私の頭の中のオトコ査定 Ver.3 ~ベンツオーナー編~

私の頭の中のオトコ査定 Ver.3 ~ベンツオーナー編~
     
   

 私がその男と出会ったのは、都内の某スタジオで開催されたハロウィンパーティーだった。その年のハロウィンはちょうど土曜日で、仮装をした若者たちで渋谷がごった返した様子が、翌日のニュースで報道されたのは記憶に新しい。

ごく一部の限られた人だけが招待されるそのパーティーには、芸能人や歌手、芸能プロデューサー、有名雑誌のカメラマンが集うと友達A子から聞き、彼女のツテで運よく参加させてもらったのだ。

業界人の集うパーティー。そこには…

六本木のドンキを左手に、暫く東京タワーの方へ歩いていく。招待してくれた友達から送られてきた地図とにらめっこをしながら場所を確認すると、そのスタジオは一見すると存在がわからないほど“六本木の奥地”にあった。

地下に続く階段を下り、受付を済ませて中に入ると、目の前にはダンスホールかと思うくらい広い「箱」が広がり、そのホールの真ん中には大きなテーブルが設置され、ケータリングの料理やドリンクの合間にはゆらゆらとろうそくの灯が揺らめいている。

周りには業界人らしい雰囲気をまとった男と(仮面なんてかぶられたら雰囲気も何もないが)、「金と権力の色眼鏡をかけた」20代前半の小娘たちが泡と呼ばれるシャンパングラスを片手に、その男たちの周りで歓談している。

「業界っぽい」雰囲気に圧倒されて一瞬ひるみそうになりながらも、業界人のネットワークを日々開拓しているA子の横で料理をつまみながら、周りの仮装の気合の入りようを観察していた。その時、

「1杯おごらせてよ」とある男が声を掛けてきた。

声を掛けてきたその男は、中肉中背で背は160cm程しかないだろうか、かなり低めの印象だった。背の高い私だと見下ろしてしまうくらいで、明らかにA子を目当てに話しかけてきたのが分かる。A子へ向ける目線を逸らさない。

ベンツと聞いて浮かぶのは?

よくよく話を聞いてみると、一緒にいる男たちは二代目社長や一代で会社を築き上げた30代後半の友達同士のようだ。最近は東南アジアに旅行に行ったり、夏には静岡や茨城の方までツーリングに行くことも多く、皆車が趣味だと言う。そのご一行はハロウィンだというのに変装はしておらず、その場の雰囲気を外野から楽しみに来たようだ。

車好きな男に車の話を振っても気を悪くすることはないので、何に乗っているのかさりげなく聞いてみた。A子目当てのその男は、ベンツSL 63に乗っているとのこと。「ベンツ」と聞くとすぐに頭の中に過るのは、こんなプロフィールだ。

「『金さえあれば、何でもできる』成り上がり男」

年収:1000万以上(Eクラス以上に限る)

ニュース・コラムカテゴリの最新記事