What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

カーナビの進化はここまで来た!最新のトレンドとオススメの売れ筋を一挙紹介

2017.07.11

様々なシーンで活躍するカーナビ。

目的地へのルート検索はもちろん、音楽再生やスマホとの連動など、ひと昔では考えられなかった最新技術が搭載されるようになり、ここ数年でカーナビは大きく進化しました。

今回はカーナビのトレンドはどうなっているのか、最新技術を詳しく解説していきます。

カーナビの最新機能

スマホとの連動と操作性

スマホが普及していくのと同時に、カーナビにもスマホと連動する技術が搭載されるようになりました。

これまでのカーナビは画面外側に設置されているボタンを操作するタイプのものや手元のリモコンで操作や入力するものがほとんどでした。しかし、最新のカーナビには静電式のタッチパネルが搭載され、スマホやタブレットと同じようなフリック操作やピンチイン・ピンチアウトができるようになっています。また、スマホのようにカーナビへ好きなアプリをインストールし、カーナビを自分好みにカスタマイズすることもできます。

さらに、スマホとカーナビを連動させて、様々な情報を取り込むことも可能です。

例えば、カーナビと連動させたスマホで行きたい場所を検索すれば、ナビで直接操作することなく案内が開始される機能があります。これまでのカーナビでは、スマホで検索した住所をもう一度カーナビへ入力するタイプがほとんどで、入力の手間がかかっていました。カーナビ上で検索もできますが、入力方法にも少し煩わしさを感じます。

ですが、このようにスマホと連動していることで、検索から案内開始までスムーズに行えるのです。

画面の大画面化

トヨタ・アルファード、ヴェルファイア専用のカーナビ

一般的にカーナビはインパネの中央部分に配置されています。

最近では、9.2型TFTワイドディスプレイや11インチのカーナビなどが登場し、より大きな画面でナビ情報を確認することができるようになりました。

運転席からナビは左側に位置しているため、走行中に走行ルートや情報を確認しようとすると、一度視線を外し、顔を動かして見なければなりません。このような場合において画面が小さいと情報を確認するためにカーナビのディスプレイを注視してしまい、追突や事故の危険性が高まってしまいます。そこで、顔全体を動かさず、目の動きだけでしっかりと走行ルートや情報を確認できる大画面のカーナビが多くなってきているのです。

カーナビメーカーの傾向

ケンウッド

ケンウッドは、検索からルート表示までが早いのが特徴です。

表示されるまで早いため、赤信号で停止している間にルート表示から案内開始まで行えます。また、もともと音響メーカーでもありますから、音質が非常に良いのも魅力の一つです。

さらに、最近ではドライブレコーダーにも力を注ぎ、カーナビと連動して録画できるモデルも発売されています。

パナソニック

9インチの大型モニターを搭載し、車種専用取り付けキットなしでも取り付けられるのが特徴です。最新モデルの「Strada(ストラーダ)」には、アンドロイドオートに対応したものとなっているため、Googleの音声検索や目的地検索などが利用でき、そこからカーナビに目的地を入力することができます。さらに、ブルーレイディスクの再生だけでなく、高詳細モニターやハイレゾ音源も搭載し、最新技術が満載のカーナビです。

パイオニア

パイオニアは、カーナビをより見やすく、直感的に操作できるよう工夫されています。

これまで使用されてきた地図のデザインを変更し、シンプルで見やすいものへと変更されています。また、画面の色を多くすることによって、画面がすっきりとしパッと見ただけでナビの情報がわかるデザインへと変わっています。

さらには、スマホと連携しスマホ内の音楽を流せることはもちろん、リモコンアプリを使用して後部座席からでもカーナビの操作ができるようになっているのも魅力的ですね。

おすすめカーナビ

パナソニック ストラーダCN-RE03WD

ワイドモデルであるため、大きな画面でしっかりと走行ルートを確認することができます。

操作ボタンが運転席側にあるので、手が届きやすく操作がしやすいのが特徴です。

ナビ検索では、様々なルートが出てきますし、地図配色もシンプルで見やすいですね。

Bluetooth機能も搭載されているので、ハンズフリー通話やスマホからの音楽再生も可能です。

商品URL http://amzn.asia/ifGN2Zp
参考価格 5万9800円
口コミ引用 『オーディオもBluetoothで聴いているのですが音質も問題ありません。又、ナビ音声が流れる際音楽の音量が自動的に下がるのでナビが聞こえなくなることもありません。非常に満足できる買い物でした。』

パイオニア 楽ナビAVIC-RZ900

マルチウェイスクロールを採用し、スマホ感覚で操作できるのが特徴です。

色の組み合わせや形など、細部にこだわって作られ、知りたい情報を瞬時に確認することができます。また、音楽もミュージックサーバーを使い、DVDの再生や4000曲以上を録音できるなど、機能が充実しています。

商品URL http://amzn.asia/82BcqtS
参考価格 7万2724円
口コミ引用 『ナビ機能はさすがカロです。オーディオ機能も十分です。』

ケンウッド 彩速ナビMDV-Z702W

ハイレゾ音源対応でカーオーディオとしての性能も十分です。

また、操作性も良くスマホのような感覚で快適なレスポンスが魅力です。スマホとの連動もできるので、簡単に検索から案内開始までスムーズにできます。

商品URL http://amzn.asia/77Tm1nc
参考価格 6万9749円
口コミ引用 『スマホのように地図を参照して、目的地を設定できるのも良いです。』

三菱電機 ダイヤトーンサウンドナビ NR-MZ100PREMI

サウンドナビと名付けられているように音質を重視し、より聞き取りやすく音の臨場感を追求したモデルです。

価格は一般的なカーナビよりも高いですが、見た目も性能も素晴らしい商品となっています。

商品URL http://amzn.asia/3K8q2JU
参考価格 22万5250円
口コミ引用 『音質関しては原音を忠実に再現する方向性で、どこかにクセがなく聞きやすい音です。』

パナソニック ゴリラ CN-GP1000VD

ポータブルナビで初めてVICS WIDEに対応したモデルです。

ポータブルナビとは思えないほどの性能とルート検索の速さが魅力です。渋滞回避レベルも3段階で設定でき、三洋電機時代から非常に進化しているカーナビです。

商品URL http://amzn.asia/bVsZJHd
参考価格 4万2590円
口コミ引用 『ポータブルカーナビですが、VICSが入るし、操作し易く、画面は反射光が少なくて見易く、多機能で、とても素晴らしいと思っています。』

まとめ

カーナビのトレンドや最新技術についてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

最近の傾向としては、より見やすくより使いやすくなるように各社が精度を上げて商品開発をしていることが挙げられます。

スマホの普及によって操作性や入力方法なども大きく変化していますね。

さらに高音質で高画質の音楽を楽しむことができるなど、カーナビ以外の機能を充実させ、快適なドライブの手助けをしてくれます。

ぜひ参考にしてみてください。

(Visited 932 times, 148 visits today)

文:イキクル編集部


あなたが好きな車種はどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter