2018年はどんな車が登場するのか?注目の新車5選をピックアップ!

2018年はどんな車が登場するのか?注目の新車5選をピックアップ!

2017年も多くのニューモデルが登場し、私たちをワクワクさせてくれました。そして、2018年も新しい車種が発表される予定が目白押しです。そこで、2018年前半を中心に、現段階で分かっている情報から注目の新車種を紹介します。どんなニューモデルが登場するのか、今年も目が離せませんよ。

2018年新車情報その1:スズキ・クロスビー

まずは、昨年12月というギリギリのタイミングで登場した「X・BEE(クロスビー)」から。実質1月の初売りが発売セールとなりますが、「スペーシア」とともに年末の発表で集客を狙うスズキの戦略です。詳細は東京モーターショーでコンセプトカーとして発表されており、目にした方も多いはず。

どんなクルマ?

スズキ初となる1.0L直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせに、6速ATを採用する興味深いパワーユニットを、はやりのクロスオーバーデザインのボディに搭載。ただの「ハスラー」の普通車バージョンとは言い切れない、ブランニューの新型車です。

どこかで見たような・・というのは「ハスラー」顔ではなく、「ミニクロスオーバー」を思いつくのはクルママニアならでは。これが吉と出るか凶と出るか。ジムニーとシエラのような関係になるのか、「ハスラー」のようにビッグヒットとなるのか、販売計画台数が月販2先台と控えめなのも気になります。

また、2017年に新型車を連発したスズキは、一転2018年度は主な車種のフルモデルチェンジもなく、この布陣で戦い抜くので、「「X・BEE(クロスビー)」の出来不出来はスズキにとって大きな意味を持つことになります。

2018年新車情報その2:トヨタ・クラウン(フルモデルチェンジ)

初代デビューから60年。15代目となるクラウンが、2018年夏に登場することが明らかになっています。すでに東京モーターショー2017にてコンセプトモデル「CROWN Concept”(クラウン コンセプト)」が披露されており、2018年1月開催の東京オートサロンでは、早くもカスタムモデルが展示される予定です。

発売は8月ごろとされていますが、発表は7月中で、膨大な数の歴代クラウンユーザーの代替えを促進するために、かなり早い段階で代替え活動が始められるでしょう。

どんなクルマ?

全幅以外のサイズは大きくなる新型クラウンのエクステリアデザインは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)コンセプトをFR車として初採用したことで、より低重心なパッケージングとなり、シリーズ全体がよりスポーティなフォルムになります。

carteacher

ニュース・コラムカテゴリの最新記事