fbpx

ホンダのRV・クロスオーバーSUVの歴史!HR-Vやクロスロードなど懐かしのモデルを振り返る!

ホンダのRV・クロスオーバーSUVの歴史!HR-Vやクロスロードなど懐かしのモデルを振り返る!
     
   

ホンダ自動車は歴史の流れに対応して年代ごとに時代を象徴する車を開発してきました。その中でも1990年代から始まったRVブームを思い出す方が多いのではないでしょうか。

 

ホンダのRV・クロスオーバーSUVの歴史やHR-Vクロスオーバーの輝かしいモデルについて解説します。当時流行していた各モデルについて振り返ってみましょう。

 

90年代のRVブーム、後発だったホンダ

引用元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e5/Honda_CR-V_%28first_generation%29_%28front%29%2C_Kuala_Lumpur.jpg/1280px-Honda_CR-V_%28first_generation%29_%28front%29%2C_Kuala_Lumpur.jpg

今では軽自動車に人気を誇るSUVですが、1990年代のRVブーム当時に多くのSUVが販売されるようになりました。

 

90年代の中でもホンダはRVブームに後発的であったため、SUV開発に少し遅れを取る形で販売を開始していった過去があります。

 

ホンダのRVはOEMからスタート

引用元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c6/Isuzu_Mu_003.JPG

家電用品でも頻繁に使われるOEMですが、車業界だけでなく家電業界でも扱われる製品の一つになります。そもそもOEMとは、企業が別の企業ブランドをターゲットにして生産を行うことであり、ホンダのRVはOEMからスタートしました。

 

他のメーカーで販売している商品をOEMすることで、生産コストや開発コストを極限に減らせるメリットに繋がります。

 

いすゞ・ミューのOEM版ホンダ・ジャズ

いすゞ・ミューのOEM供給を受けて開発された車がホンダ・ジャズです。

 

1990年代のRVブームに後発的だったホンダは自社製品となるSUVを所有しておらず、開発コストや時間がかかることや時代のブームに乗り遅れないためにも、いすゞをOEMとしてホンダ・ジャズを開発したと言われています。

 

スーパーミニクラスに位置するジャズはコンパクトサイズでありながらも、広い室内空間が人気を集め、1990年代当時としては人気車として販売されました。

 

いすゞ・ビッグホーンのOEM版ホンダ・ホライゾン

いすゞビックホーンのOEM版として開発されたのがホンダ・ホライゾンです。

 

スポーツ・ユーナリティ・ビークルの販売を復活させるために開発されたホライゾンは、ガソリンタイプとディーゼルタイプの2つの種類を備え、インパクトの強いフロントグリルが特徴的なOEM車になります。

 

ランドローバー・ディスカバリーのOEM版ホンダ・クロスロード

イギリスで大流行していたランドローバー・ディスカバリーをOEM化して開発されたホンダ・クロスロードは、ホンダ車の中でも本格的RVの誕生を示し、クロスロードの販売が開始された1993年から絶大な人気を誇ったSUVになっていました。

 

RV全盛期となる時代に人々の印象に残る車を販売できたことは、ホンダにとっても良い影響を与えるきっかけに繋がっています。

 

乗用車のプラットフォームをベースにしたRV・クロスオーバーSUVを続々発表

引用元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/55/Dongfeng_Honda_5th_CR-V_Hybrid_form_Guangzhou_Auto_Show_in_2017.jpg/1280px-Dongfeng_Honda_5th_CR-V_Hybrid_form_Guangzhou_Auto_Show_in_2017.jpg

娯楽を楽しむ車として開発されたRVは時代を象徴するクルマとして爆発的な人気を集め、さらにはアウトドアブームに対応すべく乗用車のプラットフォームをベースにしたRV・クロスオーバーSUVも続々と発表されていきました。

 

クロスオーバーSUVが開発された背景には、休日に家族で出かけるドライブカーの開発を目的にした条件に対応するため、乗用車をベースとしてRVが開発されたと言われています。

 

シビックのプラットフォームをベースにしたホンダ・CR-V

ホンダ車の中でも初代モデルから圧倒的な人気を誇るシビックをプラットフォームにして開発されたホンダ・CR-Vは、ホンダを記念する初の自社開発SUVとして多くの方から注目を集める一台になりました。

 

CR-Vではホンダ独自の最先端技術である安全支援システム、ホンダセンシングを全てのグレードに搭載することで自動車の安全性能を一気に高め、高い支持を得た車となっています。

 

ロゴのプラットフォームをベースにしたHR-V

SUVモデルに勢いを加速させるホンダは、ロゴのプラットフォームをベースにしてHR-Vを開発しました。

 

クロスオーバーSUV・ヴェゼルの欧州版とも呼ばれるHR-Vは、ヘッドライトやフロントグリルなどのボディをフレッシュに整え、運転しやすく飽きのこない車として欧州を中心に販売台数を伸ばすSUVになっています。

 

アメリカから逆輸入されたエレメント

ヴェゼルやHR-Vに続きホンダのSUVとして発売されたエレメントは、アメリカから逆輸入して開発されたコンパクトカーであり、若者の生活スタイルに対応するSUVとして販売されました。

 

開発拠点となった北米研究開発拠点「ホンダオブアメリカ」では若者を中心として研究チームが形成され、企画から開発、生産までの一連の流れを全て若者の力で成し遂げた一台でもあります。

 

ラグレイトをベースにしたフルサイズのMDX

ホンダブランドで開発されたMDXは、ラグレイトをベースにしてフルサイズモデルとして開発され、多くの方から人気を集めました。

 

初代モデルから3代目モデルまで続いたMDXの中でも、日本で販売されたMDXは初代モデルだけであり、2006年には輸入販売を終了しています。

 

ストリームをベースにした3列シートの2代目クロスロード

2代目モデルとして販売されたクロスロードは、ストリームをベースにした3列シート型となっており、RVブームの真っ盛りの時代の中でインパクト満載の内装構造として注目を集めた一台になります。

 

最近では3列シートを備えたSUVが多数存在しますが、当時では珍しいシート構造となっていました。

 

発売前に注目を集めたものの、コンパクトなSUVと7人乗りの需要そこまでなかったのか、2007年から2010年と製造期間は短いものとなりました。

 

フィットをベースにしたコンパクトSUVのヴェゼル

コンパクトカーの頂点に立つフィットをベースにして開発されたヴェゼルは、実用性の高いサイズ感とスタイリッシュなデザイン性能を備えるSUVモデルを合わせた車であり、多くの方から高い人気と支持を得ています。

 

後部座席やラケッジスペースの広さに不満を持つ方が多い反面、走行性能と運転しやすさを考えるとSUVの中ではトップクラスの実力を誇るクルマです。

 

国内では販売されていない海外専用の最新SUV

引用元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e0/Honda_Ridgeline_P4220684.jpg/1280px-Honda_Ridgeline_P4220684.jpg

 国内ではヴェゼルやCR-VがSUV販売台数を伸ばしていますが、国外ではどのようなクルマが販売されているのでしょうか。 日本で販売されていない海外専用SUVを6つ集めました。

 

北米で販売されるパイロットと姉妹車のリッジライン

初代モデルから3代目モデルまで続き北米で販売されているパイロットは先進安全技術や燃費性能のどれをみてもトップクラスの性能を誇り、ホンダ初のSUTとして販売されたリッジラインと姉妹車としてラインナップされています。

 

最新モデルにつれてファミリー層向けの車に変化していますが、どちらのクルマもホンダが提供する最新技術を搭載しています。

 

中国専売の高級SUVのUR-Vと兄弟車のアヴァンシア

もはや世界の経済の中心を担う中国の専売モデルとして販売されるUR-Vと兄弟車アヴァンシアは中国を中心に販売台数を伸ばしています。

 

現在のところ日本や世界各国で販売される予定はありませんが、販売される場合には車名を変更して世界中に売り出すかもしれません。

 

ホンダのステーションワゴンとして人気の高いUR-Vとアヴァンシアは中国内でも高級車として扱われています。

 

アジアで販売されるコンパクト3列シートSUVのBR-V

アジア圏を中心に販売されるBR-Vは、3列シートを備えたコンパクトSUVモデルです。2015年に開催されたインドネシアモーターショーでデビューして以来、インドやインドネシアをターゲット国にして販売されています。

 

今のところ日本で販売されることはありませんが、同じアジア圏内を中心に発売されているクロスオーバーSUVであるからこそ、日本で発売される可能性もゼロではありません。

 

南米・インドで販売されるコンパクトSUVのWR-V

年米とインドを中心に販売されるコンパクトSUVカーといえばWR-Vです。

 

初めて名前を聞いた方もたくさんいるとい思いますが、都会の風景にぴったりなSUVデザインとゆとりのある広い室内空間が特徴的なSUVモデルとなっています。

 

2016年にサンパウロモーターショーで初公開されたばかりの車であり、2017年にはインド、南米諸国と販売台数を着々と伸ばしている車です。

 

南米の顧客ニーズに沿って開発されたWR-VはホンダR &Dブラジルが主に担当して開発されたSUVでした。

歴代名車カテゴリの最新記事