類初の蒸気自動車が誕生しました。しかし、当時の蒸気自動車は重くて一次元的な動きしかできず、代わりになるような新しいモビリティが様々な技術者から考案されていきました。その中でも革新的だったのが、ドイツの発明家、ニコラウス・オットーが開発した4ストロークエンジンです。これは1860年にジャン=ジョゼフ・エティエンヌ・ルノアールが特許を取得したガスエンジンを進化させたもので、軽量・コンパクト・高効率な点が大きな特徴でした。オットーの功績を称え、4ストロークガソリンエンジンは「オットーサイクルエンジン」とも呼ばれています。

 目指したのは、世界最高のパフォーマンス。日産・VR38DETT

photo by 日産自動車株式会社

「マルチパフォーマンス・スーパーカー」を標榜する日産・GT-Rに搭載されるエンジンが、VR38DETTです。最高出力はデビュー時の2008年モデルで480PS、最新の2017年モデルでは570PSを誇ります。金型成型のアルミニウム鋳造によるクローズドデッキとし、低炭素鋼をプラズマ溶射コーティングしたシリンダーブロックが特徴となります。ターボチャージャーのタービンも専用品が採用されるなど、ほぼすべての部品がスペシャル品。組み立てはクリーンルームで熟練工が手組みで行っています。

 今も第一線で活躍する名エンジン、スバル・EJ20

photo by 富士重工業株式会社

軽量・低重心・コンパクトというメリットを享受できることから、いち早く水平対向エンジンの量産に乗り出した富士重工業。この水平対向エンジンの名機と呼ばれているのが、スバル・EJ20です。最初に搭載されたクルマは初代レガシィで、発売前に行われた10万キロ世界速度記録挑戦によって圧倒的なパワーと耐久性を広く世にアピールしました。その後はWRCや全日本GT選手権、スーパーGTなどでも大活躍。現在もWRX STIに搭載され、第一級のパフォーマンスを誇っています。

 さらに高効率を追求したミラーサイクルエンジン、マツダ・KJ-ZEM

photo by Tennen-Gas(CC 表示-継承 3.0)

一般的にガソリンエンジンは、圧縮比を上げるほど熱効率も向上します。しかし、圧縮比を上げ過ぎるとノッキングを起こしてしまい、最悪エンジンが破壊されてしまうというジレンマが。問題を解決するためには、膨張比はそのままに吸気の充填効率を低くし、圧縮比を下げる必要があります。この技術を実現したエンジンが、マツダ・KJ-ZEMです。世界初のミラーサイクルエンジン(ミラーは考案者のR.H.ミラーに由来)として、ユーノス・800に搭載されました。現代の低燃費エンジンの草分けとなった、画期的なエンジンです。

 V+V=W、フォルクスワーゲングループのW型エンジン

ガソリンエンジンの最高峰ともいえるエンジンが、フォルクスワーゲングループのW型エンジンです。狭角V型エンジンをさらにV型に搭載することで、コンパクトに仕上がるのが特徴とされています。代表的な搭載車種としてはフォルクスワーゲン・フェートンやアウディ・A8、ブガッティ・ヴェイロンなどがよく知られており、いずれもプレミアム性の非常に高いクルマです。なおヴェイロンの後継車といわれるシロンは、8リッターのW16気筒に4つのターボを組み合わせ、最高出力1,500PSを実現しています。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事