fbpx

ちょっとフライング?2017年の自動車業界10大ニュースをまとめてみた

ちょっとフライング?2017年の自動車業界10大ニュースをまとめてみた
     
   

自動車業界ニュース第5位:2040年には内燃機関エンジン廃止へ

7月に入り、イギリスとフランスが相次いで2040年までに、ガソリンおよびディーゼルエンジン車の販売終了を目指すと発表しました。それ以外でも、市場規模の小さな国、例えばノルウェーは内燃機関全廃ではないが、2025年までに販売車両のすべてを純EV、もしくは充電可能なPHEVにするとし、オランダもそれに似た政策を推進しています。また、最大の自動車マーケットである中国でも同じような政策が準備されているとされ、EVへのパラダイムシフトが現実味を帯びてきました。

その要因としては、バッテリーの高性能化やインフラ整備にめどがついたことや、環境対策への本格的な対策が急ピッチで求められたことなどがあります。ボルボを始めとする自動車メーカーも全車電動化へのシフトを明言する中、日本政府からは未だに詳しい政策は発表されていないのが気になります。政府とメーカーともにこの流れに乗り遅れることにならなければいいのですが。

自動車業界ニュース第4位:新型カムリ、セダン復権へ向け好発進

北米試乗をメインマーケットにするトヨタのハイブリッドミドルサイズセダン「カムリ」が7月にフルモデルチェンジされて国内デビューを果たしました。新型エンジンによる低燃費性能と、ロー&ワイドのスタイリッシュなエクステリアデザインが、新しいセダンを待ち望んでいたユーザーに響き、前年比700%超えというヒットを記録。長く続くセダン不況から脱する車種として注目を集めています。

次ページ 自動車業界10大ニュース第3位~第2位

ニュース・コラムカテゴリの最新記事