What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

ちょっとフライング?2017年の自動車業界10大ニュースをまとめてみた

2017.11.06

2017年も11月に入り、いよいよ残り2ヶ月を切りました。皆さんは残りの2ヶ月をどのように過ごす予定でしょうか?

日産の完成検査違反のニュースが伝えられモーターショーを前に水をかけられたばかりですが、自動車業界は新型車やモデルチェンジの話題も含め、今年も話題が盛りだくさんでした。今年を締めくくるにはまだ早すぎますが、モーターショーも開催されたことでとりあえずひと区切り。今年の10大ニュースをまとめてみました。

自動車業界ニュース第10位:相次ぐ事故とトラブルで、ドライブレコーダーに注目集まる

路上トラブルが原因だったという東名高速道路での事故のニュースなど、頻繁に起きるトラブルの報道により、量販店のドライブレコーダーの在庫が一時なくなるほどの人気を博しました。

状況を記録しておく必要性にユーザーの方の関心が急に高まっており、カーナビに機能を持たせたものやシートの横などにリモコンをセットするものがあります。

また、ドライブレコーダーというと前方を撮影するというイメージがありますが、後ろ向きにつけるものや360度全方向を録画できるドライブレコーダーも増えています。

おもしろいのはすべての方が被害者側という立場でいること。本当に全ての方が被害者側なら、事故もトラブルも起きないのですが。

自動車業界ニュース第9位:ワゴンRフルモデルチェンジ、トールワゴンの新たなベンチマークとなるか

2月にフルモデルチェンジを受けた新型ワゴンRは、歴代初となるマイルドハイブリッドとデュアルセンサーブレーキサポートが追加され、低燃費だけではなく、質感の高い軽トールワゴンとして高い評価を受けました。

機能性と低燃費を追求したこれまでの軽から、プレミアム感を感じさせるまでになった新型ワゴンRは、軽トールワゴンの新たなベンチマークとなるかと注目されましたが、ホンダの新型N-BOXの前に、早くも苦戦しているようです。

自動車業界ニュース第8位:東京モーターショー開幕、EVと自動運転が花盛り!

10月25日に開催された「第45回 東京モーターショー2017」は、米大手メーカーが今回も出展を見送るなど、海外メーカーの出展も減って淋しいスタートとなりました。反面、VRを使った展示などで新機軸を打ち出す試みもされています。展示内容で目立つのは各車の新機種以外にも、EVと自動運転のコンセプトカー。世界的な電動化シフトに向けた姿勢と、自動運転に向けた次世代技術をアピールする場となりました。

三菱自動車が出展したSUVのコンセプトカーもAIを搭載。フォルクスワーゲンは日本で初めて発売するEV「e-ゴルフ」などを出展しました。

開催直前に日産自動車の無資格検査問題が発覚。期間中にもスバルでも同様の問題が表面化するなど、逆風も吹いた東京モーターショーは11月5日まで開催されます。

自動車業界ニュース第7位:SUVのC-HRがプリウス、アクアを抑えて販売台数首位に

4月の車名別国内新車販売台数で、2016年12月に発売されたトヨタ自動車のSUV「C-HR」が13,168台で、初めて月間首位になりました。軽自動車のN-BOXやトヨタでも主力の「プリウス」「アクア」などを抑える快挙でした。

C-HRはHVとガソリン車の2種類あり、個性的で斬新なデザインが、既存のハイブリッド車に物足りなさを感じて買い控えていたユーザーや、若い層を取り込んだと見られています。

自動車業界ニュース第6位:完全自動運転が見えてきた

完全自動運転に向けた取り組みは着実に進んでおり、部分自動運転の性能も格段に進化したのが2017年でした。

メルセデスの新型Sクラスには、「アクティブ・ディスタンス・アシスト・ディストロニック」を導入。登録した目的地に到着するまで、自動で加速と減速を行ってくれる。例えば高速道路では、料金所や出口、ジャンクションが近づくと、自動的に減速する。また、「アクティブ・スピード・リミットアシスト」は、道路工事による速度制限の標識を読み取り、制限速度まで自動的な減速を行うというもの。

また、BMWの5シリーズに採用される「ドライビング・アシスト・プラス」は、世界最高レベルと言われ、ひと組のステレオカメラと前向きに3つ、後ろ向きに2つの合計5つのミリ波レーダーを使う現在最高峰と思われるシステムで、衝突回避・被害軽減ブレーキや時速10km以下で無人で動くリモート・コントロール・パーキング、後車追突警告なども備えていて、ほぼ全車速で使うことができます。

さらに、BMWでは2021年に自動運転車を市場に投入する計画であり、『7シリーズ』をベースにした自動運転プロトタイプ車を、2017年内に40台製作し、公道での走行テストを開始するとしています。

次ページ 自動車業界10大ニュース第5位~第4位

自動車業界ニュース第5位:2040年には内燃機関エンジン廃止へ

7月に入り、イギリスとフランスが相次いで2040年までに、ガソリンおよびディーゼルエンジン車の販売終了を目指すと発表しました。それ以外でも、市場規模の小さな国、例えばノルウェーは内燃機関全廃ではないが、2025年までに販売車両のすべてを純EV、もしくは充電可能なPHEVにするとし、オランダもそれに似た政策を推進しています。また、最大の自動車マーケットである中国でも同じような政策が準備されているとされ、EVへのパラダイムシフトが現実味を帯びてきました。

その要因としては、バッテリーの高性能化やインフラ整備にめどがついたことや、環境対策への本格的な対策が急ピッチで求められたことなどがあります。ボルボを始めとする自動車メーカーも全車電動化へのシフトを明言する中、日本政府からは未だに詳しい政策は発表されていないのが気になります。政府とメーカーともにこの流れに乗り遅れることにならなければいいのですが。

自動車業界ニュース第4位:新型カムリ、セダン復権へ向け好発進

北米試乗をメインマーケットにするトヨタのハイブリッドミドルサイズセダン「カムリ」が7月にフルモデルチェンジされて国内デビューを果たしました。新型エンジンによる低燃費性能と、ロー&ワイドのスタイリッシュなエクステリアデザインが、新しいセダンを待ち望んでいたユーザーに響き、前年比700%超えというヒットを記録。長く続くセダン不況から脱する車種として注目を集めています。

次ページ 自動車業界10大ニュース第3位~第2位

自動車業界ニュース第3位:ホンダ・N-BOXがフルモデルチェンジでさらにお化けに

初代発売から4年以上が経った2015年、2016年にも2年連続で軽乗用車販売1位を獲得。発売5年ち目で累計販売台数100万台を突破し、ホンダ製乗用車で最速のヒット記録をつくったN-BOXが9月に2代目へとフルモデルチェンジされました。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」をホンダの軽乗用車で初めて標準装備するなど、さらに商品力を高めた2代目は、月間販売目標1万5000台に対し、販売初月の9月度の販売実績では26,983台を売り上げ、軽自動車のみならず、登録乗用車を含めても断トツの販売台数トップとなりました。

新型N-BOXは、モデル末期でも他社の追随を許さず、モンスターと言われた初代と同等、あるいはそれ以上の販売が期待されています。

自動車業界ニュース第2位:スバルよ、お前もか

日産に続き、無資格の完成検査員が完成検査を行ったことが発覚したのがスバルだ。国土交通省に提出していた上位規定に違反はしているが、現場レベルでは違反していないという認識のまま、30年に渡りこの工程で作業が行われていたという。日産の問題があってこそ発覚したと思われますが、この問題、まだまだ波及しそうな予感もします。

次ページ 自動車業界10大ニュース第1位

自動車業界ニュース第1位:日産自動車による完成検査違反

三菱自動車の燃費偽造で痛い目にあった日産でまさかの違反行為。完成検査違反というこれまで聞いたことのなかった違反行為にびっくりしましたが、簡単に言えば出荷前の完成検査を正規の資格のない補助検査員にさせていたのです。これで数日間の出荷停止にして謝罪会見。やれやれと思ったら、その後もまだ国内全6工場で継続しており、同社の管理態勢の甘さが露呈。今度は出荷停止が数週間に延びることに。

新型リーフやノートe‐POWERなど、魅力あるモデルで勢いずく販売も大打撃を受けるのは間違いなし。モーターショーの日産ブースも、なぜかむなしい風が吹いています。

次ページ 事故に不祥事……来年の自動車業界はどうなる?

事故に不祥事……来年の自動車業界はどうなる?

思えば2016年も三菱自動車の燃費不正問題がありましたが、2017年も日産やスバルの完成検査違反が明るみに。日本の自動車産業の信頼性を揺るがすような不祥事が2年続いて発生したことは残念でなりません。また、業界の不祥事だけでなく、あおり運転やマナー違反運転など、我々個人個人のドライバーの意識を見直すきっかけとなる痛ましい事故も多くみられました。

もちろん暗いニュースだけではありません。自動車をとりまく最新テクノロジーは日進月歩。自動運転やEVなどの技術の進化には今後も目が離せません。

冒頭でも述べましたように、今年も残すところ後2ヶ月。2018年は平昌オリンピックやFIFAワールドカップロシア大会など、大きなスポーツの祭典が行われる年です。やり残したことがないように残り2ヶ月を過ごしましょう。

(Visited 308 times, 308 visits today)

文:イキクル編集部


あなたが好きな車種はどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter