What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

車載動画の危ない運転や事故現場を見て、何が危険なのかを考えよう

2017.02.27
事故 動画

皆さんは日頃安全運転をしていますか?自分では安全だと思っていても、実は危険であったり、道路交通法に違反しているという事が多いです。この記事では、危険運転や事故現場の動画を紹介しながらどこが危ないのかについて解説させていただきます。

皆さんも動画を見て何が危ないのかという事を考えながら、この記事を読んでいただければと思います。

赤信号無視は事故の元

【軽自動車が急加速して赤信号突破】

ちょっと急いでいたからと言って加速して信号が変わった直後に赤信号を突破という光景はよく見られますが、立派な違反行為である事をよく理解するべきです。特に明け方で暗く見づらい動画のような状態の場合は歩行者などを見過ごしやすい状況ですし、歩行者や他の車も急いでいるかもしれないのです。そんな状況で無視した場合、相手が信号が変わってすぐに飛び出してきた場合ぶつかってしまいます。

ちなみに赤信号無視は反則金9,000円と反則点数2点です。ぶつかってしまった場合は、場合によっては10:0で自分が悪くなってしまう可能性も十分ある危険な行為です。赤信号無視という危険な行為をしたことを事故で死傷者を出してから後悔してもどうにもならないので、信号はしっかりと守り、余裕を持って停車しましょう。

まさかの赤信号でのUターン

【警察の怠慢!?高級車が警察の目の前で赤信号無視でUターン!? 】

先程も赤信号を無視する行為は危険であると言いましたが、この車は、信号が変わってから停止線を超えて止まった上で、時差信号で後で赤になる対向車線の相手車両が赤信号になってからUターンするという暴挙に出ています。しかも、直前に警察が通り過ぎています。この際に警察が下がれと言えばそれで良い問題だとは思います。

しかし、もちろんこの運転手に問題があり悪いのです。しかも、左側の道からの右折車が加速せずにこの車のUターンを待っています。この場合、右折車がUターンに気が付かず一気に加速した場合等にぶつかります。赤信号でのUターンも事故につながり危険ですのでやめましょう。

歩道を走行する行為は人身事故の元

【道路交通法違反では?歩道を走行する危険車両現る!? 】

他の車が赤信号で止まっているから先に進めない状況だが、どうしても早く行きたかったのか少しだけとは言え歩道を走行してしまっています。もちろん、これは通行帯違反という違反行為で、人が飛び出した場合轢いてしまう可能性がある危険な行為です。

歩道は絶対に走っては行けないわけではなくやむを得ない場合は走る事が可能ですが、急いでいるから等はやむを得ない場合には該当しないです。歩道を走らねば出れない駐車場等の場合にのみ注意した上で最徐行で通行することができるのです。

危険ですので急いでいても歩道は走らず、信号が変わって前に進んでから最短距離で歩道を横断して入るようにしましょう。

駐車の為に交差点を封鎖 

【サイレンも鳴らさずに交差点を封鎖!?パトカーが変な動きをしていると思ったら・・・ 】

普段取り締まりを行い、注意指導する立場であるはずのパトカーが赤信号で交差点を封鎖し、駐車をしています。この行為はもちろん許されない物です。

いくらパトカーが赤色灯を付けていてもサイレンを鳴らしていない場合は一般車両と同じ扱いになりますので赤信号で交差点に入る行為は信号無視の違反ですし、交差点で止まる事も違反です。交差点内は速やかに通行する必要があります。

もちろん、一般車両が同じ行為を行う事はもっと駄目です。通行の妨げになるだけでなく、青信号で交差点に進行してきた車にぶつかられる可能性があります。パトカーがやっているから大丈夫と思い真似をするのは絶対に止めて下さい。

事故を起こした時に忘れてはいけない危険防止措置 

【超危険夜間の事故現場に警察官が来ているのに安全措置が取られていない!? 】

事故を起こしてしまった場合、運転を停止し負傷者の救護、危険防止措置 、警察への通報をする事が義務付けられています。この場合は警察官は来ていますし、負傷者はいなさそうです。

ただ、危険防止措置がなされていないです。特にこの場合夜で事故車両が見えづらく、遠くからは右折する為に停まっているように見えてしまいます。後続車両が突っ込み多重事故を誘発する危険があります。

その危険を除去する必要があります。この場合の危険防止措置とは三角表示板や発煙筒などで停車している事を後続車両に教える事です。これに違反すると、死傷者の有無で変わりますが、この場合自損事故と思われる為、1年以下の懲役または10万円以下の罰金となります。

警察官が既に到着していますからすぐに危険防止措置をするように指導せねばならないはずなのですが、この警察官は何もせずに車を眺めています。警察官が何もしないという二重におかしいな事になっていますが、皆さんはくれぐれも事故の連鎖を起こさないように危険防止措置はするようにしましょう。

騒がれてもお構いなし!?危険なスマホ運転

【なんと隣の車がスマホ運転!?ポケモンGO事故であれだけ騒がれたのに・・・ 】

名古屋でポケモンGOを運転中にプレイしていて子供を轢いてしまう事故があった事を覚えている方も多いと思います。ポケモンGOだけでなく、スマホを操作しながら運転する行為自体が危険です。どうもこの運転手はWEBサイトを閲覧しているようですが、もちろん駄目です。

信号待ちの停車中であればグレーゾーンのようですが、この車は走り始めても操作しています。明らかに運転しながらのスマホ操作です。注意がそちらにそれてしまい、正しい運転や判断ができなくなってしまい非常に危険です。前の車の急停車、急減速等に対応できない可能性も高くなります。

反則金6,000円で違反点数が1点とそこまで厳しくはないですが、事故の危険性をあげる危険な行動ですので絶対にしないようにしましょう。

緊急車両が緊急走行中は速やかに停止しましょう

 

【緊急走行中の救急車の前を突破する車が多すぎて怖い 】

前方から救急車がサイレンを鳴らして走ってきているにも関わらず、誰も道を譲らず我先にと救急車の前に突っ込んでいきます。動画で女の人が「怖い怖い怖い」と叫んでいますが、見ているだけでも怖いです。この場合「道路交通法第40条」で定められているように停車して救急車を先に通行させる必要があります。

ここは動画内でも書かれているように警察署の前の交差点です。本来であれば一番ルールがしっかり守られるべき場所において、守られていないです。救急車は急病人や怪我人等早く運ばなければ命に危険がある場合もあります。この動画のように走行を妨害するのではなく、必ず停まるようにしましょう。

ちなみに守らなかった場合は、「緊急車妨害等」という違反行為となり普通自動車の場合違反点数1点と6,000円の反則金となります。人命が関わっていますし、緊急車両とぶつかるとなお危険ですので絶対にやめましょう。

車間距離をしっかりとりましょう 

【2016年1月3日山陽自動車道下り線の高山トンネル玉突き事故その3 】

2016年1月3日の事故です。報道もされていたので覚えている方も多いのではないでしょうか?28台が絡む玉突き事故になってしまいました。この事故の原因は高速走行中の車間距離の詰めすぎにあります。

適正な車間距離とはどの程度のものなのでしょうか?時速60キロで走行している場合安全に停車するには44メートル必要とされています。高速道路の場合80キロから100キロ出ているはずです。その場合は安全に停車する為には80~100メートルの車間距離が必要になります。

高速道路の場合定期的に、車間距離の確認の案内板がありますので、車間距離が詰まりすぎていないか確認しながら安全に走行しましょう。体感では十分に距離が保てているつもりでも以外に距離は詰まっています。

注意して安全運転を心がけましょう

いかがだったでしょうか?絶対にやらないというものから、実はやってしまっていると言うものまで様々なものが合ったと思います。これを機会に、もう一度自分の自動車の運転について見直して、事故を起こさないように気を付けましょう。

事故は被害者だけでなく、加害者やその家族も不幸にしてしまいます。事故の加害者にも被害者にもならないように安全運転を心がけましょう。

【関連記事】

人のフリ見て我がフリ直せ ドライブレコーダー動画から雪道での事故と安全を考えよう!

【第1回】もしもの時も安心! 事故車の定義から廃車の手続きまで徹底解説!~事故車・廃車の定義とは?~

自動車事故を起こした人に寄り添うサービス!「リンカー」が目指す価値とは?

(Visited 557 times, 1 visits today)